友達はどんどんいなくなる

体験談

前回の記事で、人生はただ事実として存在するだけで意味なんてないので、仕事を頑張る必要だって本当はないんだ・・・という話しをしました。

今日は友達がいなくなるのは悪いことじゃないという話をしたいと思います。

友達がいなくなるのは全く悪いことじゃないですが、新しい友達作りができないことは人生を寂しいものにしてしまうという内容です。

なんでこんなこと言うのかというと、僕自身友達がどんどん変わっていってるから、ふとした時に昔の友達たちが懐かしく思うことがあるんですね。

友達って昔は一生ものだと信じていたのに、そこまで続けられる人がほとんどいないことに大人になると多くの人が気づきます。

引っ越しなんかしたら本当、人の心は一気に離れますよね。

でもしょうがないんです。それでいいんですよね。

次の画像は、友達の人数をグラフに表したアンケート結果です。

これを見ると、友達が全くいないって人も1割程度はいるんだと僕は思いましたし、どの世代でも10人以下が大半の結果です。

10人以下といっても10人と3人じゃ大きく違いますが、とにかく皆そんなに友達が多い訳じゃないっていうのが何となく見えてくるグラフとなっています。

まぁこのアンケートって自分がどう思うかっていう基準なので、実際は仲が良い友達ってほどの間柄じゃなくても友達に含めているという可能性もあるので、あまり参考にはならないかもしれないですが、年を重ねていくにつれ友達が全くいないという人が減るというのは明るい希望かもしれません。

なんにせよ、友達は増えたり減ったりするもんなんです。

面白いのが、ふと昔の友達に会っても全く話が合わなかったりすることです。

これもしょうがないことだと思うんです。

多分ですけど、変わったのは自分なんです。

新しい人間関係も場所や仕事が変わればどんどん変わっていき、周囲の人と互いに影響し合っているので、環境が変わっているのに昔のままの自分でいるなんてのは難しいですし、それが良いことでもない。

なにより昔の友達は過去の自分と友達だったのであり、今の自分と友達なわけではないですからね。

特に相手が自己研磨に重きを置かずに生活している人だと、多分当時から何も変わっていないです。

だから相手も自分と同じだと思ってしまいますが、自分はどんどん新しい扉を開いてきたし、価値観もその度に変わってきている。

そうなると昔仲が良かったとしても、ここまで話が合わないかという位に会話がぎこちない。

成長したら付き合う人間はどんどん変わるので、よく周りの人とレベルが一緒だっていう話しを聞きますよね。

類は友を呼ぶともいうでしょうか。

だから新しい現在の環境で友達を作ることのほうが、よっぽど大事だと思います。

あとは僕自身、結婚や家族を持つという事に魅力を感じたことって実はなかったのですが、友達がどんどん減っていくことを考えると家族がいて良かったなぁと思ったりもします。

家族がいると友達がいなくても孤独を感じないというのは、今この記事を書きながら気づいた発見です。

家族がいるとたしかに、孤独を感じないし寂しいとも思わない・・・

子どももうるさいですしね・・・

まぁ、孤独を感じたくないという理由で適当に結婚してもストレスがたまるだけになるので、独身の方にはお勧めはしませんが、昔の友達は戻ってこないので新しい今いる環境で友達を作る努力はした方が良いのかなと思いました。

友達になる為には立場や役職や能力で相手と自分に壁を作ってしまうとうまくいくはずもないので、フラットな関係で友達作りすべきですね。

子どもの頃のように、利害関係なしで相手の幸せを素直に喜べるような人間となる意識をすることで道を拓いていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました