【静岡】ふもとっぱらの全て【富士宮】

キャンプ

4月20日、静岡に住む友人達と富士宮市にある【ふもとっぱらキャンプ場】に遊びに行った一泊二日のキャンプがとても良かったので、紹介します。

昔からキャンプ(というより野宿)のようなことはやってましたが、道具をそろえて場所を借りて・・・っていうやり方は子供のときのイベントやなんやら以来。

僕はひねくれているのか、道具を揃えて何でもある恵まれたアウトドアの何が楽しいの??

と、内心バカにしていたのですが。

実際にやってみた結果、完全にドハマりしました。

思い返すと僕がこれまで思い描いていたのは、アウトドアじゃなくてサバイバルだったんですね。

僕の考え方を根底から覆してくれる。そのくらい、良かった。

今後は家族でキャンプへ行く回数がグッと増えそうですよ。

そんな経験を提供してくれる静岡県富士宮市にあるキャンプ場”ふもとっぱら

僕ら家族は横浜在住なので東名高速を横浜町田ICから新富士ICまで普通車で向かいました。

高速料金は普通車で片道2200円、集合場所までの所要時間は2時間程度と気軽に行ける距離なので横浜周辺の人にとってはこの、ふもとっぱらキャンプ場は利用しやすいところと思います。

【スポンサーリンク】


食材はどこで買う?

今回僕たち家族は静岡在住の友人とバロー三園平店に集合、食材を購入してキャンプ場へ向かいました。

バロー三園平店からふもとっぱらキャンプ場までは車で約25分かかりますが、バローを過ぎると大型スーパーはほとんどありませんので、集合場所としても仕入れ場所としても最適です。

食材や必要物資を一通り準備し終わったら車で25分、キャンプ場へ向かいます。

最悪何か買い損ねてもキャンプ場周辺にはファミマ(車で5分)とセブンイレブン(車で10分)もありますので、安心です。

ふもとっぱらキャンプ場へ到着!

さて、キャンプ場へ到着したらまずは入口で料金を支払います。今回は予約しましたが、このキャンプ場は基本的に予約不要です。繁忙期の大型連休など以外は予約しなくてもよさそうです。

ちなみに今回はショッピングモールの駐車場にある自動精算機のようなシステムを完全に人力でやっていましたので、車に乗ったままの清算が可能でした

あくまでおそらくですが閑散期は受付等で各自受付していると思われます。今回4月の土曜日に伺ったので人力自動精算機システムの恩恵にあやかりました(笑)

料金は夫婦2名、子供1名で車で来て持ち込みテントで寝ると仮定すると最低3500円で宿泊できることになります。タープという日差しや雨をよけるカバーも併せて設置する場合は+1000円かかります。ご自身にあった資金計画を以下のリンクを参考に検討してみてください。

これがタープ

日帰り料金もありますが遠方からわざわざ来るのであれば一泊がおすすめ。今回は利用しなかったですが、コテージなんかもあるようです。

薪や炭の値段を確認!両者の違いは?

薪は一束500円、木炭は3kg600円で入口横の小屋で購入可能です。

薪は一束購入しましたが、食事が終わった後のたき火に一束はちょうど良いサイズでした。木炭は町で買えば3kg350円~400円前後で販売しているのをよく見かけますね。

薪はなかなか取扱ってるお店が少ないですが、今回キャンプをする友人と集合場所にしたバロー三園平店に確認したところ、一束398円(ヒノキ)、498円(なら)で取り扱いがあるようです(2019年4月現在)

なのでふもとっぱらキャンプ場で販売している薪は随分良心的な価格だなという感想です。

そこで、薪はどっちがいいのかっていう素朴な疑問なんですが両者には大きな違いがあります。

ヒノキは針葉樹、ならは広葉樹ってことです。

・針葉樹は火付きはよいが燃え尽きやすい

・広葉樹は火付きは悪いが長く燃えてくれる

・・・のが特徴なのでそこらへんも考慮して選ぶと自己満足度は高まるかもしれません(笑)

正直キャンプ程度でそこまで深く考えず、安いほう選べば良いんじゃないかと僕は思います。

ちなみに炭と薪の違いは以下のように覚えておいて下さい。

・炭は調理用

・薪は焚き火用

実際に両方つけてみるとわかりますが、薪は炎が上がりやすく火力が安定しないので調理には全く向きません。たき火をするときに使いましょう!

それではキャンプ場内の説明をいよいよしていきます!

キャンプ
スポンサーリンク
Sunagimo Industryをフォローする
関連記事(一部広告)
砂肝産業

コメント

タイトルとURLをコピーしました