ロリポップハイスピードプランへの変更で起こる変化について

ブログの作り方

こんにちは、砂肝産業です。

このブログは現在、以下のようなアクセス状況になっています。

おかげさまで沢山の方に寄っていってもらえるようになってきましたが、それでもまだまだ数値的には少ないので、もっと情報を流していこうと思っているところです。

そこで今回、とある変更をブログへ加えることにしました。

普段からこのブログを覗いている方はもしかしたら違和感を感じた方もいるかもしれませんが、

実は先日、サイトの表示速度を早くするために「サーバープランのアップグレード」を行ったんですね。

・・・それは、さすがに分からん。

そこで今回レンタルサーバーのプランを変更した結果を、メモ代わりに保存しておきます。

ちなみにこのブログではレンタルサーバーとして、「ロリポップ」のものを使っています。

今まで使っていたのはロリポップの「スタンダードプラン」でしたが、今回より早く表示できるようになる「ハイスピードプラン」へと変更をしました。

現在、ロリポップを使っている方、またこれからブログ・サイト運営を始めようと思っている方はプラン選びの参考にしてください。

ブログやサイトを運営する気のない方にとっては意味のない情報になりますので、良かったら頭に浮かんだキーワードでも検索の上、他の記事でも読んでいっていただければと思います。

ロリポップのプラン変更で起こる変化

スポンサーリンク

ロリポップのプラン変更でいくら変わる?

今までスタンダードプランを利用していた時は、月額500円でしたが、今回プランをアップグレードすることで、倍の月額1000円に変わります。

倍とは言っても元々の金額が安いので、気になるほどでもないと思います。

ブログ・サイト運営で収入を得ようと思うと、費用を惜しむのではなく、かかった費用より多く回収するという「考え方」が重要なので、最初にある程度費用をかけることも大切な場合があります。

とはいっても、収入を得るために行う事業が、たったの10000円で継続できるのは、他の業界の常識から考えても「脅威」でしかないですね。

サイト運営がいかに安全で効率の良い副業か、ここからも分かりますね。

page speed insightsを使った場合

さて、早速ですがこのブログ「砂肝産業」のレンタルサーバーのプランを変更した結果をお伝えしたいと思います。

今回は表示速度を図るために「Page Speed Insights」と「TestMySite」の2つを使ってみました。

まずは「Page Speed Insights」を使って計測していきます。

結論から言うと「早くなりました」

まぁ、当然ですよね。

数値だけではなく、感覚としても「結構早くなったかな・・・」という程度には変化が感じられています。

PCでの表示に限っては、MAXの数値にほぼ近い「98」まで上がりましたので、大満足の結果です。

説明するより見てもらう方が分かりやすいので、詳しい数値は以下の画像を参考にしてください。

変更前「スタンダード」➔変更後「ハイスピ―ド」

PC

変更前

変更後

MOBILE

変更前

変更後

Testmysiteを使った場合

変更前「スタンダード」➔変更後「ハイスピード」

Test my siteを使用しての調査結果は、なんと「変わりなし」でした。

そんなこともあるんですね。

詳しくないので理由は分かりませんので、結果だけお伝えします。

変更前

変更後

結果発表

ということで、今回ロリポップのプランを始めて変更してみて、Page Speed Insightsを見る限り、数値的には若干早くなりました。

ですが、体感的にはそれ以上に早くなったように感じています。

また表示速度だけでなく、今まで遅くてイライラしがちだった管理画面の動きもスムーズになったので、表示速度よりもそちらの方が個人的には嬉しかったです。

ということで、今回のプラン変更は個人的には満足しています。

ロリポップを利用する場合、最初こそスタンダードプランで良いと思いますが、ある程度サイト・ブログ運営が波に乗ってきたら、プランを上げるのがお勧めです。

そしてその値上がった分の費用をサイト運営で賄っていく意識を持つことが良さそうですね。

サイト運営ならロリポップとムームードメインの組み合わせが一番簡単!

当ブログはロリポップの「ハイスピードプラン」で運用しています。

初心者には分かりづらい「サーバー」の仕組みですが

ムームードメインで取得したドメインをロリポップで運用することで、

ワードプレスへの設置も、とても簡単に行えるようになっています。

初心者であればロリポップの「スタンダードプラン」で十分です。

ちなみにドメインは「ネット上の住所」で、サーバーは「建物」です。

建物と住所を紐づけることで、あなたのサイトと社会が繋がれるようになる仕組みです。

上記2つを契約して、好きな文字列のドメインを取得するのが、サイト運営の第一歩。

一通りの手順はこちらで説明しています。

タイトルとURLをコピーしました