起業したいなら必見!ネットビジネスアイデア50選

商売

この記事は、現在750円にてNOTEで販売している記事の抜粋になります。

その為、コンテンツの重要な部分は有料となっています。

こんにちは、砂肝産業です。

僕が本業以外からも収入を得るという目的で、ブログの運営を始めてから、

およそ1年半の月日が経ちました。

その間、副業やブログ運営に関する記事を多く書いてきましたが

更新を続けてくることで、見えてくる世界というものがありました。

スポンサーリンク

今から起業するのにネットを駆使しないのは自殺行為

僕は今まで、店舗運営の他にも、0からビジネスを立ち上げた経験が何度かあります。

この記事を読んでいるということは、これからご自身で商売を始める方もいるかと思います。

そんな方向けに、27歳から7年間、一度も雇われることなく生きてきた僕の

個人的経験からいえる「最大の助言」があるとすれば、

それは「ネットに注力するべき」ということです。

ネットを活用する比率が高まれば高まるほど、

その事業の成功比率も比例して高まる。

つまり「失敗しにくい起業」「成功しやすい起業」に繋がっていくからなのですが、

その理由は、以下の5つです。

ネットを活用すべき理由
小資本で取り組める
在庫がない
利益率が高い
大きな市場
経験が不要

オンラインビジネスの効率が良すぎる理由

さて、上で挙げた5つは、ビジネスをかじったことがあれば概ね賛同出来るものだと思いますので

ここでは、あらためての説明はしません。

とにかく僕が言いたいのは「ネットは効率が良すぎること」なんです。

サイトの開設費用なんてのは、正直微々たるもの。

1年間トータルで見ても、せいぜい1万円はかからないでしょう。

ハッキリ言いますと、1万円をケチることは

将来受け取る1000万円へのチケットを破り捨てるのと同じか、

もしくはもっと酷いかもしれません。

それほどの可能性が、あなたがサイトを開設する行動には詰まっています。

リスクがないのに天井が高いということは、

言い換えれば、短期間で一気に稼ぐことも可能な世界です。

しかも、これは全くの夢物語ではなく、

「ネットで稼ぐ」を経験した人たちにとって

ごく当たり前の日常なのです。

ちなみに僕自身、まだまだこの世界で頭角を現せているわけではないのですが

それでも先月の売上として、家族4人が生活できる程度の収入が上がっています。

アフィリエイトはオワコンと言われていますが

この程度であれば実際のところ、現在でも可能なわけです。

そして何より驚くべきことが、インターネットに乗せたビジネスから収入を得られるようになると

何もしなくてもお金が入ってくるのが普通になるということ。

これがデカイんですね。

もちろん金額は提供するサービスや情報にもよりますが

世界中のどこかの誰かが、

自分の運営するメディアを通して行動を起こすたびに

メールで、(ここまで軽くはないですが・・・)

『今、いくら入りました~!!』とお知らせが来るんです。

一度整えた仕組みがあると、それが日常の風景になります。

そうなると、もうあなたには、全てが見えています。

だから、そこから仕組みを量産することというのは

とても簡単なものになります。

また、そうは言っても

「そこまでお金稼ぎたくないし・・・」という方もいるかと思います。

その人達にとって「やりたいこと」が今後も出てこないという

確信があれば構わないのですが

起業するにも、遊ぶにも、子供を理想的に育てるのにも、

何をするにもお金というのはかかります。

そこを加味せずに、一概に「お金を稼ごうとしない」のは

とても勿体ないことで、非合理的です。

お金に執着しないのではなく、

やりたいことのために、お金を稼ぐべき」なのです。

お金を稼いで、やりたいことを最大限実現したら良いんです。

飲食店をやりたいなら、ネットで沢山稼いでいれば

完璧な食材で、最高の立地で、自分の理想通りの内装で

オープンすることが可能なわけです。

自分だけのオリジナル商品を作ろう!

ということで、ネットビジネスをしよう!

というと、ありきたりではありますが

そもそも何をやればいいか分からないし、

アイデアもないという人が大半なのが現実です。

商売をしたことがなければ、思考は今までの経験に偏っているので

当然、商売思考で物事を捉えられませんから

アイデアも出てこないのは当たり前です。

入ったことがないので分かりませんが

巷のコンサルやオンラインサロンなんかでも、

アイデアを教えるなんてことはやっていないのではないでしょうか?

アイデアがあるなら、自分でやるはずですからね。

ですが実際、アイデアというのは腐るほどあります。

物を売って対価を得る。

これの繰り返しで社会が回っているように

ビジネスは日常の延長なので、アイデアが尽きるなんてことは

基本的には起こらないはずなんです。

人が生きて、生活しているところには必ずビジネスが介していますので

そのビジネスを手助けするためのアイデアは

そこら中に実は転がっています。

それは、オンライン上でも全く同じ。

アフィリエイト(広告収入)は、 自分の商品ではなく

「他人の商品を売るもの」という観点から、

個人的に強くはお勧めしないのですが、

メディア自体を自分の商品として売り出していく「コンテンツ販売」は

これからも可能性に満ち溢れていますし、

それに関連するオンラインビジネスもまた、起業する対象として

抜群の収益性を期待することが可能です。

その理由は、あなたの商品はあなたにしか作れないから、です。

今回は僕が集めた「今作るべきサイト アイデア50選」をお届けします。

不労所得を獲得するために!サイトアイデアをかき集めてみた

さて、前置きが長くなりましたが

これから、僕が思いつく中のサイトアイデアを50個、挙げていこうと思います。

サイトの運営は、いわば自分のお店やオリジナル商品を持つことと同義です。

分かりやすく言うと、あなたが経営するレストランで1万円のコースを販売したり、

あなたのお店でどっかのメーカーが作った商品を販売しても

あなたに残る実質の手取り金額は1000円です。

それは売上があっても出ていくお金も多いからです。

ですが逆に、あなたが作ったウェブサイトで、あなたオリジナルの商品を1万円で販売すると

その手取りは9500円にもなるわけです。

現代社会は「手取り額」で生活をしていく仕組みです。

レストランや小売店で1日1万円、月にして30万円をかせごうと思ったら

毎日10回は販売しないといけませんが、

ウェブサイトであれば1日に1回、売れればいいだけなんです。

だからこそ、利益率の高いサイト運営でサクッと稼ぐことは

今後の人生に大きく幸福をもたらす最良のコンテンツとなるんですね。

それでは、今から50個、説明していきます。

今作るべきウェブサイトのアイデア 50選

1:思い出のお菓子

販売終了したお菓子や、懐かしの駄菓子などの復刻リクエストを受け付け、リクエスト数が一定になった時点でメーカーに復刻依頼をしてくれるサービス。また、リクエストが規定に達しなかった場合、懐かしの味を再現するプロジェクトを立ち上げ、企画実行を行い、レシピを公開する。

2:国別の人気サイト・サービスまとめ

日本の大手サイトが取り扱っていないもので、海外の人達が利用している人気サイトの国・エリア別一覧。サイトの安全性や実際の体験談なども掲載。アパレルやゴシップ系など、引き合いには強弱があるが、海外の最新情報を得ることで新たなトレンドを取り込むことが可能。

3:ランキング総合サイト

ランキングというのは、見る視点によって順位が大きく異なる。例えば「良い会社ランキング」は、報酬額なのか、福利厚生なのか、歴史の長さなのか、人間関係なのか、「何をもって良い会社」と捉えるかで答えが異なるということ。他にも、偏差値を元にした大学ランキングのサイトは存在するが、学生の満足度や就職率なども加味した大学ランキングなどはないので、そういったランキングを独自に作成。あらゆる事象を、様々な角度からランキング化することで、相対的に比較できるようになる。ランキングを見たい需要は根強く、アクセスを集めるのは比較的容易。

4:観光地の混雑確認サイト

日本各地の観光地の混み具合が分かるサイト。コロナウィルスの影響で、旅行や週末のちょっとしたお出かけは混雑を避ける傾向にあるので、今現地にいる人が気軽に状況をレポートできる仕組みは簡単に作れるはず。行政が設置するライブカメラなども組み込めると良い。

続きはNOTEで・・・

ということで、無料でお見せできるのはここまでです。

ビジネスや起業の本質は「思考」です。

だからこそ現代では、その思考法を伝えるコンサルタントなどが多く活躍していますが

思考が正しくてもアイデアがないと形にすることは出来ません。

思考して、アイデアを生み出し、実行して、結果を出す。

このどれが欠けても、ビジネスは失敗します。

だから今回、僕が代わりに思考し、考え付くアイデアの一部を公開することにしました。

ネットビジネスに限らず、これから起業する方にとっては必見の内容ですが

販売は750円と、抽象的な思考だけを伝えるコンサルや、

儲かる試しがない情報商材と比較しても、激安価格です。

アイデアこそ源泉ということもあり、今後売れてきた際に料金は値上げしていくので、

もし興味があれば是非、販売先のNOTEから購入して読んでみて下さいね。

NOTEの購入はコチラ

タイトルとURLをコピーしました