【Giethoorn】ヒートホールン【オランダのベニス】

基本的に僕はカオスな世界だったりひたすらのんびりするビーチリゾートなんかが旅行して楽しいと思いますし、ヨーロッパのお洒落でかわいらしい風景にはあまり惹かれない人間です。

実際にヨーロッパを訪れたのは中学生時代に家族といった北欧だけなのでほぼ記憶がないのですが、多くの日本人が漠然と持つヨーロッパへの憧れみたいなものはないんです。

だけど年を重ねるにつれなのかアフリカとヨーロッパは自分にとって未開だからか、一度行ってみようかなという気になってきています。

行くとしても海があるイタリアか旧市街のイメージがあるチェコ、それかオランダと考えてます。

イタリアとチェコは昔から興味があったんですがオランダは風車とチューリップのイメージ程度だったんです。でもこれを知って興味ががぜん出てきました。

それは、オランダは移住しやすい国。・・・という事実です。

普通、海外移住となると一番の問題が仕事とVISAの有無です。年配者がリタイアメントビザを使うとか大きな投資をしたり事業をしたり、いかんせん金か仕事が必要です。

簡単にはとれないからこそ違法で滞在して働いたり、中には体売ったりしてる人もいますよね。

まぁ何でもよければ今の時代日系の会社は現地採用か何かで雇ってはくれるもんじゃないかと思ってはいますが、将来の計画とのバランスで決めていくと不安なところもあると思います。

オランダに限ってはいくつか国との間で結ばれた通商条約によって現在は現地で起業するという条件付きで日本人にとって移住しやすい状況となっています。

これはヨーロッパに移住したい日本人にとって凄く大きなメリットです。

その為、オランダがどんな国なのかというのを情報収集してみることにしました。

ということで、今回はオランダにあるヒートホールン【Giethoorn】という村です。

百聞は一見に如かずですが、インスタ映えするのはまず間違いないでしょう。

移住に関しては国内でも国外でも気候と日照時間が僕にとっては大事です。

大丈夫な人もいますが、毎日どんよりした空気ですと気分が上がらないですし雪が降ったりして寒いとそれはそれで寒い寒い連呼して一生が終わっていきそうです。あくまで僕の偏見です。

まぁ、僕の意見はどうでもいいとして、ヒートホールンはオランダ東部のオーファーアイセル州にある人口約2600人の小さな村です。Googlemapではギートホールンとでていますが、発音的にはヒートホールンのほうが近いようです。

ヤギの骨という何となくヨーロッパ感漂うこの村、水辺に沿って形成されていて子供の絵本に出てくるのような風景が広がっているんです。

        ・・・素敵ですよね。

これ、現在は観光地の側面もあって西洋人や一部の中国人の間でポピュラーになっているようですが、建物にはもちろん今も実際に人が住んでいます。

そして何よりこの村の大部分では車の侵入が禁止されてるようで景観が綺麗に維持されています。電柱も地下埋設されています。日本も無電柱化を早めに勧めてほしいところですね。



いやはや、それにしても本当に漫画のようです。

いや、漫画というとちょっと違いますね(笑)     

       ・・・絵本のようです!

多分夏の良い時期でしょう。冬はこんな感じになるみたいです。

ヨーロッパの白川郷って感じですね。かわいい!

ヒートホールンのストリートビューも見れるようになっていますので、是非空想旅行してみてください。

ストリートビューで確認!

いずれヨットで旅をする時はここへ寄ろうと思います

スカイスキャナーの航空券比較

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP