【外出自粛】在宅応援サービス一覧はこちら【コロナ対策】

お金(権利)に関する動画を2本紹介

商売

突然ですが皆さんは、貯金ってしてますか?

僕は先日、大きな賭けに出たくなってFXで博打に出て、一晩で100万円失いました。

かけれるだけのレバレッジをかけて、伸るか反るかの大博打に出たわけです。

いやぁ~・・・楽しい!笑

高揚感が半端じゃなかったです。

こういうと「金持ちの道楽」と思われかねないのでお伝えしておきますが、その100万円。

僕の全財産でした!笑

頭おかしいですよね、完全にギャンブル中毒です。

このように僕は別にお金持ちでもなんでもないですが、色々なものに投資して失敗したり、自分の事業に大きなお金を使うような時期もあったりして、あまりお金をとっておきたいと思うことがなくなっています。

なぜならお金というのは、気づいたら簡単に消えるものだからです。

なのでお金を取っておくよりも、どんどん経験することに使っていきたいなと、そう思っています。

そしてその経験がいずれ、自分を素晴らしい世界へ導いてくれると信じています。

100万円という大金を1日で失いましたが、それでも元気で生きています。

よく考えると100万円なくなるまえとなくなったあとの生活って、何も変わらない・・・

そんなことを今この記事を書きながらも考えています。

スポンサーリンク

こんにちは、砂肝産業Mr.Tデス

僕は今年33歳になりましたが、今までに貯金というものをしようと思ったことはありません。

貯金しようとしたことないというと厳密にはちょっと違いますが、目的のない貯金をしたことがないっていう感じですかね。

先日、あまりにブログのやる気が出なかったので、Youtube動画なんかを見て暇つぶしをしていた時のことです。

僕は本を全く読まないのですが、今は本を簡単にまとめてくれてる動画がいくらでもあるので本当に便利な時代なんだと気づきました。

youtubeは無料ですからね!

無料って凄いですよね。

思えばインターネットで情報が誰でも無料で手に入れるようになったのって、すごい革命です。

これだけ凄い革命ですが、インターネットを使って生活を改善する人もいる一方、ただの娯楽として使うだけで何もしない人もいる。

結局何か革命があったとしても、今の経済状況がすごく変わったとしても、それを使って人生を変えようと思う人は恐らく何もなくても変えていくし、

変わらない人は何があっても人生を変えようとしないんだなと何となく思っています。

ただ、自分で人生を変えようと思い立つことは誰にでも出来る。

このブログで自分の人生を切り開く人のキッカケに、少しでも後押しできたらという気持ちで、毎日発信しています。

今回は動画を2本紹介しますので、是非ご覧になってください。

ロバートキヨサキのインタビュー動画

学校では教えない資本主義のプレイ方法

いかがでしたでしょうか。

かの有名なビジネス本「金持ち父さん貧乏父さん」の著者、ロバートキヨサキ氏です。

先入観や固定観念というのは恐ろしいもので、人間は正しいか正しくないかよりも、自分が見た景色や経験で物事を判断する傾向にあります。

もちろん、自分の目で見たものを信じる姿勢というのは大切なことです。

誰かがした経験の話を聞いて判断するより、よっぽど重要なことだと思います。

ただしそれは、正しいか正しくないかで判断をするような広い目を持った人から見ると、全く間違った解釈にうつることがあります。

例えば世の中の多くの人は、スーツを着て会社へ行くことが仕事だと思ってる人が凄く多いですよね。

実際に体験しているし、皆がそうしてる。

でもよく考えてみるとスーツを着て会社へ行く行為に、そもそも意味などないですよね。

皆がやってるから正しい、という理屈は全く間違いです。

例えば日本から出て海外へ目を向けると、毎日会社へ行くというルーティーンをこなしてない人が多い国が多々あります。

だけどその人たちが仕事をしていないかというと、スーツをきる必要のない仕事をしていたり、会社へ行く必要のない仕事をしているんです。

例えば発展目まぐるしいベトナムで、皆がやってるからといって屋台でジュースを売っても裕福にはなれない。

そういった国ではスーツで会社へ行くことが、裕福になれる可能性が高いんでしょう。

正解は大抵、世の中の一般常識の真逆にあります。

会社へ行って安定収入を得て、銀行から借金して資産や権利に投資する。

これがベトナムでは最高の人生を送るオプションの1つかもしれません。

でもそれって、今の日本でも通用しますか?

皆がスーツを着て会社へ行ってるけど、ほとんどの人が浮かない顔してませんか?

そもそも仕事というのは何かを生産することではないでしょうか?

そして多くの人にとって、まず生産する必要があるのは、お金です。

例えば冷凍ピザを作ってる会社に勤める人は、冷凍ピザを生産しているのではなく、冷凍ピザを生産することでお金を生産しているんですね。

ピザがなくても生きていくことは出来ますが、人間はお金がないと生きていけません。

だからピザを生産しているように見えて、実はピザという材料を使って、お金を生産しているんです。

そしてこのピザ会社のオーナーはピザを作ってはいません。

作ってはないですが、代わりにピザを従業員に焼いてもらう仕組みをもっているわけです。

これが権利の仕組みです。

このように忙しく生きているから正しいわけでもなければ、スーツを着て会社に行くことが仕事なのではなく、

なにかを使ってお金を生み出すことこそが本来の仕事の目的なわけです。

ここを常に意識して働いている人は本当に少ないので、世の中には圧倒的多数の普通の人生というものを送る人がいます。

普通の人生を送る人の特徴は、普通の人生をおくるための会社勤めをしていない人のことを、仕事をしていないと先入観で判断してしまいます。

これらは人ではなく国や組織の場合でも当てはまります。

国を管理する立場に立ってみても、本当に国に必要なのはピザを作ってもらうことではなく、ピザで売上を稼いで税金を沢山納付してくれる人です。

その税金が国としての収入となるわけで、国が金持ちになれば圧倒的な権力とお金が流れ込むことを理解しているからです。

このことからこのロバートキヨサキの言うように、国や組織に言われた通り、教えられたとおりに動いてはいけないということです。

ユダヤの商法を説明した動画

ユダヤの商法を12分でわかりやすく解説する

この動画も非常に面白いです。

この動画を見て思ったことは、お金を他人より持とうとすると・・・・

”暇”でなければならないということです。(動画9:20~)

暇だからこそ新しいことを果敢に出来ますし、暇だからこそ考える時間を持つことが出来るということ。

経営者や世の社長さん方も忙しく会議や新店舗開業に向けて動き回っているかもしれませんが、極端ですが結局はそれも暇だからこそできるわけです。

暇でないとブログは出来ない・・・

たしかに今の自分に照らしてみても、そうだなと納得しました。

この動画2本を見て僕は『暇』に『権利』というものが合わさると、強大な力になることを感じました。

権利とは、自分が会社へ行かなくてもお金を生み出してくれる仕組みのことです。

その権利を得ることで人間は暇になり、新たな権利を取得するために考える時間やお金を生み出してくれることになります。

そしてその権利を手に入れるためには、買うか作るかしなければなりません。

実は僕は一度、美味しい権利を自分から放棄してしまったことがあります。

放棄する前は、この道がベターだと思っていたからこその決断だったのですが、権利を放棄したことで自分の発言権がなくなってしまい、すごくヤキモキしたし、損をしてしまったことがあります。

一度手にした権利は、それ相応以上のメリットと引き換えることが出来なければ、絶対に放棄してはいけません。

もし仮に、あなたにお金があればどんどん権利を買っていけるので1つの権利に固執する必要はありませんが、

今何もない状態の人が権利を作ろうとすると、基本的にはリスクが伴います。

生活を脅かすような投資額でなければ、既にある権利を買うことは、お金持ちなら十分に可能です。

いくら利回りが高いからといったって、1000万円を持つひとが10万円投資するのと、10万円しか無い人が全額投資するのとでは訳が違うのは一目瞭然ですもんね。

だからこそお金のある人はどんどんお金持ちになるし、お金がない人はずっとお金に縛られています。

これがつまり、Money make money

『金が金を産む』の原理です。

これは国に例えても同じです。

自分の国が金持ち国家であれば国が新しい事業や技術の開発費、学問、スポーツなどあらゆる分野への投資がどんどん出来るので、それを糧に学んだ若者が事業を興したり、国際的なスポーツ大会で活躍します。

活躍の結果でスポンサーがつき、関連商品が売れたり、新薬を開発し、世界中に販売して、儲けたお金から税金を払うことで、どんどんと金持ち国家になっていくことが出来る。

一方、元々貧乏な国は投資が出来ないから成長に限りがあるし、借金して何かしようにも返済利息で必要以上にとられていき、裕福になれない。

金持ち国家と言えばGDPが一つの指標になります。

アメリカ、中国、日本がGDPの金額のトップ3です。

これらの国に共通することは、人口が1億以上いる「人が沢山生活している国」です。

だから人口が多い国というのは税金が沢山入ってくる分、金持ち国家になりやすい体質を持っているわけですね。

権利を買いたいと思っても、金融機関からお金を借りて権利を買うというのは、最近の日本の状況ではなかなか難しいです。

今の日本は新規事業者に簡単にお金を融資する時代ではないですし、融資が下りても貯金体質が抜けきれない国民を相手に商売するのは、どうしても割に合わない部分が出てきます。

では、お金がない人はどうすればいいのか?

お金がない、商売できない、会社辞められない、だから暇がなく忙しい。

貧乏暇なし、ハッキリ言って詰んでいますよね。

ただ、Youtube革命同様、幸運なことに、インターネットの普及でお金がなくても商売を始められる時代になりました。

お金を使わずに、権利を育てる。

これを可能とするのがブログやウェブサイトの運営です。

今会社にお勤めの方は、そのブログを始める時間もなかなかとれないと思います。

しかも会社をやめられないなら、毎日コツコツ積み重ねることしかありません。

そう言った意味で、ブログは毎日記事が積み重なっていくので、最高の投資になるというのが、僕の理屈です。

1日1時間でもいいので、ブログを考える時間を持ってみてはいかがでしょう。

貯金して投資するのもそれは素晴らしいことです。

それが出来るなら、それで良いと思います。

会社へ行って毎月コツコツ貯金すれば精神的には多少安定もしますし、買い物も自由ですが、何かあると一瞬でなくなってしまうのが貯金です。

つまり、どうせなくなるお金です。

そうではなくて毎月少しでも振り込みがあるような権利をいくつも作り、そこから上がる収益の一部を貯金する流れを作るほうが、ゆくゆくは安定するはずです。

貯金だけしていても人生は好転しない。

何故ならお金は消えていくから。

だからこそ、僕は貯金を一切せずに、貯まったらギャンブルで使い果たす。

つまるところ、正真正銘のバカでございます。

そんな「バカ」でも始められるやり方で、ブログの作り方を全てお伝えしています。

順に進めていくことでブログが設置できるようになっていますので、まずはやってみて、

安定した人生より、エネルギッシュで最高の人生を始めてみてはいかがでしょうか。

誰でも分かるブログの作り方はこちらの記事で説明しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました