【神奈川】滝沢園キャンプ場の全て【秦野】

キャンプ

先週末の出来事

友人『今明けで仕事終わったんだけど、キャンプ行く?』

砂肝『OK』

そんなノリで急遽キャンプにいってきたのですが、凄く満足した経験となりましたので紹介したいと思います。

場所は神奈川県秦野市にある滝沢園キャンプ場(ホームページはこちら)

いや~キャンプ場って子供の時は学童保育なんかでよく言ってましたが、大人になっていくと一層楽しく過ごせますね!

これからの旅行はテント泊ですね。今回は友人と2人で行きましたが子供も絶対喜ぶ。下手に良いものを揃えたりとか小道具買い漁ったりしなければ圧倒的に金額も安く収まるので、子供にも財布にも優しい子連れキャンプ。

子供の時はキャンプっていったらその辺の海とか山で勝手にやってましたが、さすがに30越えてくると悲しいかな躊躇しちゃいます。

ワクワク感が体全体からにじみ出てしまったのか、行き途中の西友で酒を買おうとしたら念のため・・・と言われて33歳にもなって身分証を見せてくれと言われてしまいましーた。

そんなこと言われたのは15年ぶりです。

・・・ん?

ちなみに今回最低限のキャンプ用品(テント、イス、コンロ)を購入しました。

全てセカンドハンドショップ?中古屋?で買ったんですが、良い買い物でしたね。


このテントは古いタイプだそうですが、未使用品、つまり新品です。

2~3人寝れるくらいの2m×2mサイズですが、いくらだと思いますか?

・・・こちら・・・・なんと、税込1600円!

このイスは一脚500円

バーベキューコンロ グリル BBQ 折りたたみ式 小形 アウトドア キャンプ 簡単組立 od308

価格:905円
(2019/7/29 10:06時点)
感想(0件)

上のバーベキューコンロはなんと200円で購入。

合計2800円でキャンプ用品が揃いました。

バーベキュー用品買うなら中古屋がいいですね!どーせすぐ汚れるんだし。

ちなみに滝沢園のフリーサイトの方はコンロを使わないでの直火がOKだったのでコンロ自体はほとんど使いませんでしたが、付属のクロームメッキの網がしっかりしたタイプだったのでそれだけでもお得でした。

そんなこんなで食材とキャンプ用品を買って到着した滝沢園。

出発は地元の横須賀市を17時、買い物を済ませて到着したのは19時ごろでした。

一応決まりでは17時が最終チェックインとのことでしたが、電話してこれから行こうと思ってると伝えると大丈夫とのことで、安心して向かいます。

混んでるときや従業員の兼ね合いで17時にしてると思います。

当日は大丈夫だっただけなので、基本的には17時までに入域するようにしましょう!

入り口にある民宿でチェックインを済ませて代金を支払います。

あたりは真っ暗なので写真がありませが、張り切って準備します。

天候は最悪、気分は最高です。


暗い中、早速テントと同時進行で火おこしを始めます。


このあとの時間は言わずもがな。日常を完全に忘れて良い時間が流れます。

ちなみに夜、遠くからタイタニックのテーマアソングが大合唱で聞こえてきたので音を頼りに歩いて行ってみたら、東南系のアジア人が熱唱してました。

話しかけてみると介護士をしてるインドネシア人の7人組でしたが、家が僕と物凄く近所というミラクルが起こりました。

そんなこんなであーだこーだ話をして気づいたら眠くなってました。

友人は仕事のストレスから睡眠薬を飲まないと寝れないようで、寝る前に服用してましたが、フラフラし始めてこいつはヤベーと思いながら、寝ました。

こういうのって、辞めればいいのに・・・と思いながらも他人が決めれることではないので歯がゆいですね。自分の人生を大切にしてほしいところです。

そうこうして朝起きると8時。彼も久しぶりに熟睡できたそうです。

ストレス解消にキャンプって良いんですね!

キャンプ場はこんな雰囲気です。目の前の皮は水が透き通って綺麗で、水遊びも楽しめます。

今回最大の失敗は川で冷やしておいた肉が何者かにつままれたこと

怒ったゴリラがなんでもかんでも燃やし始めました。

ゴリラが朝食に焼きバナナを食べる為、火おこしを頑張っています。

さすがに到着が夜だと時が嵐のように過ぎ去って、岐路につきましたが二人とも大満足。

キャンプ場の詳細は以下で確認してください。

スポンサーリンク

滝沢園キャンプ場の詳細

滝沢園は民宿やバンガローも併設してありますが、キャンプならフリーサイトとオートキャンプの2つのオプションがあります。

フリーは荷物やテントを持って川を挟んだ向こう側までいって設営します。

オートは車の目の前にテントを張れることをいいます。値段は何人で利用してもオートの方が高い設定となっています。

滝沢園に関してはオートよりフリーサイトの方が安いですし、何より川に近くて良いなと思いました。荷物や天候などでどちらにするか検討するのも良さそうです。

料金はこんな感じ。安い!!!  ※2人で利用した場合※


1人当たり駐車一台2人分合計
フリー100010003000円
オート30050005600円

今回の僕たちの様に車1台大人2人でフリーサイトを使えば1人1500円で宿泊が出来ますので、相当に安いですね!!

チェックインは13時、チェックアウトは10時までとなっています。

ゴミ箱も駐車場の目の前にありますので安心です。

あとは何か足りないものがあってもレンタルや販売も充実してるようなので、気軽に来て楽しめばいいかと思いますね。

布団    400円        鍋(大)    700円

毛布    300円        鍋(小)    400円

シーツ   200円        ランタン    1150円  

鉄板    500円        かま      700円

網      400円        フライ返し  100円

飯盒    300円        包丁・まな板 300円

ボール   300円         ざる      300円

その他   100円~


まき    600円         炭     650円

首都圏から手軽に来れる滝沢園キャンプ場

今度は家族を連れていきたいと思っています。

ヒロシキャンプ 2015 滝沢園

キャンプ関連記事一覧


キャンプ
スポンサーリンク
Sunagimo Industryをフォローする
関連記事(一部広告)
砂肝産業

コメント

タイトルとURLをコピーしました