起業するときは人に相談すべきでない理由【あるある】

体験談

この記事では、起業など『大事な決断をするときに人に相談すべきでない理由』を説明します。


これを知って、世の中の矛盾に早めに気付いておきましょう。

こんにちは、砂肝産業Mr.Tです、ナマステ。

この世には科学では解明できない謎が数多く存在します。

そのうちの一つは”人間の心”ではないでしょうか?

人の心って、本当に分かりません。

この社会はあまり人と関わらなくても済むようにもなっているので、普通に暮らしていたら気づきにくいですが、

人との距離を近づければ近づけるほど、理解できないことが次から次に出てきたりしますよね?

あんまりに分からなすぎて、僕は人の心を理解しようとする無駄な努力はやめました。

スポンサーリンク

人の心は読めない

そんな根も葉もないことをいっていてもしょうがないのですが、人の心は読めなくても、真実が一つだけあるんですね。

それは・・・

他人は変えられない!

ということです。

そう、これこそが真実であり、本質であり、真髄なのです。

他人の話など聞く必要はない

他人の考えは基本的に『変えることができない』です。

例えば映画で感動して、心を入れ替えようと思った。

でもそれは実は元々その人にそういう考えがあったから、映画をキッカケに入れ替えようと思っただけであったり。

Aという質問が来たら、答えはBしかない。

そういう人が世の中にはほとんどなわけです。

その人、その出来事がどうかとかではなく、もう答えは決まっているのです。

誰かに相談を受けても、最初から答えは決まっていて、相談別にしまってある『引き出し』を開けるだけなんです。

だから、人に今後の人生の相談などしても無駄なわけです。

逆にいうと、自分で答えを出せないのなら、事業をするにおいて、そこが一番心配な点なので、その時点で踏みとどまるのも良いと思います。

体験談ですが僕が27歳の時。

地方へ引っ越して宿を始めようと考えているんだけど?と数人に相談しました。

そういうと、何故だか、ことごとく反対されました。

借金かかえて首が回らなくなるぞ?

うまく行ってる人なんかいない!

・・・と誰もがそんな調子で、なんでそんな言い方なのかと、おせっかいが過ぎると感じたことをよく覚えてます。

何故腹が立つのかというと、こう言う彼らは開業したことなんて、ただの一度もなかったんですよね。

これって、例えばオムライス食べたことがないのに、オムライスなんか不味いからやめた方が良いと言っているようなもんなんですよね。

自分がどんだけ自分勝手なことを発言しているのかすら、きっと気づいていないんです。

なので、自分で経験して判断するというのは本当に大切です。

他人の話は軽く聞いてみてもいいですが、基本的に受け入れてはいけません。

今の僕からすると、当時の彼らの多くは嘘つき以外の何者でもなかったです。

もちろん謝罪なんかもありませんし、こういう人は自分の言ったことすら忘れるので、覚えてすらないでしょう。

例えば僕が、彼らのいうことを素直に聞いて開業を諦めていたら、今頃も残業の多い会社でしんどい毎日を、安い給料で文句を言いながら続けていたことと思います。

それから5年経った現在、たった5年ですが、当時の年収と同じ額が不労所得として特に何もせず入るようになりました。

何回も言いますが、もしアドバイスを受け入れていたら今頃も、現在は何もせずに自動的に入ってくる金額を、わざわざ働いて毎月稼いでいたんです。

もしそうなっていたとしても当然謝罪なんかなく、なんなら『あの時俺が忠告したから、生きてられるな!』などと発言してるに違いないのは間違いないですね。

この経験で僕が感じるのは、人に一般論として多くの人が信じていることを、さも自分が経験したかのように忠告する人はその時点で信用に値しないということを知っておくべきです。

それどころかですね、僕の経験で見てきたことで気づいたのが・・・

社会の大半の一般人は、普通に嘘をつく

・・・ということです。

僕が当時、事業を始めようとアドバイスを求め回った時、事業経験のある1人だけは肯定はせずとも、一切否定もしませんでした。

仲良くしていたので引き止められれば、おそらく否定もしたかったと思いますが、肯定もせずにひたすらニュートラルを貫いてもらえました。

僕はその行動で、その人の懐の大きさを垣間見ましたし、すごく嬉しかった記憶があります。

当時の僕にとっては、唯一『その人』だけが結局は、嘘つきでなかった人でした。

何が言いたいのかというと、起業するかどうか、何か新しいことを始めるかどうか、悩むときに人の意見は聞かなくてもいいという事です。

だって、事業をやるのに『人の意見』は関係ないからです。

インターネットの発達でどこの馬の骨かすら分からない人間が、どうどうと人の疑問に答えられる時代ですが、他人の未来を左右する発言や一般論、一般常識を盾に、決まりきったような答えを忠告する人の厚かましさたるや偉そうなこと、この上ない。

世の中の真髄はですね。

いろんな人がいるということです。

世の中にはいろんな人がいる

成功者で人格者の人もいれば、犯罪者スレスレの悪い人もいるし、アフリカ人の黄色人種もいれば、日本人の黒人だって沢山いる訳ですよ。

成功できる出来ないは一般論ではなく、その人次第であり、自分を一番よく知ってるのは自分しかいない、だから聞いたって意味ないってことです。

起業というカテゴリ限定に関してで言及すると。

起業して成功した人は起業を勧めるし、

起業に失敗した人でも、とりあえず一度やってみたらと言うんですよね。

失敗しても死なないという事実を、自らの体験をもって知ってるからです。

じゃあ、誰が起業なんて絶対やめた方がいいなんてことを言うのかというと、

一度もやったことない人

なんですよね。

今の時代サラリーマンばかりで起業したことある人って少ないです。

昔の学校の同級生にも知っているのはせいぜい片手で数えられる位しかいないです。

みーんな勤め人。

でも日本でも、昔は自営業いっぱいいたハズなんですよ。

イオンとかコンビニもそうですが、ガストやデニーズなんかのフランチャイズのレストランもほとんどなかったですから。

地元の文房具屋とか駄菓子屋とか、八百屋とかで皆買い物してましたもんね。

その人たち全員、今でいう社長の立場にいたわけです。

だけど別に、

『 起業するんだ俺は!絶体に成り上がってやるぜ、豚野郎! 』

・・・みたいな感じで始めたんじゃなくて・・・

知り合いが農業やってるからついでに野菜売ろ~!!とか

文房具売れそうだから店やるかなぁ!!とか。

そんな軽いノリで始めた人も多いと思いますよ。

そう思うからこそ僕は、自分の事業をビジネスとは呼ばず商売と呼んでいるわけなのですが。

ビジネスというと何か小難しくなきゃいけない感じが、どうしても出ちゃいますからね。

難しいことを簡単に説明する。

これが本質で、簡単なことをあえて難しく考えるなんて愚かな行為です。

ということで責任はとりませんが、

起業なんてやってみたら意外と出来るもんなんじゃないですか!と。

起業を始める時はシレっと始めて『闘志の灯を消さないように』

日々を頑張って生きたらいいという、なんかまとまりのない話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました