幼児・子供には甘酒がいいって本当!?甘酒の是非を検証!

3
オススメ商品

注意:甘酒を子供にあげる時は、気を付けて!!

こんにちは、砂肝産業(@Sunagimo_Ind)デス。

以前の話ですが、妻が突然甘酒を買ってきて飲もうとしたところ、1歳半の娘が欲しがったのでふと、甘酒は子供も飲めるのか?というところが気になりました。

そこで今回は軽く、「甘酒」について調べてみたのですが、どうやら甘酒は栄養満点で子供にも良いという記事が。

『そうだったのか~!初耳♪』と意気揚々として、持っていた甘酒を1歳になる娘に与えてみたのですが・・・

スポンサーリンク

甘酒を子供に挙げるのは気を付けて!

今回、娘にあげた甘酒は、森永さんのこちらです。

多分一番有名な、甘酒界の大御所ブランドになるのではないでしょうか。

そのためすっかり安心しきっていたところのも反省しています。

反省ということで分かってしまいますが、今回甘酒を娘に与えた結果、娘は見事に熱を出して寝込んでしまいました。

だから甘酒を子供に挙げる時は気を付けて!という話を今回はしていきたいと思います。

体質に合わなかったのかな~なんて悠長にも構えながら、よくよく他の人のブログなどにも目を向けてみると、

なんと甘酒には2種類ある!!!ということが判明したんです。

甘酒にはアルコール入りと無しの2種類がある!

ということで、甘酒には2種類あるそうで、今回うちの娘が飲んだ甘酒は、「子供が飲まない方が良い方の甘酒」だったんですね。

まぁ熱に関しては当時はまだ保育園に行き始めだったので甘酒が原因でなく、ただの風邪をもらってきた可能性も否めないですが、やっぱり気になりますよね。

一歳にして酒を覚えさせてしまって将来アル中にならなければいいのですが・・・。

そんなことを考えてると、ふと数年前に話題になったインドネシアの2歳のヘビースモーカーの赤ちゃんを思い出しました。

ヘビースモーカーの二歳児の動画はこちら   ⇩⇩

Indonesian baby smokes 40 cigarettes a day

貫禄あるなぁ~笑

久しぶりに見ても強烈です。小学生中学生がタバコ吸うのは日本でも結構あると思いますが、二歳児はありえないですよね。

そもそも二歳児にタバコをしっかり吸えるのが驚きです。

うちの二歳の娘なんか、まだスプーンとフォークもそこまでうまく持てないのに・・・

このオッサン、いや少年・・・、いや赤ちゃんは、タバコを1日に40本ほど吸っていたそうです。

吸ってるだけならず1日に40本とは。

子供は怖いもの知らずですからね・・・

って、そういう問題じゃないか。

うちの子は間違っても晩酌する2歳児として話題にならないように気を付けていきたいと思います。

話しは戻りますが、先ほどの甘酒事件のことがあっても幸い今のところ元気で暮らしているので良いのですが、この情報過多の時代やっぱり自分の目と耳でしっかり情報判断して、その情報を信じるか否かはよく考えなきゃいけないなと反省しました。

それではその2種類の甘酒をきちんと説明しておきたいと思います。

子供、特に幼児に甘酒をあげるときは間違いのないように注意してあげてください。

酒粕入りと米麹入りの2種類

ということで、そんな2種類を簡単に説明したいと思います。

まずは酒粕入りの「子供にあげてはいけない方」です。

酒粕入り甘酒

酒粕を水で溶いて砂糖をくわえた清涼飲料水です。

酒粕を使用するので、ごくわずかですがアルコール成分がはいっています。

市販で売られている甘酒はこちらのタイプが多いので注意が必要です。

幼児にあげてはダメなタイプですよ。


森永 甘酒(190g*60本入)【森永 甘酒】

酒粕入りのこの甘酒に含まれているアルコール分は1%未満ではありますが、お子さんや酒に弱い人、車の運転をされるかたは注意が必要ということです。

以前甘酒を飲んで飲酒検問に引っかかったという噂(真意不明)もありましたね。

ちなみに酒粕とは日本酒のもろみを圧搾した後でできる【ろ過残存物】ということ。

味噌汁とかに入れても美味しいアレですね。

米麹入り甘酒

米と米麹を発酵させて作る甘酒です。

米の成分だけなのでアルコールは全くのゼロ。

発酵の際に甘みが出るので、砂糖も入らず安心です。

酒粕入り甘酒よりは値段が高いですね。


マルコメ プラス糀 米糀からつくった甘酒(125mL*18本セット)【プラス糀】

このように同じ甘酒でも作り方から全く違う別物です。

言わずもがな、後者の”米麹甘酒”が幼児や小さい子供に飲ませるべき飲み物です。

ただし大人が飲む場合は栄養価が米麹入り甘酒と比べて、酒粕入りの方が高いです。

なのでカロリーこそ酒粕甘酒は高いですが、大人にとってはおすすめですよ。

Mr.T
Mr.T

今日のキーワード

子供は米麹、大人は酒粕と覚えておこう!

幼児や小さい子供にお勧めの甘酒。子供には米麹甘酒を与えよう!

幼児や小さい子供にお勧めの甘酒は「マルコメプラス糀 米糀から作った甘酒」です。

この甘酒は乳児用規格適用食品になっているので安心して飲ませることができますし、何より飲みやすい!

大人にとっては量的にも多すぎないので、今や我が家ではケースで買って常にストックしてあります。

子供に挙げるときはなるべく薄めたり牛乳で割ったりして少しづつ飲ませています。

【マルコメ 米糀から作った甘酒 LL ケースの商品詳細】
●米、米こうじのデンプンを分解し、自然の甘みを引き出しました。
●アルコール0%、砂糖不使用
●国産米100%使用

【マルコメ 米糀から作った甘酒 LL ケースの原材料】
米、米こうじ、食塩

【栄養成分】(1本125mLあたり)
エネルギー・・・91kcaL
たんぱく質・・・1.5g
脂質・・・0.1g
炭水化物・・・21g
食塩相当量・・・0.3g
ショ糖・・・0g
アルコール・・・0%

ちなみに甘酒は子供だけでなく、妊娠中の母親にとってもとても良い食品です。

そして、もう一人、甘酒をおすすめしたいのがママ本人。ママは妊娠中から授乳中まで栄養補給が大切です。「天然のビタミンドリンク」ともいわれる滋養たっぷりの甘酒は、体力を回復させ、育児疲れをすっきりと解消してくれます。毎日飲めば、ママの腸内環境も整ってくるので、母乳育児のママは赤ちゃんにいい影響を与えることにもなります。リラックスタイムにあたたかい甘酒を飲むと、ホッと気持ちがゆるんで、赤ちゃんへの優しい笑顔も多くなるはずですよ。

発酵食大学

ということで甘酒を悪く言う人は、ぱっと見た感じ見受けられませんでした。

何度も言いますが、妊娠中のママや小さいお子さんは米麹入りの甘酒を飲みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました