ゲストハウス運営

僕は2013年にまだゲストハウスが一般に浸透していない時に長野のスキー場の近くの高原でゲストハウス運営を始めました。

当時はゲストハウスって何?って人が大半でしたが、ここ数年で一気に知名度を上げて来てるこの言葉。皆さんはご存知ですか?

ゲストハウスとはつまり、安宿のことです。

館内は個室であったり相部屋であったりキッチンが使えたり、ただの民家のようなところもありますが、とにかく安く止まれてそこがゲストハウスと銘打っていれば、そこはもう疑いようなくゲストハウスです。

ゲストハウスは日本では独自の変化を遂げています。サービス業のスタッフが弱い立場に置かれている日本(僕が今まで訪れた国で日本以外はどこも売り手が強い、もしくは対等)に合わせた仕様になってます。

ゲストハウスは元々タイとかベトナムなど東南アジアで一般的だった呼び名です。

逆に欧米ではホステル、オーストラリアではバックパッカーズとか、スペイン語圏ではオスタルとかカーサとかって呼び名は様々あるのですが、とにかく色んな宿があって、その宿での過ごし方でも旅の思い出が随分変わってくるというのも事実です。

ちなみに日本でゲストハウスと今聞くと

”お洒落で意識高そうな男子と自然派気取ったゆるそうな女子のたまり場”

みたいなイメージが少しはありませんか?

すみません、完全な個人の偏見で事実と異なる場合も多々ありますし自分がやっていたところは一切そんな雰囲気ではなかったのですが・・・。

個人的には 日本ではMinsyukuとかRyokanとか独自の名前で海外に周知させたら良かった気がしています。

僕が開業した2013年当時はゲストハウスという言葉そのものが知られていなかったのですが、LCCの発達で若者が海外に行きやすくなったことで今後流行ってくるだろうと予想はしていたんです。

でもその想像以上にゲストハウスは増え続け、イメージを変えて日本に浸透しました。

ゲストハウスは今、日本全国に何件あるかご存知ですか?

・・・僕は知りません!

僕のゲストハウスのイメージはというと、殺伐としてる東南アジアの小汚い安宿、もしくは旅行者が昼間からダラダラしてる場所というイメージの、お洒落とかそういったことでなくもっと人間臭いところです。

その雰囲気がバシッと自分自身にはまる宿を見つけた時に感じる居心地の良さとか快感のようなものが、また旅に駆り立てる原動力となったりするので、僕はそういった宿を目指して運営をしてました。

ゲストハウスの運営って料理を出すわけでもなく堅苦しい接客をするところでもないので、はっきり言って箱さえ用意して愛想だけ悪くなければ誰でも出来るんです。

1

2

関連記事

  1. いらない負動産

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA








PAGE TOP