横浜に来たら観光船に乗車しよう

高層ビルの立ち並ぶ横浜を海から見たい。

そう思ったら観光船に乗ってみましょう

横浜には一般人が気軽に乗船できる船が3つあります。

  • マリーンルージュ
  • マリーンシャトル
  • シーバス

2つのマリーン号が食事も出来る中型の観光船で、シーバスは横浜駅~山下公園をつなぐ交通手段のような役割をしているものです。

どの船も1日に何本も出ているもので、気軽に乗船することが出来るのが魅力です。

マリーンの2台は3コース、シーバスは1コースです。

マリーンの2台は60,90、120分コースありますが、平日の昼間や天候によっては40分コースに変更となる場合も多いので、チケットを購入する際に、今日はどのコースを走るのか、確認が必要です。

注意点としては、マリーンルージュが通常60分のところ40分コースに変更になったとしても減額はないようです。

マリーンシャトルの方は元々40分コースが1000円に設定されているので、安くなるかもしれませんが、チケット購入前に念のため確認しましょう。

乗船料金はマリーンルージュの60分が2000円、マリーンシャトルの60分が1600円です。

マリーンルージュとマリーンシャトルの何が違うかというと、マリーンルージュの方は屋外スペースがあるのと比べて、マリーンシャトルは屋内のみという点です。

シーバスは山下公園を出発してピア赤レンガ、MM21ぷかり桟橋を経由して横浜駅東口クルージングターミナルへ到着します。片道料金は横浜駅―山下公園間が700円、山下公園―赤レンガ間が350円と観光船に比べて安いです。

1時間に何本も、割と頻繁に運航していますので、観光のついでの移動手段としても重宝すると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




スポンサーリンク

オススメの副業【時給2,000円!】

Appen
PAGE TOP