【羽沢横浜国大駅】相鉄JR直通線!【11月30日】

知恵/雑学

横浜周辺にお住いの多くの方にとって利便性が格段に向上するプロジェクトが相鉄JR直通線と相鉄東急直通線の2つです。

この2つのプロジェクトが完成した時に周辺利用者の利便性が格段に向上することになります。

ここでは2019年11月30日に開業日が決まった相鉄JR直通線の具体的な内容を分かりやすく簡単に紹介します。

相鉄・JR直通線

このプロジェクトは海老名など横浜西部と神奈川県央部周辺の電車利用者の利便性を向上するためのものであり、相鉄線西谷駅とこの度新しく新設した羽沢横浜国大駅を結ぶといった内容です。

この路線が全て完成すると例えば西谷駅の利用者が東京方面へ行く際に、今までは横浜へ一旦出てからJRや東横線に乗り換えていたのが西谷駅から直接、乗り換えなしで渋谷や新宿方面へアクセス出来ることになります。

今まで二俣川駅から新宿駅まで約1時間かかっていたのが44分(朝ラッシュ時)に短縮し、西谷駅から新宿駅までもやはり約1時間かかっていたのが39分で到着できるようになります。

何より横浜駅での面倒な乗り換えがなくなることが利用者にとっては一番のメリットではないでしょうか。

ちなみに羽沢横浜国大駅は2019年11月30日に開業する新駅で、隣の相鉄線西谷駅と現在新設中の新横浜駅(仮称)の間に作られる駅です。この新横浜駅は現在のJRの駅ではなく、駅前を走る環状二号線(通称:カンニ)の地下に新設されています。新横浜駅前の道路が延々工事しているのはこのためです。

つまり相鉄東急直通線の新横浜駅(仮称)は現在のJR新横浜駅と連結するわけではありませんが、市営地下鉄の出入り口を通ることが出来れば地上に出ずとも行き来できる可能性があるという事です。

今回、西谷駅と羽沢横浜国大駅が繋がる開業日が11月30日と決定しました!

この開業によって、以下の青(相鉄)と緑(JR)の沿線利用者にとってメリットが出ることになります。

参照:横浜日吉新聞

日本はどんどん便利になりますね。

実は僕、何を隠そう現在、横浜は西谷住民なんです。この路線が全て繋がるのを誰よりも楽しみにしています。

不便さの幸福を知ってる僕からすると便利になればなるほどストレスは増えるから一概には喜べないと思ってはいますが、当事者になるとやっぱ嬉しいもんです(笑)

不便さの幸福って意味が分からないかもしれませんが、今絶賛発展中の東南アジアの人達でさえも、どんどん便利になって生きづらくなってると感じる人が多いそうです。

便利になることで仕事に対する姿勢を厳しく求められたり、とか強制的な労働時間が増えたり給料が下がったり、デメリットも多いんですよね。

昔山手線で困ってたから声を掛けた欧米人がぼやいてた一言が忘れられません。

This train system is too organaized.

この電車は組織化されすぎてるyoって感じですが、何とも言えない暗い顏をしていたのが印象的でした。

“too”はネガティブな表現でよく使います。ポジティブだったらVeryとかWellを使いますので、その人たちはあまりよく思っていなかったんだと思います。

東京のあの人ゴミと窮屈さはそりゃストレス溜まりますよ。東京は酔っ払いと商売の町だと、個人的には思ってます。

やっぱり都会と田舎のバランスが大事です。

個人的にですが、相鉄線沿線は住むにはとてもいいですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました