韓国滞在2日目【大邱から釜山へ】

海外

さて、昨晩到着した韓国は大邱(テグ)。

ここには用はないので、さっそく朝から釜山へ向かいます。

なぜ親御さんの住むカンジンへ直接行かないかというと、釜山へは一度行って見たかったという理由と、

カンジンは田舎だと聞いていたので、せっかくだから都市も行きたいということで、ちょっと遠回りですが、行くことになりました。

それでは、出発(デッパツ)です。

ちなみに大邱空港から釜山への鉄道が出る東大邱(トンテグ)駅までは、タクシーで10分、たぶん4000ウォン程度と思われます。

そうこうすると、東大邱駅に到着です。

今日は日曜日、朝9:43の特急セマウル号に乗車します。

韓国の新幹線的な立場のKTXよりも停車駅は多いですが、鈍行のムグンファ号ほどは止まらない、値段とスピードの良い塩梅の列車になります。

プサンまでの料金はムグンファ号7500ウォン、セマウル号11,110ウォン、KTX17000ウォンって位の感じになってます。

乗車するまでに時間があるので、東大邱駅構内のロッテリアで朝食をとります

プルコギバーガーセットとコーヒー、合計8500ウォンでした。

食事が終わったらホームへ行きます。

セマウル号の東大邱駅から釜山駅までの停車駅は、思ったより少ないです。

東大邱➡ミリャン駅➡ムルルクン駅➡グポ駅➡釜山駅

こんな順に止まります。

時間は1時間15分程でした。

さて、最初の目的地、韓国は釜山に到着です。

先ほども言いましたが、釜山に来たのは初めてです。

釜山駅に到着すると、妻のイトコのキムジン氏が待ち構えてくれてました。

ソウルから駆けつけてくれたようです。

キムジンは、ソウルのとある機関で研究してるドクターです。

写真では男に見えますが、たぶん女の子です。

実はこのキムジン氏、

先月弟と一緒に2人で日本へ遊びに来たんですが、弟が地元の蕎麦を食べてみたいと言い出して、僕含め3人で横浜にあるとある商店街の廃れた蕎麦屋に入ったんですが、

そこで見事に全員ノロウィルスにかかり、日本滞在の3日間、

僕の家の天井だけ見て帰ったという、なかなかモッテル女の子です。

キムジンは釜山へは何度か来たことがあるようで、オススメの飲食店につれてってくれましたよ。

昼飯は釜山駅のすぐ前にある、ボンジョンデジクッパってお店。【본전돼지국밥】

開店前から並んでいて、どうやら有名店っぽいですね。

ここは茹でた豚肉のスーユー(水肉)とクッパのお店でした。

スーユーの小20000ウォン、クッパが7000ウォン程度ですね。

こういうお店って、地元に知り合いがいないと絶対分からないですから、得した気分です。

並ぶだけあって勿論クッパは美味しかったのですが・・・

いや、それよりもこの「スーユー」ってのが、めちゃくちゃ美味いんです。

僕は辛いものが元々苦手なんですが、韓国料理って意外に辛くない料理も多いですし、

辛いものも慣れると大丈夫だっていうのは、何度か来るようになって初めて知りましたね。


店名:ポンジョンテジクッパ
営業時間:8:30-21:30
定休日:年中無休
住所:釜山広域市東区中央大路214番キル3-8(부산광역시 동구 중앙대로214번길 3-8)
HPはこちら


結局今回のお店でスーユーに、完全にハマってしまい、その後4回も食べてしまいました。

さて、昼飯をジン先生におごってもらい、隣のカフェで休みます。

「サンジンオム」というオシャレなおでん屋です。

おでん屋ですが、2階はカフェみたいになっていて、異常に広いのでゆったりできますよ。

韓国の南部は店内がやたらに広い店が多いですね。

次の写真はキムジンと僕ですが、見てください、この無駄なスペース。

これでも釜山の駅前のお店ですからね。


商売的には決して良くないと思うんですが、どういうことなんでしょう。

理由が気になるところです。

さて、ここで時間を潰したら宿のチェックイン時間が近づいてきたので、移動開始します。

先程の鉄道駅ではなく地下鉄の釜山駅からソミョン(西面)駅まで行って、

そっからLINE2に乗り換えてチュンドン(中洞)へ向かいます。

韓国はバス網が発達してて、さらにドライバーもすっ飛ばしてくれるんで便利なんですが、

釜山のバスは大きなキャリーケースを持っての乗車は出来ないようで、車体にもそう書かれていたので、今回は諦めて電車で向かいました。

今日の宿もいつも通り、Airbnbで予約しました。

日本はAirbnbに対して規制がかかっちゃいましたが、韓国ではそんなこともなさそうで、安くて良い宿に沢山出会えます。

釜山を代表するビーチがある海雲台(ヘウンデ)の隣の駅チュンドン(中洞)、

三名二泊で96000ウォンです。

釜山はソウルと比べると、大分物価安い感じがします。

一泊5000円以下で、部屋はこれですからね。

洗濯機、キッチン、タオル、なんでも完備で、この景色は最高ですね。

滞在中は、ここでパソコン仕事に打ち込みたいと思います。

そんなこんなでキムジンと砂肝一行は、釜山の有名ビーチである海雲台を目指して、ブラブラしにいくとします。

続きはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました