【外出自粛】在宅応援サービス一覧はこちら【コロナ対策】

韓国のビュッフェ【Ashley】

海外

妻の出産に伴って韓国はイルサン市へ来てから、4日目です。

滞在している部屋にもキッチンはあるのですが、今のところ毎日外食をして過ごしています。

スポンサーリンク

韓国の外食事情

ビュッフェ、黒豚焼肉、スンドゥブチゲ、お粥、チャンポン、サムギョプサル・・・

今回の滞在でも色々食べていますが、韓国はとにかく食事が美味い。

そして韓国料理は辛くないものもめちゃくちゃあるということ。

以外ですが、辛いものと辛くないものの比率は5:5くらいか、

下手したら辛くない料理の方が多いんじゃないかというイメージです。

こういったのも現地に精通してる人がいないと知りえないところなので、その国の料理を知りたければ現地人と数日間旅をしてみるというのが、一番深いところまで知ることですね。

ちなみに僕が韓国滞在中によく食べたものが、チャンポンです。

韓国のお店は日本ほど既製品を使っておらず、店によって味にかなりバラツキがあるので、本当に美味しい店を見つけた時の感動はひとしおです。

日本でも長崎ちゃんぽんなど有名ですが、実は韓国にもチャンポン文化があって、

読み方もチャンポンとそのまま読みます。

韓国のチャンポンは日本と違って少し辛めなのが特徴ですが、野菜や魚介類もたっぷり入っているので、ダシが出ていて、めちゃくちゃ旨い!

値段は1000円程度ですが、韓国人はチャンポンと酢豚のセットを好んで食べるので、両方頼むとセット割引みたいに少し安く頼めるところが多いようです。

ちなみに、うどん、寿司、天ぷら、トンカツなど、韓国ではどこの町へ行っても和食がありますが、和食のレベルも日本の飲食店で食べるものと大差はないです。

そして韓国の外食費は、日本とほぼ変わらない価格帯です。

なので日本で定期的な収入があって、それで暮らせているのであれば、韓国でも不自由なく暮らすことが出来そうですよね。

僕たち夫婦は僕が日本人で、妻が韓国人ですが、僕の希望として日本で収入の基盤を作ってから、海外移住しようと決めています。

ですが、韓国なら現地人向けに商売するのも引き合いがありそうなので、色々見て回っています。

ちなみに僕らが観光に滞在しているときには、友達や家族と食事に行く機会が多く、基本的には誰かしらに出してもらっています。

子どもへのプレゼントも来るたびに、皆から沢山もらえるんですね。

他人に良くしてくれる人が沢山いるのは、子育て世代には特に嬉しいところで、電車に乗っていると知らないおばちゃんが売店でお菓子買ってきてくれるなんてことが毎日の様に起こります。

路上喫煙者が多い繁華街へ子供と行っても、煙がいかないように離れてくれたり、謝ってくれたり、とにかく子供に優しいです。

こういう面は日本より韓国の方が良いなあと感じるところです。

長くなりましたが、今回は昨日行ったお店を紹介したいと思っています。

韓国へ来ると必ず食べに行くお店です。

それが、アシュリーというビュッフェのお店。

Ashleyのお店紹介

アシェリーと読むこのお店。

韓国全土に140以上の店舗があるビュッフェスタイルのレストランです。

140店舗もあるチェーンのお店なんですが、行くたびにメニューが変わっていますので、飽きずに通えることができるレストランなんです。

支払いは基本的に入口のレジにて先払い。

料金は、日本でビュッフェを食べようと思うと1回3000円程度はかかると思いますが、このお店はそれよりも安めの価格で食べ放題を食べることが出来ます。

Ashleyの食事料金

平日ランチ(17時まで)=13900ウォン
平日ディナー/週末終日=19900ウォン
小学生=9900ウォン
幼児=6500ウォン

☆☆ 韓国ウォンは0(ゼロ)を1つとると大体の円価格 ☆☆


ちなみに韓国へ行くと妻の妹の家に大体は泊まらせてもらうのですが、140以上の店があるアシュリーの中で僕たちが良く行く店舗は、コヤン市のイルサン店です。

お店はとても広く、この写真の反対側にも同じくらいのスペースがあります。

韓国は飲食店やカフェなどのスペースがやけに広くとられているところが多く、窮屈感を感じないのは良いですね。

メニューも豊富で、どれも美味しいですし、辛くない料理も沢山ありますので、辛いものが苦手な方と一緒でも十分喜んでもらえるお店となってます。

まぁ、辛いものも食べてると慣れて美味しく感じるようになるので、頑張って挑戦するというのも個人的にはおすすめです。

ただ、最初は死ぬ思いをしますね。

そういえば、韓国は韓国語以外での表記がほとんどないので、ハングルの理解できる人が一緒にいないのに食を目当てに行くと相当苦労すると思います。

特にソウルや釜山といった都会を少し離れると、英語すらなくなるので、コミュニケーションは絶対に必要になりますね。

といってもお店の人はカタコトの英語なんかを使って頑張って説明してくれるので、それも国際交流だと割り切って、

メニュー選びに失敗してもいいや!くらいの感覚で行けば、楽しめるところもあると思います。

だけどそれをしたくなければ、ビュッフェは安心ですね!

冷麺、ビビン麺、ジャジャン麺(韓国風ジャージャー麺)など麺類も豊富ですし、肉料理の味付けも美味しいです。

以前、横浜のブラジル料理店『リオグランデ』にシュラスコを食べに行った記事を書きましたが、そこと同じくらいのレベルだと感じました。

リオグランデの記事を読む

リオグランデは肉料理がメインなので、肉の種類ではこちらは少ないですが、肉って意外にあまり食べられなかったりするので、

安く色んなものを楽しめると考えると、こちらの店のコスパは相当高めですね。

もちろんデザートもあります。

僕らが今回行ったときは、ケーキ、フルーツ数種類、アイス、かき氷、ゼリーなどがありました。

ドリンクバーもこんな感じであります。コーヒーもありますが、表記がハングルなので、読めませんでした。

ペプシのサーバーのものもいいですが、横の透明のタンクに入ったジュースがとても美味しかったです。

何かはよく分かりません。

僕は最近お酒を飲まないので、飲みませんでしたが、別料金でビールもありました。

韓国へ行く機会があるときは、是非このお店に足を運んでみてはいかがでしょうか!

最後にお店の情報を掲載しておきます。


Ashley Iisan店の詳細

Address2219, Daehwa-dong, Ilsanseo-gu, Goyang-si, Gyeonggi-do
Phone031-913-1031
CuisineBuffet
Price Range10,000 ~ 20,000 Won
Hour11:00 – 22:00
WebAshley Homepage / ウィキペディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました