海外の大会に日本企業の宣伝が多い理由

こんにちわ、砂肝産業Mr.Tです。

涼しかった7月、暑かった8月も明けて9月に入りました。

ここ横浜では雨ばっかり降ってますね。

最近ふと見た映像が目に入ってきました。

韓国で行われたU-18、野球の国際大会です。

皆さん、この映像を見てこんなこと思ったりしないですか?

スタジアムの中、日本語ばっかりやん!

そうなんですよね、どこの国かって思ってしまうほど日本語で埋め尽くされています。

僕は自分が動くのは好きなんですが、他人がやるスポーツに興味がないので今まで知らなかったのですが、こんな感じなんですね。

今回参加国は12か国ということですが、ほぼ日本語なんですね。

ちなみに今回の開催の集合写真はこちらです。

韓国キジャン

え?日本?と思ってしまいますが、右後ろの方に小さ~くハングルが書かれているので韓国現地というのは間違いなさそうです。

ふとそんなことに気づいてスポーツの国際大会を軽く調べてみたんですが、

そうすると今回に限らず、スポーツの海外での大会に日本企業の宣伝って多いんですね。

一体なぜなんでしょう?

今日はそこを考えてみたいと思います。

理由その1:日本で人気がある種目だから

日本で人気があるとそれだけ見る人が多いから宣伝の効果も見込めます。そう考えると今回の大会だと野球が人気なのは台湾も韓国も、アメリカも同じだと思います。なのでこれだけが理由ではなさそうですが、大きな一因ではありそうですね。

ロシア

理由その2:テレビを見る人が多いから

他の国では人気はあってもテレビで放映したりというのがあまり熱心におこなわれないのでしょうか。個人的な体験として、食事中にまでテレビをつけておく文化がある国はあまりない気がしています。フィリピンなど一部東南アジアは結構テレビ好きなイメージがありますが、日本人にとっては彼らよりもテレビというもの自体にすごく人気がある気がしていますので、他の国と比べて視聴率が高いのかもしれません。

理由その3:この広告スタイルが好き

広告宣伝って色々あります。看板やテレビCM、チラシなんかも昔からある広告手法ですね。このスタジアム内の看板広告が日本企業は他国と比べて、より効果があると思っている可能性もあります。

下の画像を見ると、フィギュアの大会でジャ〇ネットの宣伝の効果はあるのか?と個人的に疑問に思うようなところですが、この位の企業になると金は使わなきゃしょーがない位だと思うので、効果は重視していないのかもしれません。というか企業の役員の立場になって考えてみると自分が好きなスポーツの国際大会に自分の会社の広告を出すことで喜ぶ経営者も多くいそうですよね。そういった意味では合理的な国の企業は消極的な一面があるのかも知れません。

フィンランド

理由その4:大会のスポンサーになっている

大会のスポンサーになることで宣伝を出せるようになる場合もあるかも知れませんね。この場合でも結局、スタジアム広告とセットであるスポンサーに日本企業が多い決定的な理由とはならないので、難しいですね。

理由その5:イメージを植え付けたい

企業のイメージってありますよね。わかりやすいものでなくとも例えばコカ・コーラなら炭酸でスカッとするから、野球のホームランのイメージを・・・とか。可憐で清楚なイメージだからフィギュア・・・とか。

そういうイメージを自然に植え付けさせたいがために宣伝を出すのかも知れません。これだとすぐに結果になるものではないですが、長い目で見たら意外に良いのかもしれませんね。僕たち日本人は人も企業もイメージを大切にする傾向があるというのは僕自身も海外へ行って強く感じたところです。

フランストゥーロン

結果:社長の自己満!?

色々考えてみましたが、結局これが多いんじゃないでしょうかね・・・?

企業の役員の方々が、うちの会社はあそこに広告だしてるんだぞ!と気持ちよくなるための自己満足。

というのも僕が社長だったらそうしたいと思うからです。

良い悪いではないですが、そういう部分も日本人や日本企業の特徴かもしれませんね。

もちろん、ギリギリの状態でこの広告を出そうとは思いませんが、いくら使っても関係ない規模ならちょっとやってみようかと思うかもしれません。

・・・と考えていると逆にマイナーな企業には一定の効果がるんじゃないかとも思えてきました。

例えばここに、砂肝産業と宣伝が打ってあれば、

【なんだ、その変な名前の会社は?】と調べる人が続出しそうです。

信頼度を高めるためという理由も一瞬考えましたが、そもそもここに広告を出せる位であれば既に信頼はあると思うので、あえて書きませんでした。

最後までお読みいただき、ベリーセンクス。

今回も全て、勝手に考えてみただけで何の保証もありません。

一番信頼度が必要なのは自分のサイトだってことですね。

もし裏事情などあるのであれば聞いてみたいところでございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




スポンサーリンク

オススメの副業【時給2,000円!】

Appen
PAGE TOP