毎日1記事ずつ更新中!

貯金はしない方が良いと断言する具体的な理由を、体験談などから説明します。

知恵/雑学

「お金が貯まる気がしない」「貯金がなくて不安」と自問自答している人、

「貯金頑張ってるけど人生楽しくない」「貯金してるだけで良いのかな・・・」

と、そんな貯金に関して悩む、全ての方に読んでいただきたい記事になっています。

こんにちは、砂肝産業のMr.Tです。

僕はこの砂肝産業というフザけた名前のブログをかれこれ1年近く続けていまして、ある程度ブログから売上が上がるようになってきました。

毎朝起きてどの程度の成約があったか確認するのが楽しみで、まだブログだけで生活出来るようになるのは少し時間がかかりそうではありますが、自分の時間を自分でコントロールできるという”すごく人間らしい生活”が出来ていることを楽しみながら、暮らしています。

今回「貯金の是非」を問う内容をテーマに記事を1つ書き上げてみました。

結果からお伝えすると、貯金は必要ないという結論であり、大事なのは「会社を辞めても収入が得られるのか?」という点だという内容になっています。

そもそも、この記事を書くにあたって先に言っておくべきことなのですが、僕には貯金というものが一切ありません

数ある休眠状態の口座から現金をかき集めたり、家にあるものを片っ端から売ったとしても、せいぜい100万~150万くらいかな?っていう感じで、本当にありません。

そんな僕でも、貯金がないことに不安になったり、金銭面で将来を悲観したりすることはないのですが、その理由も含め、これから説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

まずはこれまでの僕の実体験から。

この記事を書くにあたって、まずは僕が今までどのような体験をしてきているのか、今までより細かい説明をすべきと考えています。

それによって、「経済的不安をなくすためにやること」や反対に「やるべきではないこと」が明確になるからです。

まずは以下、これが今までの人生において僕が「過去にやってみたこと・ビジネス編」です。

僕が過去に興味本位でやってみたこと

・MLM(マルチレベルマーケティング)に参加してすぐに辞めた
・貯金を200万貯めてFXで一気に失った
・20代の半分は海外へ行くためだけに費やした
・トータルで約3年間の会社員生活
・収益不動産を買って賃貸に出した
・宿2件、飲食店を1件開業した➔全て黒字のまま閉店
・国内で仕入れて国内で売る転売を実践
・ブログ運営

以上が、現在33歳の僕が、実際に経験してきたことです。

最初のMLMとは、有名どころでいうと「アムウェイ」みたいないわゆる【ねずみ講】と誤解されがちなビジネスですね。

このときはまだ学生で、「お金を稼ぐこと」に熱心でなかったこともあり、勧誘を受けて参加したものの、すぐ辞めてしまいました。

その後は会社員を2度ほどやったり、お店をやったり、海外に長期滞在したりといった感じで、これだけ見ると、まぁほとんど働いてなさそうなんですが、実際あんまり働いてきたという感覚はないです。

今も365日、家にいようと思えばそれも可能ですし、どこかへ旅行へ行くのも基本的にいつでも行くことができます。

今まで頑張って労働というものをしなくてもお金はどうにかなってきていますし、貯金こそありませんが、本気で作ろうと思えば運用中の不動産を売って現金で1000万円ほど受け取ることも出来る状態です。

これらの経験を次元の違う話のようにに見える方にとっては、今回の話が有益となると思うので、最後まで読んでみて下さいね。

貯金はいらない。必要なのは投資して”うねり”を生み出すことだ。

一般的な社会の価値観で「いざという時の為に貯金しておく」って人が多いですよね。

毎月5万貯める!1年で60万円だ!みたいな。

だけど、僕はこういう貯金が本当に「人生の無駄遣い」だと思うんですよね。

というかそもそも、今を生きてる人達のほとんどが「人生を楽しもう」とは思ってない。

なぜか「辛いこともあるのが人生だ」のように、苦労は必要だ・・・と無意識に考えてしまっていると思っています。

僕はこれこそ「諸悪の根源」だから、改めた方が良いと思ってるんですね。

特にこれは年齢が若ければ若いほど当てはまると思っていて、年齢が上がれば上がるほど「まぁ確かに一理あるよね」という同情も出てくるんです。

まあ20代の大半を海外旅行につぎ込み、今でも年に4回は海外旅行に行って、ほぼ毎日の様に外食して、それで毎日何をしているかというと「子供のお守り」とこの「ブログ更新」

そんな生活をしているので、僕のような場合に貯金がないのはそれはそれで問題だと思うのですが、それでも貯金は百害あって一利なしだと思っているので、貯金するぐらいだったら使っちゃおうと考えています。

というのも例えば僕の場合でいうと、以下のようなことが可能なことを身をもって知ってしまったからです。

貯金0の状態からフルローンで1000万円の不動産を購入
👇
そしてそれを人に貸して家賃を返済に回し、5年で完済
👇
5年後に同じ1000万円で売却
👇
貯金は一気に1000万円!

身をもって経験・・・とはいっても僕は未だにその不動産を保有していて、実は売ってはいないのですが、1000万円なら買いたいと言ってる人が既に数名いるので、現実的なことだと思います。

5年で1000万円を働きながら貯めようと思ったら、毎年200万円の貯金が必要です。

しかもその5年間、必死に働き、節約する必要があります。

ですが僕のこのケースだと、僕自身は5年間、ほぼ何もやってないんですよね。

だからこの体験を持って、貯金なんかせず、投資に回すべきという考えが出来上がっています。

ただし、この家余りの時代に不動産投資は知識だけでなく「見る目」が必要になってくるので、全くお勧めはしていません。

貯金と資産は違うということを理解しよう

そもそもですが、貯金と資産は性質が違うんですよね。

貯金は「現金として引き出せるもの」です。

銀行口座に入っていたり、金庫の中に入れていたり・・・

使おうと思った時に現金としてすぐ使えるものが貯金です。

一方、資産とは「すぐに現金には変えれないけど、現金と同じ価値を持つもの」です。

不動産や株、金なんかがパッと思いつきますが、「知識」や「経験」場合によっては「友人」なんかも資産と呼べます。

それは何故かというと、知識や経験が頭に入っていれば、あとは行動するだけで「現金」を生み出すことが出来るからですね。

友人も普段から仲良くしていれば、困った時に助けてくれる人もいるでしょう。

僕の考えですが、困った時に助け合える距離感というのが「友人」だと思っていて、それ以外の人はハッキリ言って「他人」だと思っています。

だから必要以上に「友達の輪」を広げようとは全く思っていないのですが、それはさておき。

たとえば僕の場合、ブログをやってきたことで「本気で取り組める時間だけあれば生活費を出すことは数か月で可能」ですし、海外にもよく行っていたことで、「英語を使って外国人に物を売る」ことができたり、「友人の事業の手伝い」をして稼ぐことも可能な状態です。

なので変な話、今海外に身1つで投げ出されたとしてもどうにか生きていける自信があるわけです。

これが凄く大事なことで、逆に貯金が500万円ある状態で「資産のない人」が僕と同じ状況になったとすると、せいぜい1~2年で貯金を食いつぶして、どうにも自立できない状態になると思いませんか?

だから僕は、貯金なんてどうせすぐなくなる金額にしかならないんだから、貯金が無駄だと思っているんですね。

そして貯金が無駄というのは分かったけど、それだけでは不安は尽きない・・・と。

それなら僕たちはどうすべきなのか?

以下、ちょっと書いてみたいと思います。

会社員の人、お金貯まってますか?

まず多くの人にとって、雇われサラリーマンでいる以上、お金は貯まらないようになっています。

基本的に会社員というスタイルは、向こう1ヶ月働くために必要な金額しか貰えないようになっているからです。

例えば僕たちが一か月間働こうとすると、家賃、食費、生活のための設備、光熱費、同僚との交際費、通勤費、などなど色々と経費がかかります。

会社員ってこれらの合計金額分程度しか給料を貰えないようにできているんですよね。

いやいや、世の中高給の人もいっぱいいるじゃないか!と思うかもしれませんが、給料が高ければ家賃の高いところに住み、人よりも良い車に乗ってしまう人が大半なので、生活コストが上がってしまい、結果残りません。

同僚との食事も、俺たち稼いでるし・・・と身の丈に合わない良いところに行ってしまう傾向があります。

そんな時、みながこう思っています。

「今月、頑張ったし!」

このような流れがあったら、それは貯まりませんよね。

つまり、高収入のサラリーマンというのは働くための経費が高いおかげで、高い給与を貰っているんですよね

こういったことを考えると、そんな状態で貯金するってことは、交際費や欲しいもの・・・など何かしらを犠牲にするってことになります。

貯金のために何かを犠牲にして、それで病気になって、結果貯金と健康が消えてしまったら、それこそ元も子もない。

そんな考えが絶対出てくるので、何度も言いますが、お金はなかなか貯まりません。

会社員でいる限り、今の環境から抜け出して自由に生きれるほどのお金は貯まらないという、まずはそれを理解しておかなければばいけません。

だからこそ少額の貯金を毎月積み立てて・・・なんてしてたら一生お金に恵まれず、何かあったらすごく苦労することにもなります。

しかも今は景気も給料も良くない

現在、これから社会人になろうとする人にとっては、ほとんどの人は20万前後の月給だと思います。

20万の額面なら、手取り17万くらいになるでしょうか。

僕も最初に勤めた会社は週7日勤務、毎日日付が変わるまで働いていても、手取り23万くらいでした。

上司も同じように働く完全なブラック企業でした。

30代の上司は年収にして5~600万位でしたが、部下におごったり、無駄にひろい部屋に住んだりと、やはり出費は多そうでした。

こんな環境でどうやってお金を貯金できると思いますか?

例えば頑張って月々8万貯めて年間100万貯金したとしても、それは何にもならないんです。

いざという時の為の貯金ということは、言い換えると「今すぐ必要になるお金」ではないわけですから、その「時」が来るまでには、まだ時間があります。

貯金したら出て行くお金は減るんですけど、いざという時のお金って一瞬でなくなるんですよね。

だから貯金よりも「定期的に入ってくる現金」が重要なんです。

そうすれば入用になって貯金や仕事がなくなったとしても、現金だけは引き続き入り続けるから、自分の生活も大切な人の生活も守ることが出来るからです。

僕はやりたいことが沢山あって貯金しなきゃな~と、考えていた矢先にこの事実に気づいたので、まずは投資をして働かなくても入ってくるお金を最低でも1000万円以上作ろうと考えました。

貯金するくらいなら投資をしろ!でも一体、何に投資すべきなのか?

で、投資と言ったって、どうしたらいいの?というと、まずは貯金しようと考えるその金額を、全部投資に回すだけです。

貯金が人生の目的になってしまい、お金を使わない生活をすると、どこにも行けないですし遊びにも行けません。

そうすると必然的に得られる経験も少なくなりますので、自分磨きは出来なくなります。

貯金は悪だと思い込むべきです。

貯金は悪だからこそ、サラリーマンが将来のためにやることは、投資なんですよね。

今ある無駄な貯金は全て、投資に回しましょう。

僕自身は身の丈に合わない消費が大好きで、過去にも大きな買い物や大金を失ってきたりしていますが、それを楽しんでいますので、僕の人生は決して参考にはなりません。

逆に僕がやってきた投資と、正反対に思えるような投資をすることで「賢い選択」をすることが可能になりますので、だから投資といっても、僕の様に株とかFXをやろうって言ってるわけじゃないことは知っておいてください。

ということで、これからあなたがする投資は「リスクがほぼない投資」であるということを常に意識しましょう。

以下からは、具体的に「何に投資する」べきか書いていきます。

自分への投資に回す

まずは一番大事といっても過言ではない「自分への投資」です。

自分の人生の指針になるものならなんでもいいと思うんですが、僕の例を挙げるとビジネス本の購入費用、海外渡航の費用や期間、色々な世界を知ることにかけた費用、・・・

抽象的ですが、こんなのが挙げられます。

要は自己投資、自分磨きですよね。

割り切ってお金の為だけを考えると、まずは自分の脳みそや体験に投資して、自分の価値を高めるのが一番です。

なんどもいいますが、貯金なんて意味ないです。

僕は書籍はあまり読みませんが、気になる本は必ず購入して読んでますし、儲かるか儲からないか以前に「その世界を覗いてみたいと思うかどうか」を基準にして、投資するかどうかを考えています。

実際に覗いてみた新しい世界というのは「自分に合っているかどうか」「続けたいと思えるかどうか」がある程度判断出来ますので、一度経験しておくと今後に再度取り組む必要がなく、結局後で払うお金の先払いにも繋がって、時間の効率化にも繋がります。

個人的なことでいうと最近では、世界最大級のオンライン学習サイトUdemyという巷で評判の講座を受講してみました。

僕は思わずクリックさせる魔法のバナー講座 というのを受講したのですが、その他にもあらゆるジャンルについてオンラインで学び知ることができます。

通常の習い事と違って、本来それなりにお金と時間がかかるような講座が、たったの数千円程度で受講できたので、かなりお得でしたね。

学ぶということに変わりはないですからね。

今回の受講では僕の知らなかった「知識」と「技術」が1万円以下で手に入り、それは今後も一生活用できる「資産」となりました。

安いですよね!

といっても僕のように勉強っぽいことである必要もなく、基本的にはなんでもいいと思いますが、とにかく余る予定のお金は、「自分の価値を高めるために使いましょう」というのがポイントです。

先ほども言いましたが、仮に心惹かれなかった場合でも、自分は何に向いているのか、何に向いてないのかを把握することができるので、

その取捨選択が出来るようになるというのも、今後の人生には役立つことです。

ちなみですが、僕の知り合いの中にはこのブログの存在をしっている人もいるのであまり大っぴらにはしませんが、僕には現在、ブログからの収入に頼らなくても生活を続けていけるほどの年収があります。

だからこそブログ運営を割と悠長にやっているというのもあるのですが、これを言っておかないと「実績もないのに適当なこと言ってる」と思われてしまいかねないので、一応お伝えしたまでです。

新卒で就職して、今でもずーっと会社員生活を続けていたとしたら、海外で見た景色、世界の素晴らしさ、それによって得た経験、人脈、不動産やブログの収入、ブログ運営の知識、仮想通貨で儲かった経験、FXで損して博打の怖さを知った経験、プログラミングは学ぶ気が出ないという自己診断結果。

そういったノウハウや、自分の身の振り方の指針になる経験を一切得られていないことになるので、やっぱり貯金していなくて良かったなと思っているところです。

遊びへの投資に回す

ということで何度も言うように僕は「海外で培った体験」がすごく人生の指針になっています。

なぜかというと、自分たちの常識や良しとされる考え方というものが、実は全然スタンダードではなく、非合理的で、思い込みや宗教観に近いようなものだったことに気付けるからです。

そして自分の常識は正しくて、相手は間違っていると感じるのは実は間違っていて、実際は「双方の意見に一理ある」ことだと理解することが出来たからです。

これを理解するのはある程度長期間、そして数か国にもわたって外国に滞在しないとなかなか気づけることではないと思うのですが、ここを知ることで「変な思い込み」がなくなるので、僕の人生にすごく有益な時間だったと思っています。

そんな外国なんて1人じゃ無理だ!特に目標なんかもないし!別に行きたくないし。

という人もいますよね。

だから、そんな人は遊びにお金を使いましょうというのが、この「遊びに投資する」方法です。

美味いものを食べてみる

高級店に行ってみる

知らないセミナーに行ってみる

旅行に行ってみる。

・・・なんでもいいと思います。

その時に一瞬お金は無くなりますが、その体験は必ず自分の体験として、残ります。

ちなみに僕は、半分遊びで飲食店を開業したり、博打に出たりしています。

だから僕って多分、実はお金に執着がないんですよね。

遊びで作った飲食店の経験で、割に合わないという感じで辞めたのですが、それを学べただけでもこれらの経験は良かったと思うのです。

何もしないで後悔するより、やって後悔したほうがいい!とはよくいったものです。

何か行動に移したことから学べるものというのは、思ってる以上に後から効いてきます。

ちなみに僕はここ1年間で、クラウドワークス ポイントインカムビービーなどの副業に興味を持って、実際にやってみました。

こういったものへ登録して見ていくと「副業の捉え方が身についてくる」んですね。

だからそういった副業体験をこのブログで紹介して読者を集めようと、色々な情報を掲載し始めたのが昨年でした。

ちなみにですが、会社は会社が儲けるために従業員を雇って働いてもらいますが、副業や自営業というのは自分が儲けるために働くことという、本質的な違いがあります。

だから合理性を求めるなら、会社の為よりも自分の為に働くべきなのは当然のことなんです。

会社に所属して会社が儲けるために働いてるのに、自分が儲けるために働くのは”悪”だ、という理屈は、全く理にかなっていませんよね。

現代では副業を始める土台が、すごく充実しています。

無理に副業をやれとは言いませんが、遊びというのは転じて自己投資という副業にもなりますので、貯金してお金を貯めこむのでなく、経験に投資しようという話です。

ちなみに、副業に興味のある方は、初心者に分かりやすいゼロからのブログの始め方について記事を書いていますので、興味ある方は読んでみて下さい。

積立投資へ回す

現代では、貯金ではなく投資しよう!という内容の本がたくさん出ています。

沢山の人が同じような内容で本を出すのが絶えないほど、お金は貯金するだけでなく、投資に回さなければ増えないということが分かっています。

一番に良くある話が、毎月定期的に積立投資をしていけば、複利効果で20年後には資産が何倍にも増えますよ!っていう話です。

積立投資は投信積立とも言い、株式や債券などの金融商品を詰め合わせた「投資信託」を、一定額の積み立てをしながら購入していく方法です。

なぜ個別株ではなくて積立投資なのかというと、個別株は値動きが不安定であることで損をする可能性も高いからです。

個別株やFXは沢山の元手がないと稼ぎにくいし、安全に運用は出来ないと、僕は今までの経験で思っています。

まぁ思っているだけで、僕はまだ続ける気満々なんですけどね。

やっぱり僕は、値動きがあった方が楽しい!

・・・という「持ってない男 Mr.T」の話はさておき。

積立投資というのは日々連動するチャートを気にする必要がないですし、コツコツと積み立てるだけなので時間も有効活用でき、リスクも分散でき、損もしにくく、なんだかんだ言って最終的な利回りも最も高くなるんですよね。

ちなみに毎月同じ金額を積立投資に回していく投資法はドルコスト平均法と言います。

これは専門的に研究され、成果が証明されている投資法です。

毎月同じ日に同じ額だけ積み立てていくわけですから、気持ちがあるかどうかがポイントなわけで、はっきりいって誰でもできます。

ちなみに、この積立投資における振り分けを勝手にやってくれるサービスが、投資ロボアドバイザーといいます。

投資ロボアドバイザーの中で有名なのはWealthNaviです。

簡単に言えば、ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムが勝手に分散投資をしてくれるというものです。

約50カ国11,000以上の銘柄に分散投資を行ってくれるので、毎月お金を積み立てるだけで、世界の成長を自分の資産に取り入れることができるようになっています。

このブログでは何度も言っていますが、これからは世界とつながりを持とうとしなければ、経済的に良くはならないんですよね。

しかもこれはロボットが感情に左右されずに、世界経済へ積立投資してくれるということですから、人間よりも安心なわけですよね。

人間の場合はどうしても感情が入ってしまうので合理的な判断を下せなくなりますよね。

積立投資の投資結果ですが、WealthNaviは発足してわずか1年で、この間の年利回りは円換算で19%と予想を大きく上回る数字となっていて、ロボット積み立ての効果を数字で確認することが出来ます。

10万円で開始出来て、月々の積立1万円から投資が可能ですので、「積立投資やってみたい!」

ってことで、僕は自分の好むスタイルではないですが、リスクが小さく、長期間の投資がモノを言う積立投資を、健全な皆様にはオススメいたします。

貯金なんかせずに何かしらに投資しよう!

以上、貯金するべきでない理由を長々と説明してきました。

サラリーマンで今、貯金が思うように貯まらないと感じていたら、上で挙げたような他のやり方をおすすめします。

特に最後の「積立投資」をしっかりやって、それでも余った分を自己投資していくことで、資産も経験もみるみるうちに溜まっていくのではないでしょうか。

そうなったらもう嫌なことをやり続ける必要がなくなって、自由を感じることが出来ます。

資産を構築し、嫌なことをしない生活を実現するには、どこかで必ず、お金に働いてもらう必要があります。

そのためには「お金に対する知識」があったほうが効率が上がります。

お金に関する勉強をするのであれば、ファイナンシャルアカデミーのようなお金の学校で学ぶことです。

ご存知ない方のために説明しておくと、ファイナンシャルアカデミーとは、お金の増やし方について教えてくれる日本最大級のファイナンシャル教育機関になります。

NHKでも特集されており、義務教育では決して教えてくれない、「お金」について学ぶことできる学校です。

もし興味があれば、無料セミナーだけでも受講してみて下さいね!

見この記事で紹介したサービス一覧

1⃣ 世界最大級のオンライン学習サイトUdemy
あらゆるジャンルについて学ぶことが出来るオンラインサイト

2⃣ 思わずクリックさせる魔法のバナー講座
ブロガーやYoutuberにお勧め

3⃣ Wealthnavi
積立投資を勝手にやってくれる投資ロボアドバイザー

4⃣ ファイナンシャルアカデミー(お金の教養プラン)
お金の教養講座へ無料参加OK

5⃣ ファイナンシャルアカデミー(定年後プラン)
50代以上の方向け無料講座

6⃣ ファイナンシャルアカデミー
投資信託の無料講座

7⃣ クラウドワークス
オンライン副業の代名詞

タイトルとURLをコピーしました