Appenで起こるエラーの種類

Appen

こんにちは、砂肝産業の歩く歩道橋、Mr.Tです。

この砂肝産業を始めてから幾度となく変更を加えてきているのですが、最近もまたブログ内部の設定などに関して色々と避けていた部分がありますので、

重い腰を上げて改善に取り掛かってみようと思っているところです。

そのため、時折ブログが表示できないこともありますが、

そんな時でも必ず復旧しますので、また時間をおいて見に来てもらえればと思います。

さて、今回はAppenで起こるエラーについてです。

Appenでは割と頻繁にエラーが起こります。

なので基本的には気にする必要はない場合がほとんどですが、その中でも起こりやすいエラーというものがありますので、そこらへんを今回は紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

作業時間が記録できない

これは記事を書いている今現在でも起こっていますが、月が切り替わるタイミングでよく起こるエラーです。

月によっては10日以上もエラーが続くこともありますので、働いた分の作業時間は忘れないように、どこか別の場所に保存しておきましょう。

事例としては色々ありますが、作業しているプロジェクトがインボイスに表示されないなんてことが多いです。

バッヂが普段より少ない

これは特に、SNSを使うプロジェクトによく起こるエラーです。

普段より評価できる投稿(バッヂ)数が急に激減する事例ですが、これはエラーというよりは仕事が少ない時に起こるものです。

割と早めに復旧することが多いので『急にシフト減らされた〜』くらいの感覚でいたら良いと思います。

プロジェクトにようやく参加できると思ったけど、出来ない

これもエラーではないですが、プロジェクトによっては「参加してねメール」を送ってきたのに

いざやろうと思ったら作業出来ない、なんてことが起こります。

これは単純にプロジェクトへの参加が店員に達したため作業自体が品切れになったと考えられます。

早めの行動を心がけることで、参加率を上げることは可能だと思います。

管理画面に入れない

これもたまにあるエラーです。

管理画面に入れないことで作業が出来ないこともあるかと思いますので致命的ですが、

これはAppen側も、すぐに対処を始めると思いますので、早期に解決する場合が多いです。

オート式の作業時間が出ない

作業時間をAppenが計測するオートジェネレート式のプロジェクトの場合、

月始めにインボイス提出しようと思っても作業時間が表示されないエラーです。

この場合、基本的には作業時間が出るまでは提出を待つことが多いですが、お知らせが必ず来るはずなので、一度それを確認してみたら良いと思います。

支払いがなされないということはないので、提出期限が切れそうな時はそのままインボイスを出しておき、未計測のプロジェクトを念の為覚えておくようにしましょう。

遅くとも次月には振込がなされるはずです。

まとめ

ということで、Appenのエラーに関してまとめでした。

エラーが出た時、多くの場合は一斉に解決するのではなく、順々に解決していく傾向があります。

なので、他の人がエラーが治ったという話をしてたから、自分のエラーも復旧したかというと、そうとも限らないことは知っておくと良いですね。

エラーは必ず治りますが、いつ治るかは分からないので気長に待ちましょう!!

Appenの登録方法はこちら
報酬の受取先「Payoneer」への無料登録で100ドルもらえます!

Appenでも海外輸出入でも
Payoneerのご利用なら
当サイトからの
お申し込みがお得です。

口座に合計で1000ドル
入金があると
登録者に100ドルの謝礼金が
支払われます。

登録は以下から

$100キャンペーンは2020年1月13日以降に登録した方が対象

コメント

タイトルとURLをコピーしました