滞在記録【東~東南アジア編】

前回、こちらの記事で今まで行った国について書いていくとお伝えしました。

そう、お伝えしたまま完全に忘れていました。

ということでこれから少しづつまとめていきたいと思っています。

まぁ誰得って話なので、先にお伝えしておくと別に呼んでも意味はないです。。

旅の記憶は、昔を思いだしながらリストアップするので、不完全ではありますが、中学校時代の記憶とかと比べるとまだ歴史も浅く、割と記憶に残っている気がします。

今まで33か国ほど歩いてきましたが、世界200か国と考えるとまだ地球の6%。

まぁ最近はもっぱら同じ国しか行かないので、数は増えていかないですが距離でいうともう少し行ってるのかな。

これだけ行っててもまだ6%。

もっというと日本人の価値観なんて200分の1の極東の島国の価値観でしかないわけで、そんな価値観は早く捨てて、広い世界を見て自分の価値観を作り上げる方が素晴らしいことだと思いますね。

さて、今回は東アジア、東南アジア編。

↑↑ バックパッカーのバイブル:深夜特急は絶対読もう ↑↑

★ 東アジア

東アジアは全然行ったことがない。

台湾に行ったのも最近だし、韓国も嫁さんと出会ってなかったら一度も行っていないと思う。なんでかっていうとやっぱり近すぎるし、どうせ海外へ行くなら全然違うところを見たいと思うわけで。

それでも当時の若者にとって海外で出会う同世代の同じアジアの異国人というのは特別なもので、気の合う人間とは今も末永く付き合えている。

外国人とコミュニケーションをとるようになると、今まで自分が見ていた世界がいかに偏見にまみれていたかというのがよく分かるようになる。

外国人との付き合いは相手が本当はどう思ってるのか探らなくて済む分、ずいぶん気持ちの良いものだからだ。

特にアジア人のほとんどいないようなところに一人で長くいると、同じ東アジアから来たというだけで大昔からの親友だったかのような付き合いが出来るのは日本にいては味わえない経験である。

韓国

ソウル、一山(イルサン)、釜山(プサン)、広州(カンジュ)、広津(カンジン)

韓国は、一山が嫁さんの実家ということで何度も行った。初めて行ったのは僕が長期の南米旅行からの帰り道だった。当時はインチョン空港がアジアのハブ空港化していたので、どこから帰るにしてもソウルを経由した方が安いという理由で気軽に立ち寄れたのを覚えてる。

個人的にはソウルは冬が寒すぎるし、泳げるような海もないから韓国なら完全に釜山派だ。釜山は想像以上に凄く良かった。➔釜山についての記事

自分の子どもは成人までにどちらの国の国籍を取るのか選べるので、これは特権だと思ってる。親の願いとしては、できれば第三国へ行って何でもいいから世界的に活躍してもらいたい。そして養ってもらいたい・・・。

K-POPが流行ってからの韓国は観光客の若年層の比率が高まってるようで。

日本では嫌韓感情の悪化からクローズアップされることはないが、実際に日本でも学生の間では韓国やK-popに関してのインスタ投稿が溢れているし、アジアを中心に色々なK-popは世界中で今も大フィーバーしているというのは韓国人と一緒に旅をするとすごく見えてくることだった。

韓国現地にいるときも、日本の若い女の子を、辺鄙な町へ行っても高い確率で見るようになった。

僕は嫁さんが韓国人でなければ日本と近い国にわざわざ海外旅行行こうとは思わないけど、彼女らにとってはアイドルの地元ということで浸れるのかな。

残念ながらオジサンになってしまった僕には分からない感情である。

台湾

台北(タイペイ)

台湾は友達に会いに行く目的だったので、タイペイしか見ていないけど、繁華街の感じが小さい日本って感じの作りだったのを感じた。

ダウンタウンの雰囲気は完全に渋谷や原宿だ。

なんというか、台湾の雰囲気ってウェルカム感が凄い。ホスピタリティ溢れるというか、英語も皆めちゃめちゃしゃべるし、フレンドリーだし、親切だし・・・

住むのにも凄く良さそうに見えた。幸い台湾人の友達は多いので、仕事さえあるなら南部にでも移住したい。

台湾はフルーツが安いのが本当にうれしい。フルーツさえ食べてれば栄養はとれてると思い込んでしまう。

台湾といっても1つの国だから、飛行機のアクセスが便利なのも良い。

悪いところが一切見当たらないけど、逆にそれが怖い気もする。

子を持つ身としては、タバコをどこでも吸ってるし、吸う人が多く感じたので、しいていうならそこがマイナスポイントかもしれない。

★ 東南アジア

僕が知ってる13数年前の東南アジアに来る日本人は多かった。

観光客というよりも駐在員や現地に沈没した、いわゆる在住者が多い。

エリート駐在員も沈没した年寄りやバックパッカーも、東南アジアに来れば皆同じだ。各国にある風俗街はどこも日本語の看板でひしめきあっていた。

タイには若い子を売春しに、カンボジアは幼児売春、フィリピンにはヤクザや犯罪者が逃亡しに来るような、本当にそんな奴が多かったけど、駐在員も定年後の年寄りも東南アジアへ行けば彼らと変わらない行動をとる。

最近ニュースで医者がラオスで幼児売春してビデオとりまくってるって話があったけど、そんな奴はいっぱいいるわけで。ニュースを作る側も、見る側ももっと現実を知った方が良い。

70を超えたお爺さんが『俺は日本人様だ』と偉そうにしながら女の子を下衆な目で品定めしたり、幼児売春を進めてきたり・・・ビックリする現実がアジアには転がっていた。

付き合いでキャバクラや風俗に行くというのは日本固有の文化である。

ちなみに今日本人が少ないように見えるのは、日本人が旅行しなくなったんではなくて他のアジア人が旅行するようになったから埋もれただけな気がする。

海外では現地にいる日本人に一番気をつけろというのは多くの日本人の教訓でもあった。 

タイ

バンコク、スラバヤ、スラタニ、プーケット、ピピ島、パタヤ、チェンマイ、リぺ島、ハジャイ、ウドンターニー、アユタヤ、サムイ島、クラビ

タイに始めていったのは20歳頃、10日間の1人旅。

帰国後もっと色々行きたいと思い、3か月後に再度訪タイしたのを覚えている。

その時が45日間のオープンチケット。ラオス、カンボジア、ベトナムと回って日本へ帰国した。その後にも、結婚してからもタイへは何度も行っている。

タイは本当に気楽なところだ。

肩ひじ張る必要もなければ疲れることをわざわざやらなくて良いし、誰が何をしてても何もいわない。非常に大らかな土地柄だ。

当時は安宿の質はひどいもんだったけど、今はかなり改善されたみたいなので、またバンコクにでも行きたいなぁ。

代表する安宿街はカオサン通り。

フィリピン

マニラ、ラプラプ、セブ島、ボホール島、、カミギン島、ホワイトアイランド、パラワン島

フィリピンは文化的に日本と東南アジアの中間な感じのイメージだ。

初めて行ったのは25歳くらい。

マニラでチンピラにからまれたり、銃で脅されたり、全身血だらけの男に食事をおごったり、色々あったけどショッピングモールや街の開発具合を見てると発展を肌で感じるし、元気も出てくる。

マニラは家族と住むにはちょっと不安もあるけど、現地のメイドにお世話してもらいながら田舎になら住んでみたいけど、それも飽きるかな。

代表する安宿街がマニラのエルミタ周辺。モールの目の前から直線に伸びる通り沿いに沢山の日本キャバクラと韓国料理店が並ぶ。風俗街の方が近いイメージ。

エルミタ周辺は海のあたりや人気のないところへ行くとより危なくなるから要注意。いつ行っても子供がラリってる救えないところだ。

ただ、それでもフィリピンはエルミタ周辺以外の治安は悪くないし、田舎へ行けば行くほど日本より治安が良くなるという。

セブ島あたりはフィリピンで安く英語を学びたい日本人、韓国人が大挙している。

魅力的な国であり、海の綺麗さは抜群にいいから下手にワーホリ行くより、まずは会話ができるようになる入口という意味で、フィリピンでの語学留学は良いと思う。

僕は世界中どこへ行ってもフィリピン人に間違えられる。

マレーシア

クアラルンプール、コタバル、コタキナバル、ジョホールバル、イポー、ペナン島

中華系、インド系問わず、マレーシア人とは何故か仲が深まる。

屋台の鉄板で焼いてくれるパティを挟んだハンバーガーを食べると『あぁ、マレーシア来たな』と思う。

最近は富裕層や家族でマレーシア移住が人気らしい。

確かに便利だし、他民族いて息苦しくもないし、飛行機の便も良いし、子供の人格育成にも抜群かもしれない。ASEANに移住するならタイかマレーシアなんじゃないかな。

代表する安宿街はチャイナタウン周辺

シンガポール

マーライオン

シンガポールは国連が発表する人間開発指数でアジアトップらしい。

友達に何人もシンガポール人がいるが、総じて知識欲が高く、英語も流暢、高収入、それでいて活発と悪いところが見当たらない。

国土が小さいことが残念だけど、気軽に外国へ行けるのは良いなと思う。

すぐ隣のマレーシアへ行けば物価がガクッと下がるのだから、自分だったら国境近くのシンガポール側に住んで働いて、週末はマレーシアへ入国かな。

ラオス

ビエンチャン、ルアンバパーン

ラオスといえばメコン川。本当にそれしかないけど、そこがまたこの国の魅力の様に思う。今でもそう変わらん気もするが、当時は停電が毎日何度もあった。

それでもメコン川の夕日を眺めながらビアラオを飲むだけで充分幸せになれる。

メコン川を下るスピードボートは人生で一番飛ばしてた。

コメントは4行で終わってしまうが、やはり人生がまだ残ってる段階でラオスに住む気には僕はならない。終活をする場所としては最適かもしれない。

ベトナム

ホーチミン(サイゴン)、ホイアン、フエ

ベトナムへ行ったのは一度だけだけど、ホイアンが凄く良くて記憶に残っている。

ホイアンは古い都、ようはベトナム版鎌倉みたいなところでベトナム版のうどんである、フォーがとにかく美味かった。

食べ物って結局どんなに美味くても、食べなれたものが結局一番美味いんだよね。だから母ちゃんの手料理とか、白いご飯が死ぬ前に食べたいとか思うわけだけど。

旅につかれてくるとやっぱり和食が食べたくなるけど、ホイアンにあるとある店のフォーの出汁が、うどんと相通ずるものがあって凄く舌に合う。

そんな理由から一気にこの町が好きになった思い出がある。

まぁだったら帰国してうどん食えという話かもしれないが、そうではなく外国でうどんに似た食べ物を見つけて食べるという行為が、より一層美味しくさせるのであるわけです。

代表する安宿街はブイビエン。

カンボジア

プノンペン、シェムリアップ

カンボジアはタイから行くと凄く物価が安く感じた。

感じたというか実際安かった。

当時たばこ1箱が80円、ドミトリーが一泊200円とかだったと思う。だから喫煙者の友達の土産には毎回カートン買いしていたし、ここに住んだら一ヶ月の家賃が6000円で住むな・・・とか考えながら宿を後にした。

カンボジアの道は舗装されてはいないけど、どんなところにも宿はあって、砂ぼこりにあみれながら宿の前でとる朝食とか好きだったなぁ。

代表する安宿(街)はプノンペンのキャピトルホテルかな。

インドネシア

ジャカルタ、ジョグジャカルタ、バリ島、スラバヤ

インドネシアへも何度も行っている。特にバリ島が好きで3回位は行ったかな。

一時期は本当に住みたいなぁと思っていたけど、今思うとあのまま日本に帰らないで向こうで仕事をしているというのも良かったかもしれない。

この国は意外に大きな国で、人口も若年層も多いので日本とは真逆の、将来有望の国の1つだ。

人も多様で、ぶっ飛んでる人にも沢山あった。ゲイに襲われそうになったし、勝手についてきて金を請求してきた奴もいたなぁ。懐かしい。

でもジャカルタで出会った人達は異常によくしてもらった。でかい荷物しょって彷徨ってた中、女子高生やその辺のおじさんがバイクで目的地まで送ってってくれたことは一生忘れない。

代表する安宿街はジャランジャクサ。インドネシアの言葉でジャランジャランは散歩という意味がある。

大手旅行予約サイトの『じゃらん』は恐らくここから持ってきた言葉だろう。

今後行きたいところ

カンボジア:シアヌークビル
 シアヌークビルはビーチリゾートとして凄く有名でもなければ特に何があるってわけでもないが、カンボジアはビザの基準が緩く、外国人が現地で商売を始めやすいということもあって、ずっと気になっている。

 僕がカンボジアへ行ったのはもう10数年前になるので、当時とは凄く様変わりしてるとは思いますが、小さな国なので長く住むと退屈しそうな気がするし、地理的にも不便だとも思う。

 隣のタイやベトナムの方が国土もあるし人口も多いので、その分エネルギッシュ。

なので本当に住みたいか?と聞かれるとカンボジアに住むなら隣国の地方都市でいいかなという気にもなるのが本音。ただ、自分のビジネスを始めやすいというのはすごく魅力だ。

ミャンマー
 僕が東南アジアへ行き始めたときはまだミャンマーの首都はヤンゴンだったし、国はまだ鎖国状態だったので、今の北朝鮮の様にごく一部のエリアしか入国できなかったので足が向かなかったけど、今は一番興味がある。

 アジア最後のフロンティアといわれるミャンマーでお店でも開業してみたい。

今後住みたいと思うところ

タイ:プーケット
 なんだかんだいっても僕は海が好きなので、海も街も楽しめるプーケットなんかがいい。

バンコクはバンコクで面白いけど、そこまで都会でなくてよい気もするし。

インドネシアやフィリピンのリゾート地なんかもいいのですが、日本へのアクセスなど考えるとプーケットあたりが最適かな。

砂肝家族は今、全員在宅で仕事をしている身なので、タイやフィリピンに住んだ方が貯金は増えるかもしれない。

3か月位向こうで暮らしたいけど、保育園に子供を預けているので、その資格を利用できなくなってしまうのは困るから、体験移住が出来ない。

そうでなくても入園した今年4月から既に3回、海外旅行で保育園を休んでいるので、そろそろ視線が痛い。

海外だと『いいねー!どこ行ったの?』とか『どうだった?私も早く行きたいよー!』というポジティブな反応になるところを、『あの家族は旅行ばっかり行って・・・』とか『保育園休むなら申し込みするなよ』と裏で言われてしまい、新たな行動がとりづらいというのは日本の恐ろしいところでもある。

ということで・・・

誰にも得のない完全に自己満のまとめをさせてもらいましたが、

旅に謙遜はいらねーだろということで、“ですます調”をやめて記事を書いてみました。

敬語があるとどうしてもパリッとしたイメージが出ちゃいますからね。

次はオーストラリア編を記録します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アンケート

今話題の副業【時給2,000円!】

Appen

Appenに関する掲示板

PAGE TOP