不満買取サービス

体験談

皆さんは生きていて不満に思った経験、沢山お持ちですか?

僕、Mr.Tは不満を貯めこみやすいタイプなので、普段から不満に思わないよう意識しているタイプの人間です。

なので基本的に他人に対して不満ばかり持っています。

不満って、気になりだすといくらでも出てきますよね、それこそ永遠に。

不満を言い出すと、最終的には『何で道に石ころが落ちてんだよクソ!』みたいな救いようのない人格が出来上がってしまうので、そうならないように普段から自戒する、もしくは気にしない器を持つというのは結局は自分の人生の為でもありますので、

不満を思いつつ、不満を感じてしまった自分を恥じるというのは凄く大事なことだなと感じています。

さて、そんなこんなで今回は愚痴りがちな僕のような人間にピッタリの副業を紹介したいと思います。

不満買取センター

今回紹介するのは、不満買取センターです。

なんで知ったか忘れましたが、最近ふと目に入る機会がありましたので実際に販売して結果を書いてみようと思い立ちました。。

僕のモットーは『何事も実際に経験する』こと。

ということで、何にせよまずは会員登録をしてみたいと思います。

登録自体はメールアドレスとパスワードを記入するだけで一瞬です。

実際に不満を買い取ってもらうまでには、登録後に『プロフィールの登録』が必須という事でこちらもサクッと済ませてしまいましょう。

ニックネームや生まれ年など簡単なものを記入するだけの非常に簡単な内容になっています。

☆ 登録項目 ☆
  • ニックネーム
  • 性別
  • 生まれ年
  • 都道府県(県まで)
  • 職業
  • 未結婚
  • 子供の人数
  • 世帯年収

登録が済んだら『不満を売る』ことと『不満を見る』ということが出来るようになります。

試しに不満を見てみると、世の中は誰かの不満だらけなんだなぁと思いますよ。

不満はキリがないので、不満に思わない心を持つ方が大事ですけどね!

ビジネスとは『不満を見つけ、事を大きくし、解決するふりを見せつける』ってのが本質かもしれませんね。

実際に不満を買い取ってもらおう!

さて、不満買取センターへの不満の投稿方法ですが、実に簡単です。

このサービスやメルカリなどもそうですが、人気が出るウェブサービスというのは、いかに簡単な仕組みを作り上げるかが大事な気がしますね。

不満の投稿は『カテゴリを選んで分かりやすい文章で不満を書く』

たったこれだけ!

始めて登録した僕でも登録から不満販売まで3分もかかりませんでした。

『あー登録しよっかどうしよっかなぁ~』と言ってるすきに全てが完了してしまう潔さがありますね。

ちなみに今回、僕は『一緒にキャンプに行く友人がいない』と書いてみました。

これだけ見るとなんか悲しくもなりますが、

『別に不満とは思ってないんだけど、なんとなく・・・ね?』

と、言いたくなるような変な不快感が残ります。

僕がこの投稿をした5分後には僕の文章は『不満を見る』項目から新しく投稿された不満で画面から消えていきましたので、相当な数の不満が毎日毎日投稿されているといえると思います。

これで本当にお金になるのでしょうか。

運営側としては、問答無用で1円は払わないといけないので、運営企業が心配になるシステムです。

会員数は30万人オーバーということですが、毎日10万人が1回ずつ書き込みしたとすると、それだけで300万・・・

それをどれだけの企業がいくらで買ってくれるのか?

なかなか想像が難しい商売です。

とにもかくにも、これらの一連の作業を済ますことで、1ポイント~10ポイントまでのポイントがもらえ、最低換金額の500ポイントを超えた時(500P毎)に交換できるという事。

これが『不満買取センター』の全容になります。

注意点

知っておくべきこととしては、買取報酬の上限が50Pまで値上がりする『高価買取キャンペーン』があるということでしょうか。

あとはポイントが反映されるまで投稿後数日かかるということ。

ポイントの有効期限は1年間で、ポイントの交換申請~完了までは1~2週間程かかるとのことです。

ちなみに不満買取センターのポイントの交換先はAmazonギフト券のみで、1P1円の単位となっています。

こういったポイントサイトのようなものって換金できるまで続けられない人って多いですから、500円から換金できるのは嬉しいですね!

最低500回投稿すれば500円もらえるという事は、毎日3回、朝昼晩と不満をぶちまければ最低でも年間1000円には確実に、なるという事ですね。

最高でも1回の投稿で10Pじゃ実際少なくない?

そう思われるかもしれませんが、投稿自体は何の能力も労力もいらないものですし、以前投稿した同じ内容の物なんかでも問題はなさそうですので、換金へのハードルはすごく低いほうだと思われます。

それでも安いよ!と思われる方は、これも一つの不満として売ってみてはいかがでしょうか。

不満買取センターへ登録する
タイトルとURLをコピーしました