砂肝ってどこの部分?

商売

はい、こんち。砂肝産業Mr.Tです。

ふと砂肝産業の由来を説明しておかないといけない衝動に駆られまして、ご案内しておこうと思います。

砂肝産業って凄い名前ですねと最近言われます。

この砂肝産業は管理人のMr.Tがブログを事業化して生活を楽にしたいと思って始めたものです。

でも何で砂肝?って感じですよね。

まずは砂肝の部位を簡単に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

What’s Sunagimo?

砂肝というのはアヒルや七面鳥、鶏など鳥類の砂嚢(さのう)をさします。砂嚢とは石や砂のつぶとともに飲み込んだ食物を砕く器官のことで、世界各地でいろいろな料理に使われています。日本で一般的に出回っている砂肝は、鶏の砂嚢です。

具体的にはこの紫色の部分です。とれる量が少なくて物凄く貴重に思えてきますね。

砂嚢(砂肝)は鶏の胃の一部です。鶏は歯がないので、食べたものを直接飲み込みます。とはいえ、雑穀などの固いエサは胃の消化液だけでは消化しきれないので、消化液で溶かしたあとに砂や石がため込まれている砂嚢に送られるのです。

砂嚢は食べ物を石や砂を使って砕く器官なので、脂肪はほとんどなく主に筋肉でできています。ですから低脂肪、高たんぱくで、コリコリとした食感になるのです。砂嚢から砂や石をきれいに取り除いて、料理しやすい状態に処理したものが「砂肝」として店頭に並べられます。

https://macaro-ni.jp/49367

・・・とのことです。

要は鳥の体内にある歯の役割をした筋肉!ですね。

ちなみに皆さんは砂肝の英語は何かご存知ですか?

砂肝は英語で

Gizzard (ギザード)です

ギザードってこんなんじゃなかったでしたっけ・・・?。

意外性No.1食材、スナギーモ

焼鳥屋ではおなじみのスナギーモ

コリコリした食感が癖になる好きな人にはたまんない、コショーかけて今すぐ食べたい、メニューにあるとつい頼んでしまう一癖ある食材、スナギモ。

言葉からイメージされるのは血生臭い赤黒い物質

そんな見た目とは裏腹に中身は凄く体に良い。

低カロリー、高たんぱくで栄養満点で凄く良い奴!

そんな皆さんにとって有益なサイトを目指して【スナギモ産業】と名付けたんです。

・・・というのは嘘で。

実際はそんな訳分からん理由ではなくて、事業化するにはたくさんの人に見てもらわなければならない。

せっかくだったらブログのタイトルからもアクセスが入るようにしたいと考えて、何か物の名前にしようと考えたんです。

その物というのはネット上で多用されないような珍しいものが良いなと思ったのですが、

その理由は”モノ”を検索したときに上位に出てくるようになれば

アクセスも入って(砂肝だけに)一石二鳥だ!と考えたわけです。

砂肝を検索したときに上位表示でアクセスが増える・・・検索したときに上位表示でアクセスが増える・・・

すいません、どう考えても一石一鳥でしたね。※砂肝だけに※

しかしまぁ、ブログを始めて4ヵ月ですが、砂肝で検索しても未だに上位にでてくる気配はありません。

これが砂肝で上位表示されるようになると、いつか砂肝で検索をする機会があった人の多くが砂肝産業ブログを嫌でも目にすることになります。

その日を僕は待っているわけです。

だから別に特段の理由があったわけでもなく、別に比較的珍しいモノの名前なら何でも良かったわけでございます。

1年後には砂肝が1ページ目にあがるくらい、熱を入れていきたいですね。

ちなみにですが

このブログは死ぬまでやっていこうと思っています。

ふざけた内容からお得な案件のご紹介、Mr.Tの自己満や社会のお役に立てるもの。

形にとらわれず何でも記事にして、ゆくゆくはヨットでの旅行記なども更新していきたいと企んでいます。

末永いお付きあいを宜しくお願いします。

ペティオ ちぎり砂肝(50g)【ペティオ(Petio)】

価格:314円
(2019/6/27 14:15時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました