格安航空券の探し方

知恵/雑学

海外旅行・・・

最近はLCCの発達で下手に国内を旅行するよりも海外へ出向いた方が安上がりになる、そんな時代になりました。

格安航空会社=LCCが発達して航空券が安くなって久しいですが、それでも旅行に行かない人は全くいかないです。

そんな人は特に、旅行に慣れていないと知らないこともあると思いますので、今回の記事では僕の旅行テクニックをお知らせしたいと思います。

砂肝一家は神奈川県在住なので首都圏の方向けの情報に寄ってしまうかもしれませんが、ご理解下さい。

スポンサーリンク

時は金なり

こんにちは、こんばんわ。砂肝産業のMr.ドケチコスモスです。

何故こんなに僕が上から目線にいきなりしゃしゃりだすのかというと、こと旅行に関しては日本人の上位1%には最低でも入るんじゃないかって位に旅をしてきてるという自負があるからです。

となれば残りの99人の人にとって有益となれるんじゃないかと思い立ち、まとめてます。

ちなみにこの1年間で那覇、石垣島、韓国2回、台湾、タイ(妻のみ)へ旅行しました。

そのおかげもあって砂肝家には貯金というものが本当にないのですが、それでも大体毎年何度かは海外へ行くようにしています。

とはいっても最近の海外旅行はとても安く済ますことが可能です。

何故なら航空券が安いからですね!

今年支払った航空券代金

例えば僕が今年使った航空券代金の一例はというと・・・

石垣島 ➡ 娘と2人で往復10500円(安!!!)

台湾 ➡ 3人で往復35000円(羽田発!!!)

って感じで本当に費用がかからない旅をしています。

これには勿論空港使用料なども入れてありますので、日本の空港から現地へ飛ぶ総額代金になります。

さらに海外経験が長くなって以前知り合った友達がいたりするとつきあい方によってはその人たちが旅費の一部を出してくれちゃったりすることもあり、旅行へ行けば行くほど世界へ出やすくなるのを感じています。

外国に友人がいるから得というわけではないですが、これからの時代は海外にどれだけ理解があるかで大きく人生が変わる時代な気がしてます。

砂肝産業で紹介しているAppenも、結局は海外へ目を向けることで稼げるようになったわけですね。

それはそうとLCCは基本的に安い分、首都圏だと成田発のものが多いですが、まれに羽田発も出ますので、そういった場合はラッキーですね。

なにせ例えば横浜から成田だと一番安い電車でも1人往復4000円、直通バスで6000円はかかりますので、

それでしたら羽田発を6000円多く払ってとれたほうがお得でしかも楽という結果となってしまいます。

ただし、今のところ羽田発の国際線のオプションは少ないです。

台北、クアラルンプール、香港、上海、ソウルの5都市で、それ以外は必然的に成田になります。ので、行先によっては必ず成田へ出向く必要があります。

あとは特に安い航空券をゲットしようとすると、大体が深夜か早朝の出発便になります。

つまり、夜中の普段だったら寝てる時間に行動する必要が出てきますが、これはもうしょうがないですね。

航空券をとる際は、その辺も考えてチケットをとることになります。

とる前の注意点としてはその程度でしょうか。

基本的にLCCは返金不可に加えてチェックイン時間が1分遅れても搭乗不可になってしまう特徴がありますので、予約するときは慎重に進めてく必要があります。

チェックイン時間遅れて閉め出されてる人いっぱいいます。

事故渋滞で遅れても基本的には絶対に認められません。中にはブチ切れてる人も・・・

まぁ各々事情もありますからね。

格安航空券の探し方

さて、いよいよ本題の格安航空券の探し方です。

まず第一に、格安航空券は格安航空券という名前で売ってる商品ではありません。

LCC=ローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社が販売しているチケットのことを格安航空券と一般的には言っています。

ローコストですから低価格という意味ですね。

実はこういった格安航空券を一括で検索できるサイトがいくつもあります。

例えばスカイチケット、etour、エアトリップ、エクスペディアなど。

どこも大差ないと思いますが、僕は昔からSkyscannerというサイトを使ってます。

スカイスキャナーで航空券の最安値をチェック!

このスカイスキャナーは現在は日本語で直感的に検索できますので、難しいことはないと思いますので、軽く操作してみてください。

日時や行き先を入れて検索するとリストが沢山出てきますので、ビックリ格安な航空券代金をチェックしてみましょう!

航空会社のSNSをマメにチェック!

ちなみに各航空会社では、まれにセール等を行っている場合もあります。

時間の融通がきく主婦の方や学生さんなど、格安中の格安、最低価格での航空券取得が目的であればこのセール情報には常にアンテナを張っとくと良いと思います。

といっても何も1日中PCの前に張り付いて・・・なんてことでなくSNSの航空会社をいいね!しておくとかホームページをすぐ見れる場所にブックマークしとくとか、そんなんで十分です。

⇩ これはAirasiaのFacebookページから ⇩

セールといいつつ割と頻繁に発表されるので、行ける時は行くくらいの気持ちがだと僕の様に沢山旅行してしまう羽目になります。

僕は昔はそれこそ地球の裏側まで旅をしましたが、最近は行ってもアジア圏内です。

東アジア周辺のLCCでよく使う航空会社はエアアジア、アシアナ、ジェットスター、チェジュエアー、春秋航空、セブパシフィック、ピーチ航空あたり。

アジア旅行に行きたい方は、このあたりをSNSでチェックしてくと旅行が安価で出来るようになりますね。

各航空会社の本拠地へは安く行ける事が多いので、行き先によって使うべき航空会社も変わります。

マレーシアならエアアジア

フィリピンならセブパシフィックという具合です。

先ほどのSkyscannerで一括検索して、例えばエアアジアが一番安い航空券を出していることが判明したら、今度はエアアジアのHPで検索をかけてみます。

航空会社の公式HPからの直接購入が一番安いことも多いです。

このSkyscannerと各キャリアのHP、セール情報を確認することで最安値を導き出せるはずです。

宿泊予約は?

宿泊先は多くの海外の国ではホテルへ出向いて直接宿泊交渉をする、いわゆる現地調達も勿論出来ますが、最初の1泊は予約をしておくのが安心です。

以前にもお伝えしましたが、宿泊予定日数によって利用する予約サイトが異なります。お勧めは、

・数日程度の短期ならBooking.com

・それ以上の長期ならAirbnb

・・・という具合に、選んで予約していくのが都合が良いです。

これらのサイトも使ったことある方も多いと思いますが、すごく簡単に予約が出来るので航空券をとったら合わせて、サクッと予約しましょう。

キャンセル料がかからない場合も多いのが嬉しいですね!

・・・ということで海外旅行に一番大きなネックとなりがちな、格安航空券の取得方法をご紹介しました。

是非一度、スカイスキャナーで驚きの料金を確認してみて下さいね!

知恵/雑学
スポンサーリンク
Sunagimo Industryをフォローする
関連記事(一部広告)
砂肝産業
タイトルとURLをコピーしました