毎日1記事ずつ更新中!

最大年利2000%と評判のSERENITY(旧名:TGR LAND)とは何?詐欺?安全なの?体験談や口コミはどう?【JTS運営】

副業

この記事では「SERENITY」という昨年の12月よりスポンサー募集が始まったばかりの新型投資案件を紹介します。

投資や副業といったお金を稼ぐことに少しでも興味のある方は、必ずご覧ください。

高利回りが予定されている「まだ世に知られていない投資案件」です。

こんにちは、砂肝産業です。

以前Twitterで、こんな投稿をしました。

この時からすでに10日も経ってしまいましたが、今回は1つ面白そうな「投資案件」に参加したので、お知らせします。

今回紹介するのは、オンラインパチスロのオーナーになろう!というものです。

スポンサーリンク

オンラインパチスロのオーナーになりたい!

最低年利保証18%~最大で2000%の権利収入を得られる情報を入手しましたので、普段砂肝産業を読んでくださってる方向けに、紹介します。

今回紹介するのは、オンラインパチスロ機のオーナーになろうという「SERENITY」という案件です。

SERENITY(TGR LAND)はバーチャルリアリティーの世界にスマートシティを構築し、そこに経済圏を作っていくという、未だ誰も実現していない5Gの世界を作るプロジェクトです。

この事業は2019年夏から株主を募集し、既に6億円の資金調達をしています。

今回は2019年の12月から、約15億円の追加資金の調達を行うための、オンラインパチスロのゴールドスポンサー募集を行っているので、その紹介になります。

SERENITY /TGR LANDとは?

まずは公式ホームページから抜粋したPR文をご覧ください。

TGR LANDとは?公式ホームページより抜粋

TGR LANDはオンラインゲームでも無ければ、SNSでもありません。

TGR LANDがあれば、人の「ゆりかごから墓場まで」を実現することが可能です。

例えば、生まれた時にあなたはTGRLANDの住民票を取り、

夢はTGR LANDでプロのeスポーツプレイヤーになることです。

そして、TGR LAND内に誕生した企業に就職し、

TGR LANDで出会った人と結婚をする。

TGR LANDはもう一つの世界、そのものなのです。

・・ということですが、意味不明ですよね。

はい、最初はその通りだと思います。

そして、「めちゃめちゃ怪しい」ですよね。

この案件がとても怪しく見える理由は後述するのですが、とにかくこのプロジェクトは「仮想現実世界」に関するものだということは、なんとなーく分かると思います。

ちなみに僕がこのSERENITYの存在を知って、この投資に関する他の既に参加した方のブログなどを見ると、「称賛ばかり」で批判する人は1つすら見つけられませんでした。

そして、多くの人が言及していることをまとめると以下になります。

評価者A
評価者A

経営布陣や法律的な部分のコンプライアンスは完璧。

その理由は、日本では知らない人はいないほどの大企業を築いた人、企業を5社上場させている経営者、世界的な経済誌であるForbesで実業家トップ50に入る人物など、そうそうたるメンツが本気で仕掛ける、かなり期待度の高いプロジェクトであるからです。

そして、それによってマーケティング戦略や企業買収オファー、透明性の高い戦略的な資金計画、設備投資に向けた財源の確保など、徹底的に確立されています。

長く投資に関わっているが、こんなプロジェクト見たことない!

これはいろんな方の意見を僕が独自にまとめたものですが、とにかく絶賛の嵐です。

とにかくこのSERENITYという投資プロジェクトは仮想現実世界で、完璧にまで仕込まれた、投資案件だということです。

SERENITYの具体的な内容

それではこれから、具体的にSERENITYに関して説明していきたいと思います。

まずは運営からのメッセージです。

運営元より

TGR LANDはバーチャル上に存在するもう一つの世界です。

ユーザーはあらゆる場所からTGR LANDへアクセスすることができ、現実社会と変わらない生活や活動をすることができる次世代型のプラットフォームです。

オンラインパチスロゲームをWEBやE-sportsを通じて、いつでもどこでも気軽の楽しく遊んで頂く環境を整え、収益の一部をLABUANの 【INTERNATIONAL MAJESTIC FOUNDATION】へ寄付します。

地球環境改善に永続的に支援しながら、ASEANエリアを中心に新興国への物心両面で豊かな国の発展を創造してまいります。

これだけだと分からないと思いますので、僕が調べた限りで説明したいと思います。

簡単にいうとですね。

現在オンライン上でいう「砂漠」のようなところに街を作っていき、そこでパチンコ屋をはじめ、顧客や実績・信用を確保し、不動産・高級車・ショッピング・旅行会社・コンソーシアムといったサービスを享受しあう「経済圏」を構築していくということです。

そして、今回はそのファーストステップである「オンラインパチスロ機」のオーナーになりませんか?という趣旨のものです。

僕達が購入したパチスロ機を運営会社にリースとして貸し出し、お互いに利益を得るというのが、このSERENITYの本質です。

機械と言ってもオンラインにあるものなので、運営の方は実質的な費用も掛からないんですよね。

僕もネットで商売を意識するようになって思うのですが、一度仕組みを作ってしまうと費用が極端に抑えられる「オンラインビジネス」っていうのは、出ていく固定費が少ない分、高い還元率を提供することも可能ではあるんですよね。

だからこそ、簡単に資金を調達でき、しかも購入者がSERENITYの広告塔となってサービスを宣伝してくれるので、世に広まるのは時間の問題でもあります。

そのお礼として「権利収入を還元しますよ」という内容になっています。

POINT!
パチスロ機を運営会社にリースとして貸し出し、お互いに利益を得る

そして、そのパチスロ機の初代オーナーになることを「ゴールドスポンサー」と呼び、先行者利益を確保できるようになっているのが、今回の案件

これらをまとめると、オンライン上にスマートシティを構築し、現在未開拓の新しい市場から、将来にわたって大きな収益を得るのが目的で、そのために今回はゴールドスポンサーを募っているということです。

これを読んだ皆さんはどう思いますか?

金ばっかり儲けようとして実態がなさそう!というか、ガメツイ!

きっと経営者もロクな人間じゃない!」と感じる方も多いと思います。

だけど僕が今まで出会ってきたいわゆる「既にお金持ち」の人で、これからもっと稼いでいこうと考える人の中に、「お金」そのものがもっと欲しい人って、実はそんなにいなかったりするんですよね。

そういう人達が欲しいのって意外に、自分が人生でどこまでやれたかという「実績」であったり、「名声」だったりします。

だから金儲けというよりは「RPGゲームでどこまで行けるか」という”人生をかけた遊び”を楽しんでる人が多かった印象があるんです。

だから、こういった「新しい市場を開拓するプロジェクト」は、個人的にはお金以外のところを見ていると思っていて、だからこそ今回のゴールドスポンサーの様に今後の利益を提供できるのかなと考えました。

OPENの3月からはGOLDSPONSORもしくは、ホテル、カラオケ店、漫画喫茶などの提携先店舗のQRコードを通して、ユーザーが続々集まる仕組みですよ!

なんで美味しい話を人に教えるの?

さて、こう見ていくと中には「興味ある!」と思った方もいるかもしれません。

でも、なんでそんな美味しい話を他人に教えるの?と思いませんか。

それは、プロジェクトが広まれば広まるほど、将来に受け取るリターンが上がるからです。

オンラインパチスロに限らずですが、一般のパチンコ屋でも利用者が多ければ多いほど、メーカーや関連企業は儲かりますよね。

批判したら得しないから、だから誰も批判する論調が起きないんです。

年利は?どのくらい儲かるの?

プロジェクトウンヌンも大事ですが、何より大事な「どれだけ儲かるのか」という話を先にしておきたいと思います。

上で触れた、将来に受け取るリターンというのは具体的にこんな感じになっています。

リース料金は、ユーザー数500人で計算して年間にして約18%、

そして10万人以上ともなれば、年間で2000%の利回りになります。

この500人~10万人のパチスロ利用者の数によって、利益の分配率が変わるということです。

つまり1口参加するごとに、これだけの年収が6年間に渡って、見込める可能性があるということです。

1ユニットの購入(税抜9万円)で年利500%の場合

年間 45万円

1ユニットの購入(税抜9万円)で年利2000%の場合

年間 180万円

という仕組みなのですが、まぁどんなプロジェクトでも500人ってことはないでしょう。

このブログ「砂肝産業」ですら毎日600人程度の閲覧者がいるので、最低18%以上の利回りが手に入るというのは、まず問題ないと思います。

仮に18%だとしても、銀行預金がマイナス金利の現代で18%も出るのなら、それはそれは素晴らしいことですし、そこから利用者が増えることで回収機関が早まる安心感もあります。

ちなみにゴールドスポンサーが受け取れる年利の期間は「6年間」です。

なので、最低保証の18%だとしても、元自体はとれる計算になっています。

※年利以外の「紹介ボーナス」などは永久還元。

正式オープンは?いつから一般利用がスタート?

2020年3月20日

この事業はまだ正式公開前のプロモーション段階です。

公開までには3ステップがあり、現在は2つ目の段階です。

現在のゴールドスポンサー募集の終了に伴って、宣伝を強めていき、正確には3月20日グランドオープン予定となっています。

ちなみにスポンサーの募集を開始したのは2019年12月5日でした。

TGRLAND ロードマップ1

怪しくない?詐欺じゃないの?

これまでの文章を見て、皆さんどう思いましたか?

正直に言ってください。

・・・めっちゃ怪しいですよね?笑

少なくとも僕は「めちゃめちゃ怪しいなぁ~」と思いました。

SERENITY、もといTGR LANDは怪しいか怪しくないかでいうと、完全に怪しいです。

でも「新しいもの」というのは大抵怪しいもので、例えば最近価値が見直されてきているビットコインを始め、仮想通貨やFX、遡るとインターネットの登場など、最初は全て怪しいものでした。

しかし上がり下がりある中で、これら「怪しかったもの」は完全に市民権を得ていますよね。

そしてこれらに共通していることは「最初に始めた人たちが大儲けした」ということです。

ビジネスは先行者利益を得るのが一番簡単ですからね。

僕も仮想通貨を少しだけ買っていたので多少儲かったのですが、もっと買っておけばよかった・・・と非常に悔しい思いを経験しました。

そういった意味ではこのプロジェクトの可能性が、すごくあるのも事実ではあります。

特に大企業の創業者や会社経営者というビジネスに投資をしてきた人達には「怪しいものにこそ価値がある」と思っている人も多いです。

それは何故かというと、怪しいものというのは、これから大きく発展する可能性があるビジネスだからです。

ちなみにオンラインという言葉やパチスロという言葉に既に「うさん臭さ」を感じてしまう人や、普段パチンコをやらない方にとって、どの程度流行りそうなのかという基準が、そもそも分からないと思います。

実際どのくらいのユーザー数がつくのかというと、同じようなオンラインパチスロ企業を見てみると、少なくとも10万人~多いところでは2500万人もの利用者が、世界ではいるそうです。

このプロジェクトも当然、世界展開を視野に入れているので、ある程度は目安になる数値だと思います。

TGR LANDのコンテンツ

SERENITY(TGR LAND)はオンラインパチスロの権利販売ですが、その目的は要するに仮想現実世界の建設です。

そのため、その世界には現実と同じように色々なサービスが生まれ、様々な価値が生まれていきます。

モノの金額というのがどう決まるかを考えると「需要と供給」なわけですが、仮想現実でもそれは同じで、独自の通貨や不動産など、欲しい人が増えるに従い価格が上がり、利益を手にすることが出来るようになります。

SERENITYのコンテンツは以下の6つです。

アミューズメント

街中に張り巡らされたQRコードよりTGR LANDにアクセスすることができます。

銀行

TGR LAND独自の通貨や現在世の中に存在する通貨、仮想通貨を取り扱う銀行取引所です。

不動産

TGR LANDはバーチャル空間ですが。ビットコインなどと同じように利用者が集まれば土地に価値が生まれます。

ショッピング

ショッピングモールや店舗などが出店を行うため、ユーザーは様々な通貨を用いた買い物が可能です。

コミュニティ

TGR LAND内ではコミニティを作っていただくことが可能です。

格好品

TGR LAND内では車や宝石、服飾品など様々な嗜好品が存在します。

ゴールドスポンサーになると受けられるもの

ゴールドスポンサーになると、年利(リース料)の他にも招待による還元などがあります。

SERENITY(TGR LAND)の最低投資金額

オンラインパチスロ機は15000台限定で販売されています。

このプロジェクト上では1台2代ではなく、1ユニット、2ユニットという数え方になります。

そして金額は1Unitにつき、税込み99,800円。

最低1口以上であれば、何口でも購入することが可能です。

残りUNIT

この記事を書いている1月29日現在、12月5日から販売開始となった15000口が、今までに販売されたユニットの残りは12298でした。

つまり2702ユニットが既に販売されているということになります。

この販売終了とともにゴールドスポンサーの募集は終了しますので、先行者利益を獲得するのが以降は難しくなります。

気になる方は残りのユニット数を公式ホームページで確認しておきましょう。

投資は自己責任です。

ということで、SERENITYという投資案件を今回は紹介しました。

10万円という比較的低価格で大きなプロジェクトに参画できるのは魅力ですよね。

といっても、まだまだどうなるか分からないのが投資の世界。

ましてや、今までは存在していなかったような事業内容ですから、怪しく思ってしまうのも当然だと思っています。

なぜなら「新しいもの」というのは「怪しいもの」だからです。

正直な話、僕自身参画こそしたものの、話半分で疑ってかかっています。

話半分というよりは、期待が4割、不安が6割で「話半分以上」ですね。

だけど10万円という「失敗しても生活に支障が出ない金額」だったために今回は手を出すことにしました。

一応保証はされるということですが、最悪なくなっても話のネタ位に思える金額ですからね。

だけど、もしこれでこのプロジェクトが運営会社の言うとおりに爆発して、10万円を今投資した人が多額の現金を手にしたとしたら・・・

たぶん悔しくて悔しくて・・・とにかく後悔しまくると思ったんですよね。

正直な理由はそれが一番かもしれません。

そのため、僕自身ももちろん責任はとれませんし、仮に投資額が消えてしまって文句を言うような人はそもそも参加を見送った方が良いと思います。

投資は自己責任。

この言葉を肝に銘じて、参加を検討してみてくださいね!

登録先

ということで伸るか反るか、今後が楽しみな「SERENITY」の紹介でした。

完全紹介制のこのサイト、

実は登録自体は無料なので、実際に中身を見て色々考えたいという方は、こちらから登録して確認することが出来ます。

まずは登録して管理画面の様子や、情報集めなど、色々立ちまわってきてはいかがでしょうか。

SERENITY(TGR LAND)の募集概要や運営会社

●限定募集数:15000unit
●販売期間 :2019年11月25日~2020年3月19日【数量なくなり次第終了】
●販売金額 :99,800円(税込)
●払込通貨 :日本円・US$・USDT
●販売単位 :1unit 単位
●運用開始 :2020年3月下旬 グランドオープン予定
●リース料金:年間18%~最大2000%
●収 益 源:オンラインパチスロ
●リース期間:6年
●運 営 元:JTS
● 協 賛 :INTERNATIONAL MAJESTIC FOUNDATION
●プロモーション: REDM JAPAN LLC

タイトルとURLをコピーしました