記念金貨で稼ぐ方法【売買で倍々】

商売

こんにちは!スナギモのMr.Tです。

もう昼寝はしないと誓ったので眠い目をこすりながらパソコンに向かってます。

最近はあったかくなってきて子供も4月から無事に保育園に入れましたので、僕の仕事もようやく本腰が入ってきています。

令和へと元号も変わるということで、気持ち新たに頑張ろうと思います。

スポンサーリンク

平成から令和へ

さて、そんな今までお世話になった平成から令和へと時代が変わるという事で、それに便乗した商売も増えてきているようです。

新元号というのは今までは天皇が亡くなった時に変わるものでしたが、今年は200年ぶりの生前退位ということで、よけいに一味違った雰囲気となっているかもしれません。

個人的に元号制度が今まで続いていることに良いも悪いもないと思っているんですが、また令和元年からのスタートとなると、

市役所なんかへ行って『あれ?今って平成何年だっけ・・・?』の一瞬の思考(ストレス)が数年間はいらなくなりそうなことは良かったことですね。

国の一大イベントには記念品が発行される

それはそうと、平成から令和に変わる際に何かあるかというと別に何もないんですが、何かが大きく変わるときには記念品が販売され、

ゆくゆくはコレクターの間で高く売れるなんて現象が起こったりするのは、まぁ何となく皆さんご存知かと思います。

それでも確証はないわけですから、記念品を3万円払って買ったら数年後に倍にして買い取ると言われたとしても、3万円は手元に置いておく!と答える人が多いかもしれませんね。

でもそれが確実に損することはないと分かっていたら、どうでしょうか?

よほど現金に困っていなければ、数年待って6万円を選ぶ人も増えるのではないでしょうか。

今回は良いタイミングなので、この時期だからこそ可能となるノーリスク投資テクニックを紹介します。

ノーリスク・ローリターン

僕は自営業を始めて今6年目に入っています。

過去5年間は民宿を運営していたので日銭を稼げましたが、今はその民宿を貸してしまった為、そこから入る家賃がメインの収入です。

基本的に自営業は常に、儲けがないと生きていけない職種だからこそというのもありますが、こういった資金のかき集め方のようなものをひたすら考えてしまいます。

生きていけないというのはご飯を食べることが出来ないという意味で、つまりゆくゆくは死に至る。

まぁ大げさに言うと、そういった意味ですよね。

会社員のように毎月給料は入らないので、とにかく金をどこからか持ってくる必要があります。

これが自営業者にとって”生きる道”宿命。

簡単に言うとサバイバルなんです。

だから小さな会社はノルマが厳しかったり仕事が延々続いたりしてブラック企業化したりすることもありますよね。社長も自分の責任のことのことだから必死です。

会社が儲けないと給料も払えないし、社長が個人名義で借金などしてたら破産しかねないですから。

だから自営業で生きていくと決めたなら、リスクがないものは何でもやるべきだと僕は思うんです。

自営業じゃなくても、リスクがないものは積極的にやることが、人生だと思うわけです。

そこでお勧めな方法がこちら。

天皇ご即位記念金貨を購入する

ということで、天皇が変わる記念に発行される金貨を購入して、数年後に売ったらどう?という話です。

たとえば平成が始まった30年前

10万円で販売された今上天皇御即位記念金貨というものがありました。

当時10万円で販売されたものです。


【記念硬貨】 天皇陛下 御在位60年 記念10万円金貨 昭和61年 【金貨】

10万円で販売された金貨が、現在では安いもので14万円

高いものですと20万円を越えて販売に係っています。

30年で倍近くになっているということです。

大きく儲かるわけではありませんが、銀行に預けておくよりはよっぽどいいですよね。

たしかに1枚では何にもならないかもしれませんが、仮にこれを10枚持っていたら・・・

まぁ、お得ですよね!?

そうなんです、こんなリスクなく倍になる投資はなかなかないかもしれません。

実際に個人で、複数枚購入できるかは知りませんけど!

金貨の売却について

それでも、まだその時になって売れるかどうかは分からない、と思う方もいらっしゃるでしょうか?

そんな石橋を叩きすぎて壊して渡れなくなるタイプの人にも、朗報があります。

この金貨、なんと。

銀行へ持って行けば10万円に両替出来てしまうんですね。

考えてみれば、当然ですよね。

国が発行したお金を、銀行が両替できないなんてことには絶対にならないですから。

つまり10万円以下にはなりえないので、損することが一切ないノーリスク投資ってことになります。

※額面と販売価格が同じ場合に限ります※

この金貨の売却方法として3つあります。

記念金貨の売却方法
  • 銀行で10万円に両替
  • 買取ショップで金として売却
  • ヤフオクやメルカリ等で自分で値付けして販売

このような3種類がありますが、銀行両替は等価交換になりますので、最終手段だと考えておきたいですね。

さぁ、そろそろ買いたくなってきましたか?

この方法は損こそしませんが、そもそも買い手がいない場合は高額で売ることが出来ないので保証など勿論出来ませんが、こういったやり方もあるよという紹介でした。

考え方の参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました