低リスクで12万円の不労所得を得る方法

投資

こんにちは、砂肝産業のMr.T(@Sunagimo_Ind)です。

現在こちら横浜は、今にも大雨が降りだしそうな天気が続いています。

九州や中部でも大雨によって被害が出ていますが、

ここ最近、また天災が増えてきた感じがしますよね。

コロナ蔓延の多大な影響がまだまだ残ってますが

それだけでなく災害にも気を付けなければならないというのは

忘れることが出来ない状況です。

日本は特に災害大国なので、対応策を出来るだけ準備しておく必要があります。

仕事や家がいつ無くなるかも分からないリスクから

働かなくてもお金が入ってくる仕組みを持っておき、

最悪の時代に備えるというのは、特に大事になってくる時ですね。

本当に困った時に自分を安心させてくれる大きな要素は「収入」です。

収入が途絶えると、人は一気に不安に陥り、人格まで変えてしまいます。

そうならないためにも、早くから準備しておきたいのですが

一体何を準備しておけばいいのでしょう・・・?

僕は、そのために必要な準備は「不労所得」だと思っています。

不労所得の性質は「時間がたてばたつほど収入が増えるもの」です。

だからこそ少しでも早くから取り組むべきなのですが

不労所得を得ようと思ったら、仕事をしているだけでは駄目で

「投資」をしなければなりませんから、今まで特に取り組んでこなかった人にとっては

今までとは違う行動をとる必要があります。

ここで二の足を踏んでしまう人が大半ですから、

その結果、あとで後悔してしまう人も、その分多いわけです。

投資に一定のリスクがあるというのは、まぁなんとなくご存じの方が多いと思います。

しかし、投資におけるリスクというのは、自分自身である程度コントロールすることが可能です。

ですから、リスクは低く、かつ雪だるま式に増えていくよう

なるべく「複利」性のある投資商品を選ぶべきなわけです。

特に投資に関する勉強って一見難しそうですし、

友達同士で話したりもしないので、全くチンプンカンプンな人が多いと思います。

「投資」でも「運用」でも同じです。

ちなみに「投資」と「運用」の違って皆さんはご存じですか?

運用と投資の違いを理解して、着実に資産を増やそう

「投資」と「運用」

簡単にこの2つを理解しておくと、今から自分がやろうとしていることを的確に理解できるようになります。

そもそも投資とは、運用というジャンルの中の「小さなカテゴリ」になります。

そして運用は、自分の資産を増やす目的で資産を働かせること、です。

だから一般的には投資と捉えられることがない「保険」や「節税」などが資産運用には含まれているイメージですね。

一般に会社に勤めたり在宅ワークをするというのは、結局自分で動かないといけないし、

普段忙しく働いている会社員にとって、なかなか頑張れるものでもありませんよね。

仕事や副業って最終的な目的はお金を稼ぐことなわけですから

ふとした時にやる気というのはなくなるもの。

アスリートではないですから、お金を稼ぐためだけにそこまで頑張れないという人は多いでしょう。

そうなると、最初は掃いて捨てるほどあった「モチベーション」も次第に働かなくなり、

それまで仕事に充てていた時間も、最終的には睡眠時間に使われがちです。

ですが、投資や運用は違います。

行動が必要なのは最初の手続きだけで、あとは基本的には

「果報は寝て待て」です。

文字通り、寝てればいいのです。

月収1万円=年収12万円

とはいえ、、サラリーマンが投資・資産運用を始めたところで、

なかなか「不労所得感」が出てくる金額にはなりません。

まず、目標は小さく。

月収1万円の不労所得を目指しましょう!

「月1万円の不労所得を稼ぐ」というなら……

年収で換算すると、12万円の収入金額になります。

100万円の元手だと利回り12%・・・

200万円の元手だと利回り6%・・・

ってことで、既に経験のある方であれば、

200万円あれば、かなり現実的な数値になるということが分かると思います。

6%程度なら、極力リスクの低い投資を選ぶことが可能です。

とはいえ、ただただ銀行に預けていてもマイナス金利のためお金は増えません。

海外の銀行口座であればまだ可能性はあるものの、

渡航費などを考えると果たして残るものがあるのか微妙・・・。

そこでお勧めなのが【クラウドクレジット】というサービスを利用することです。

クラウドバンクは平均年率5%程度のリターン

投資と聞くと、「不動産投資」と真っ先に思い浮かぶ方も多いと思いますが

一般的に国内の不動産投資の利回りというのは、

地方では20%やそれ以上狙うことも出来ますが

東京23区では約5%程度になることが多いです。

この違いは「リスク」の違いです。

東京は値下がりのリスクが低く、また需要があることで物件を欲しい人が沢山いるので

売却するのもとても簡単な一方、利回りは低くなっています。

ですが、その5%から税金などの諸費用や維持管理費用がかかりますので、思いの外儲かりません。

そんな東京への不動産投資と同じ程度の年利を得ることができる安心感がありながらも、実際に儲けた時に支払う税金以外の経費がかかることのない投資が

【クラウドクレジット】です。

株やFXのようにハイリスク・ハイリターンの投資方法ではなく

国債購入や銀行預金のようなローリスク・ローリターンの運用でもなく

ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法がソーシャルレンディングになります。

ソーシャルレンディングとは、簡単にいうと

個人の投資家が銀行に仲介させずに、企業にお金を貸すことが出来る投資になります

とてもシンプルに説明すると、こんな感じで

その中でも1000円単位で投資できることで再投資しやすく

「複利効果」を見込むことのできる【クラウドクレジット】が個人的におすすめです。

クラウドクレジットは、新興国を中心とした海外ファンドに投資することが出来る

国内唯一のソーシャルレンディングです。

その独自性から、分散投資の観点で多くの取引の実績があります。

ちなみに、2020年1月時点のクラウドクレジットで取り扱われている案件の平均利回りは7.5%

一方で、現在はコロナショックの影響で2.3%まで落ち込んでいます。

つまり未曾有の経済危機だとしても、マイナスを割り込む可能性が低いことが、今回で証明されました。

平均なのでもっと低かった案件もあれば高いものもあるわけですが

ある程度参考に出来る数値ではないでしょうか。

クラウドバンクの体験談【実際の報告】

クラウドバンク利用者の評判Twitterで調べてみましたが

あまり一般のツイート数は多くありませんでした。

やっぱり投資の話って、普通にツイッターをやってる人にとっては

わざわざするものでもないですから。

とはいえ、仮に損したときはうっぷん晴らすために叫びたくなるでしょうけどね。

貸し倒れになったことは操業開始から一度もなかったようなので

比較すると、とても安心できる案件ではあります。

銀行預金からクラウドクレジットへ乗り換えよう

ということで、多く語らずとも、分かる人には分かる魅力があるのがクラウドクレジットです。

日本で一般的な教育を受けた日本人は、

海外の人から見ると「貯金が大好きな民族」です。

リスクを好まないとも言えますが、経済力が右肩下がりの現在では

そもそも貯金していることで、実質の資産は逆に目減りしているということに

気付いている人というのは、ほとんどいないのが現実です。

だから銀行貯金は極力減らして、分散投資をするというのが

僕は最適解だと感じています。

だからこそ数あるクラウドクレジット案件を

いくつもに分けて投資して、リスクヘッジをしながらも

上がってきた利回りを追加で全て再投資に回すことで

有事の際にもある程度対応で、

最終的には大きな資産にすることも可能ではないでしょうか。

とはいえ、投資ですからリスクは必ずあるものですから

自己責任を意識は常に持っておく必要はありますが

それでも【クラウドクレジット】を利用してみたいと思う方は

このチャンスを活用してみてはいかがでしょうか。

【クラウドクレジット】で投資するには【クラウドクレジット】の口座を開設しておく必要がありますが、

現在、7月15日まで6周年記念キャンペーンを行っており、

投資金額にあわせて「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」をやっています。

口座開設自体は無料ですので

まずは開設だけしておいてゆっくり考えてみて下さい。

ちなみに、口座の開設は無料なのですが、会員登録や投資家登録の必要があり、

身分証明証や銀行口座情報などが必要となります。

これらを経てまずは審査が行われますが、

通常であれば、審査は数日で完了すると思います。

「お金に働かせる」という意識を持つだけで

今後の人生は大きく変わるはず。

生活できるだけの収入が確保できると

人生のストレスは激減しますよ。

タイトルとURLをコピーしました