日韓の違いをまとめてみた

海外

前回の記事で、韓国でお勧めのビュッフェ式レストラン『Ashley』を紹介しました。

記事でもお伝えしたとおりですが、僕が日本人、妻が韓国人の夫婦ですが特に日本か韓国に住もうと決めている訳ではありません。

今の時代はボーダーレスがどんどん進んで、今や自分の住む国は自分で選べる時代となってきています。

ということで砂肝一家は今は漠然と、そのうちどこか別の国に移住するんだろうなという感覚があります。

というか元々はインドネシアのバリ島に住みたいと長いこと考えていたのですが、そのうちに南タイも良いし、フィリピンも良いし・・・とどんどん場所を決められなくなってきてしまい、今は完全に指針を失っている状態です。

僕の希望としては日本から遠すぎない範囲の、綺麗なビーチリゾートを持つ国

例えばタイやフィリピン、インドネシアなどの地方都市が良いのですが、現在の家族構成を考えると貯金や収入をもっと確保してから行動に移そうと考えています。

ということで最近は日本で資金稼ぎにいそしんでいるのですが、東南アジアへ向かう前に妻の実家である韓国に一度くらい住んでみるのもいいかもしれないという気になってきています。

理由は安全な生活を送れて、かつ日本ほど肩ひじ張って生きる必要がないからです。

行こうかどうしようか・・・といつも自問しているので今回は、日韓両国の住みやすさを考えてみたいと思いました。

判断基準として良い面と悪い面は表裏一体なところもありますよね。

例えば『自然の景色がきれい』というメリットには『虫が出る』というデメリットがあるような感じです。

なので今回は、どちらが良いのかという部分で測るのではなく、両国の悪い面のみを挙げて考えていく、減点方式で考えていきたいと思います。

ちなみに両国間で常に話題になりがちな政治に関しては、どこの国家もそうですが自国に良い印象を植え付けるよう情報が偏光しがちなので今回は省きます。

あくまで1人の人間として生活するうえで、住み心地はどうなのかというところをメインに考えていきたいと思います。

日本と韓国の住みにくさ比較

日本

韓国

・静かすぎる
・清潔すぎる
・東京がオシャレすぎる
・他人の目が気になる
・他人への嫉妬心が強い
・不寛容
・ルールや規制が絶体的
・団体主義が強い
・電車が込みすぎる
・災害が多すぎる

・おばちゃんがお節介
・道端でタバコ吸う人がいる
・ソウルが寒い
・ソウルの空気が悪い
・車のスピードが早い
・住宅がいまいち
・観光資源が乏しい
・アメリカーノが主流
・災害への準備がない
・発展して日が浅い

以上、僕が思う日本と韓国の住み心地の悪さを挙げてみました。

知見がある人に伺いたいのですが、いかがでしょうか。

色んな人の意見も聞いてみたいところですが、僕が考えて出した意見はこんなところですね。

まず、日本の住みにくい理由を説明していきます。

日本の住みにくさ

気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、日本の住みにくさの部分の大半は、精神的な問題点です。

僕が海外を旅している時にずっと思っていたのが、日本は精神的に問題があるということ。

本当に全ての元凶がこれだといっても過言ではないと思います。

そして精神的な問題を変えるってのはかなり難しいことなので、改善するのは不可能に近い状況だという結論になりました。

人は他人を変えられないですからね。

具体的には以下の7つが精神に悪影響を与える部分だと思いますが、まぁ中には全く気にしない人もいるでしょうが、経験がないことで気づかないだけの人も多くいるはずです。

1: 静かすぎる
2:清潔すぎる
3:東京がオシャレすぎる
4:他人の目が気になる
5:他人への嫉妬心が強い
6:不寛容
7:ルールや規制に忠実すぎる
8:団体主義が強い

何でもそうですが、Too much(やりすぎ)って良くないんですよね。

1番から3番までの『静かすぎる、清潔すぎる、オシャレすぎる』が一見素晴らしく見えるのは僕は勘違いだと思っています。

そこそこ雑音があって、健康に影響のない範囲で汚れていて、ぱっと見オシャレに見える程度の感覚が人間は一番心地よく、充実を感じます。

4番の『他人の目が気になる』、これは日本社会の独特な特徴ですよね。

家にいる時と外にいる時の旦那、奥さんの人柄が変わるっていう家庭、ありませんか。

いくら他人に迷惑をかけないためといえど相手の感情を気にしすぎて、好きなように行動できない。

他人がどう見るかを気にして行動を制限しているという例はいくらでもありますよね。

この流れで、自分は迷惑をかけないよう好きなように生きていないのに、あいつは好き勝手やりやがって・・・と5番、『嫉妬心を持ってしまう

6番の『不寛容』は嫉妬心から生まれる自分にメリットの一切ない嫉妬で自分たちの首を締めあげてしまう自殺行為。

7番の『ルールや規制に忠実すぎる』も結局他人の目が気になって、枠からはみ出せないし、はみ出したら誰かの不寛容さの標的になるからやらない、ということで相通じるところです。

日本人は砂漠でも信号を待つという例え話に喜んでいる人もいますが、これは揶揄されているという事に早く気づきましょう。

世界のほとんどの国は『ルールは必ずしも絶対ではない』と考えています。

そして『守るべきだけど、守らないも個人の自由』と柔軟に捉えています。

外国人とどう接したらいいか分からないという人でも、SNSの海外のニュースサイトやネット新聞をフォローして英語のコメントを少しでも読んでみると、割と価値観のずれを見ることが出来ますので、真実を知りたい人は是非確認してみてほしいと思います。

ということで日本社会はルールや規制に厳しいですし、ルールは何があっても必ず守りましょうと義務教育で叩き込まれているので、必然的に8番『団体主義』の傾向は強まっていきます。

ルールに忠実という事は運営を管理する側にとって都合が良いということも覚えておくと良いかもしれません。

9番、10番に関しては言うまでもない事実ですが、『都心の異常な満員率と災害の多さ』ですね。

日本よりも東京のほうが有名。

そんなようなことを昔言われたことがありますが、それ位、首都圏には全てのものが集中していますよね。

東京の人の数は世界一ですからね。

人口が多いので、そりゃ電車も満員になります。

ハッキリ言って僕にとっては人がいすぎて住みづらい所ですが、金が金や人を呼ぶので仕事は沢山あるところでもありますね。

人間は基本的に人や金があるところに集まるものですが、団体主義が強い日本ではそれがより顕著に表れているのかもしれません。

日本社会の傾向としては立場や年齢が上の人や声の大きい役人などに立ち向かうことってあまりないと思いますが、その分一人が行動を始めるとゾロゾロと連れ添って大きなムーブメント、ブームになることが多いですね。

流行の移り変わりが激しいのも右を見て習うという習慣があるからだと思いますが、元をたどると4番の『他人の目を気にする』に通じる部分でもあります。

団体主義の特徴ともいえるかもしれませんが、日本の場合は思想よりも多くの人が支持しているかどうかで判断がなされているようにも見えますね。

韓国も年長者を敬う文化があるので、基本的には立場主義だと思います。

以上がMr.Tの考える日本の住みにくさでした。

なにかの記事で読みましたが、世の中のことの多くは投資で結果が出る仕組みであって、バブル期に沢山投資が出来たことで今の日本の立場が保てているが、経済が悪い今、投資が鈍っているので今後の見通しは暗いという話です。

これを考えると今回挙げた精神的な部分以外でも、希望がないという意味で日本の将来は明るくはないと思ってしまいます。

それでも食べるものに困るほどの国にはならないと思うので、それで良しとするならば別に良いのかもしれません。

韓国の住みにくさ

日本が精神的な部分に問題があるとするならば、韓国の住みにくさは物理的な部分です。

韓国に来るたびに思いますが、デジタルや医療系の進み具合は素晴らしいですし、世界的にみても先進国の部類ではあると思うのですが、 日本と比較するとまだまだな部分はあります。

ただ、日本の大都市の発達度は世界でも指折りなので、そこと比べると劣って見えがちですが、案外一般人の暮らしの面で見るとちょうど良いのかなとも思っています。

こう書いている今も、実は韓国に滞在しているのですが、他人が良くしてくれる、話しかけてくる割合はかなり高いです。

知らない人から子供がお菓子をもらったり、話しかけられたり、お店でもしょっちゅうサービスをもらえるので、あまり寂しく感じることはなさそうな印象です。

大阪は日本でも独特の文化がありますが、かなり近いものを感じますね。

ただ、そこまで大阪に長く滞在したことがないので、比較はできませんが・・・

さて、Mr.Tが韓国の住みにくいと思うところを考えていきたいと思います。

1:おばちゃんがお節介・・・もうこのままです。大阪のおばちゃんと一緒だと思いますが、面倒見がいいとみるかお節介すぎるとみるか。

言葉を選ばずに言うと、僕は韓国のおばちゃんを見るたびに、日本の田舎から東京に観光に来ているようなイメージが浮かびます。とにかく5~6人の集団でワイワイしています。大変な時代を生きてきたからというのもあるかもしれませんが、若者のファッション性の高さと比べて、おじさんおばさんのファッションへの意識は低そうです。

2:道端でタバコ吸う人がいる・・・日本では大分分煙が進みましたが、韓国はまだまだ道端での喫煙者がいます。特に若者が多く住む繁華街などは沢山の路上喫煙者がいますね。ちなみにレストランはほぼ禁煙です。喫煙者にとっては良い国と呼べるでしょうが、非喫煙者にとっては良いこと1つもないです。それでも他人、特に小さい子供に煙を浴びせることに抵抗はあるようで、家族でいると離れてくれる人が多いのは救いです。

3:ソウルが寒い・・・ソウルの冬は凍えます。韓国は昔から寒い所なので、暖房設備(オンドル)が発展していて室内は常にとても暖かいですが、外に一歩出ると死ぬほど寒いです。韓国にマンションが多いのは寒さ対策や効率化の意味もあるのかもしれません。そもそも寒いのが嫌いな僕は、冬のソウルには住めないと思っています。

4:ソウルの空気が悪い・・・中国の工場から排出される環境汚染物質や黄砂が風下にあるソウルに飛んでくるということでソウルは空気が悪いようです。これも僕がソウルには住まないことを決定づける理由ですね。

5:車のスピードが早い・・・日本と比べて韓国の車のスピード早いです。妻曰く公共バスの運転手は町のチンピラがなりたい職業ということで、特にバス運転手の運転も粗目です。でも世界の大多数の国々と比べたらまだ安全運転な方だと思います。

6:住宅がいまいち・・・前項でもお伝えしたように韓国はマンションが主流ですが、僕は戸建て派なのでマイナスポイントです。ビラと呼ばれる低層アパートが結構雰囲気が良いものがありますので、住むとしてもビラ生活になるのかなと思います。一戸建ての住宅街もありますが、街から遠かったり田舎だったりするようです。戸建ての内装や設備、外観は日本と変わらないのですが、マンションが主流なので戸建は高いと思われます。実際に住むとなると選ぶことのできる価格帯の住宅はいまいちですが、どんな物件でも暖房設備はとにかく暖かいです。この暖かさに慣れてしまうと日本の木造住宅はとにかく寒く感じると思います。

ちなみにAirbnbで泊まる宿はオフィステルというマンションとオフィスの件用ビルが多く、ちょっと違います。オフィステルは窓がほとんど開かなかったりするので、僕は長期では住みたくないです。総じて韓国の住宅は暖房設備以外は決してよくないと思います。

7:観光資源が乏しい・・・韓国は国土が小さいので、観光資源もその分少ないように見えます。知らないだけというのもあるかもしれませんが、韓国は国全体で北海道より少し大きい程度の面積しかないので、長く滞在するとなると旅行が退屈するかもしれません。韓国の若い人ってしょっちゅう海外旅行へ行くイメージがあるのですが、そういった理由があるのかもしれませんね。

8:アメリカーノが主流・・・コーヒーの話ですが、あまりドリップコーヒーを飲む人がいないからか、カフェにも通常メニューにはありません。頼めば作ってはくれますが、料金もちょっと割高になる場合もあるそうです。韓国はカフェがめちゃくちゃあって、それこそ都市部には10mに1軒とかあったりするのですが、これは食事の後は大抵カフェに行くという習慣があるからです。だから町では薄めのアメリカンが主流なのではないでしょうか。

9:災害への準備がない ・・・韓国は大規模な災害ってあまりないようです。だから災害への準備も特にしていないと聞きますが、そうなると万が一災害が起きると想定以上の被害が出ることになるので、災害が怖いです。

準備はしているけど頻繁に災害発生する日本と、災害はほとんどないけど全く準備がない韓国。どっちも不安です。

10:発展して日が浅い・・・日本と比べると韓国は、発展してからの日が浅いです。それによってどんなことが起こるかというと、規制が緩かったり、法整備がまだ完璧でなかったり、そもそもそこまで意識が高くない場合があるということです。ただ、これはあまり厳しい社会になってしまうと日本のように息苦しさも出て来てしまうところがあるので、ほどほどで良いと思います。韓国はデジタル系や医療系はすごく進んでいて驚くことがあるのですが、今までずっと日本だけで住んでいたら人の意識が低く感じることもあると思います。日本でも20年前は立ちしょんしてるおじさんがいたり、唾を吐く人がいましたが、今はほとんど見ませんよね。立ちしょんを見たわけではありませんが、韓国ではまだそういう行為をする人がいます。ただ、『昭和は良かった』の声が少なからずあるように、人が人であるような行為を出来る時代の生活は割と悪くないものというのか、自然で情のある付き合いが出来るという部分もあるので、これも表裏一体となります。

まとめ

以上、日本と韓国の住みにくさをまとめてみました。

日本は生活に関わる物の質では不便はないですし、精神的な部分を除けば快適に暮らせる国なのは間違いないところですが、快適すぎる生活を送るために、犠牲にしている部分も多くあります。

韓国も日本ほど整然としている訳ではないにせよ、地方都市へ行っても生活に支障のないインフラは完備されていますし、衛生面でも世界のほとんどの国より安心できるレベルにありますので、問題はないですが、見た目が同じで、距離的にも近い国なのでどうしても比較してしまい、気をもんでしまうことも人によってはあると思います。

日本は全てを犠牲にしてでも何かを突き詰めたい人にとっては凄く価値のある国ではないでしょうか。

一方韓国では日本のように完璧を求めると大変かもしれませんが、ある程度というのを許容できる器のある人にとっては、より人間らしい生活を送れて満足できるのではないでしょうか。

今回は日本と韓国の住みづらいポイントを挙げてみましたが、いくら住みにくいと言ってもある程度の生活は保障されている両国ですから、世界中の大半の貧しい国と比較したら十分に恵まれていると思います。

選ぶことが出来るというのは幸せなことですが、選べることを知らないというのもそれはそれで幸せに生きれることなので、恵まれてはいるけど幸せかどうかはイコールではないということは最後に言っておきたいところではありますね。

ちなみに先ほども言いましたが、今は韓国の京畿道一山(キョンギ道イルサン)というところでこの記事を書いています。

韓国には今まで恐らく5~6回は来ていると思いますが、今回が約1か月間で一番長い滞在となっています。

非常に緊迫した日韓関係ではありますが、メディアでよく言われる『日本人と分かったら何されるか分からない』といった類の噂は今まで経験したことがないです。

なのでコメントのしようがないのですが、日本でも靖国神社で取材するのと横浜で取材するのでは印象が全然違うように、まぁそういう場所へ行けばそういう思いをする場面もあるのかもしれませんね。

それは日本も同じか、もしかするとそれ以上かもしれませんし、逆に日韓関係が悪いことを気遣ってか、日本語で頑張って話しかけて来てくれたりすると『あぁ、人間っていいなぁ~』と温泉使った年寄りのような気持ちになったりしています。

憶測に過ぎないですが、日本では年齢が高めの人ほど発展した韓国を受け入れたくないと思うので、特に人口も国土も3分の1しかない韓国に経済で負けたりなんかすることがあれば大恥だと考えている高齢者が多いと思います。

そういった部分で嫌韓方向に世論が煽られていたり、国内に山積みの問題から目を逸らすために、共通の敵:韓国という形に情報が作り上げられてるのかな?と僕は考えています。

僕は今まで日本、韓国や海外でも、100人以上の韓国人と話をした経験がありますが、日本の報道で言われるような険悪な形には一度もなったことがないという事だけお伝えしておきますね。

さて、このようなまとめになりますが、いかがでしょうか!

住みづらさはどちらもありますが、僕は住み心地自体はあまり変わらないかなと思いました。

日本はずっと住んでいるので困ることもないですが、それが退屈なところもありますし、韓国にいると慣れないことでトラブルもあると思いますが、社会の雰囲気で細かいことに悩む必要が減りそうな感じもしています。

別に今はどこでも仕事が出来る時代なのですが、年齢や家族など背負っているものもあるので、いざ移住となる前にもう少し深く考えていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました