韓国のビュッフェ【Ashley】

グルメ

妻の出産の付き添いで韓国へ来てから、4日目です。

今滞在している部屋にもキッチンはあるのですが、今のところ毎回ほぼ外食をしています。

ビュッフェ、黒豚焼肉、スンドゥブチゲ、お粥、チャンポン・・・

今回の滞在でも色々食べましたが、今まで外れを引いてません。

その位、韓国の食事は基本的に美味しいですよね。

この中でも韓国へまだ来たことがない人へのお勧めを聞かれるとなると、僕はチャンポンと答えるでしょうか。

日本でも長崎ちゃんぽんなど有名ですが、実は韓国にもチャンポン文化があるんです。読み方もチャンポンとそのまま読みます。

韓国のチャンポンは日本と違って少し辛めなのが特徴ですが、野菜や魚介類もたっぷり入っているので、ダシが出てめちゃくちゃ旨い!

値段は多分1000円程度かと思いますが、韓国人はチャンポンと酢豚のセットを好んで食べるので、両方頼むとセット割引みたいに少し安く頼めるところが多いよう。

うどんや寿司、天ぷら、トンカツなどどこの町へ行っても和食があるのも嬉しいですが、和食のレベルも日本の飲食店で食べるものと大差はない印象です。

ちなみに現在の韓国の外食費は、日本とほぼ変わらないか、少し安い程度の価格帯です。

なので日本で定期的な収入があれば、それこそ何の不自由もなく暮らすことが出来そうですよね。

僕たち夫婦は僕が日本人で、妻が韓国人ですが『日本にいなきゃ』『韓国にいなきゃ』という価値観はないので、仕事さえどうにかなって良い所があれば世界中のどこでも引っ越ししたいと思ってはいるのですが、僕の希望として日本でビジネスの基盤を作ってから行動しようと決めています。

ということで、いつか来るタイミングの為の移住先の中には韓国の都市もあるんです。

ということで次の記事では日本と韓国の具体的な違いを紹介していきますね!

ちなみに僕らが観光に滞在しているときには、友達や家族と食事に行く機会が多く、基本的には誰かしらに出してもらっています。

子どもへのプレゼントも韓国へ来るたびに、何故か皆から沢山もらえるんですよね。

妻の人徳なのかもしれませんが、他人に良くしてくれる人が沢山いるのは、子育て世代には嬉しいところです。こういう面では日本より韓国の方が良いなあと感じるところですかね。

さて、次の記事に関してはさておき。

今回は昨日行ったお店を紹介したいと思っています。

韓国へ来ると必ず食べに行くお店です。

それが、アシュリーというビュッフェのお店。

韓国全土に140以上の店舗があるそうで、お店によって内装やメニューも異なるようです。

140店舗もあるチェーンのお店なんですが、行くたびにメニューが変わっていますので、飽きずに通えることができるレストランですね。

支払いは基本的に入口のレジにて先払いだと思います。

料金は、日本でビュッフェを食べようと思うと1回3000円程度はかかると思いますが、このお店はそれよりも安めの価格で食べ放題を食べることが出来ます。


スポンサーリンク

Ashley 食事料金

平日のランチ(17時まで)=13900ウォン
ディナー/週末終日=19900ウォン
小学生=9900ウォン
幼児=6500ウォン

☆☆ 韓国ウォンは0(ゼロ)を1つとると大体の円価格 ☆☆
☆☆ 19900ウォンは約2000円 ☆☆


140以上の店があるアシュリーの中でも、僕たちが良く行く店舗は一山(イルサン)店です。理由は近いからです。

お店はとても広く、この写真の反対側にも同じくらいのスペースがあります。

韓国は飲食店やカフェなどのスペースがやけに広くとられているところが多く、窮屈感を感じないのが良い所ですね。

メニューも豊富で、どれも美味しいですし、辛くない料理も沢山ありますので(ほとんど?)、辛いものが苦手な方と一緒でも十分喜んでもらえるお店となってます。

韓国へ来るようになって始めて知ったのですが、辛くない韓国料理って実は多くて、たしかに尋常じゃない辛さのものも稀にありますが、辛いのが苦手だから辛くないものしか食べれないな・・・と落ち込む必要もないですね。

僕も実は辛いのが本当にダメで、すぐに汗かくタイプだったんですが、辛いものを食べる機会が増えてから舌が慣れて辛さに強くなりました。

それでも辛くない料理を好んで食べていますが、辛くない料理もすごく美味しいので毎回食事には満足していますよ。

ただ、韓国は韓国語以外での表記(英語含む)がほとんどないので、ハングルの理解できる人が一緒にいないのに食を目当てに行くと相当苦労すると思います。

といってもお店の人はカタコトの英語なんかを使って頑張って説明してくれるので、それを異国交流だと割り切ってメニュー選びに失敗してもいいやくらいの感覚で行けば楽しめるところもあると思います。

だけどそれをしたくなければ、ビュッフェスタイルのところは安心ですね!

冷麺、ビビン麺、ジャジャン麺(韓国風ジャージャー麺)など麺類も豊富ですし、肉料理の味付けも美味しいです。

以前、横浜のブラジル料理店『リオグランデ』にシュラスコを食べに行った記事を書きましたが、そこと同程度の味付けレベルだったと感じました。

リオグランデの記事を読む

リオグランデは肉料理がメインなので、肉の種類ではこちらは少ないですが、肉って意外にあまり食べられなかったりするので、安く色んなものを楽しめると考えると、こちらの店のコスパは相当高めですね。

もちろんデザートもあります。

僕らが今回行ったときは、ケーキ、フルーツ数種類、アイス、かき氷、ゼリーなどがありました。

ドリンクバーもこんな感じであります。コーヒーもありますが、表記がハングルなので、読めません(笑)

ペプシのサーバーのものもいいですが、横の透明のタンクに入ったジュースがとても美味しかったです。何かはよく分かりません。

あとは有料でビールもありましたね。

僕は最近お酒を飲まないので、飲みませんでした。

韓国へ行く機会があるときは、是非このお店に足を運んでみてはいかがでしょうか!

最後にお店の情報を掲載しておきます。


Ashley イルサン店

Address2219, Daehwa-dong, Ilsanseo-gu, Goyang-si, Gyeonggi-do
Phone031-913-1031
CuisineBuffet
Price Range10,000 ~ 20,000 Won
Hour11:00 – 22:00
WebAshley Homepage / ウィキペディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました