本質を見極めよう【ボランティアとオナニーは同じである】

名言

ボランティアって、どう思いますか?

震災や貧しい国で行うボランティア・・・

こういうのって、本当にその人たちのことを考えてやってますか?

考えてるような気になってるだけでは駄目ですよ。

本当に何が必要なのか、自分の立場でどう協力してあげるべきなのか。

そんなことを第一に考えないと、ただの独りよがりになります。

そんな僕は、よくこう思ったりします。

ボランティアとマスターベーションは同義語である

この言葉を聞いて皆さん、どうお考えですか?

よくいるのですが、人生が他人の為にあると言っている方

これは大抵の場合、間違っています。

例えばあなたが今、人生の充実をすごく感じている中、

目の前で自分の足が一本なくなるか、他人の足が一本なくなるか

絶対にどちらか選べと言われたら?

自分の足を選ぶでしょう、当然です。

そして、当たり前です。

だから、自分の人生は必ず、自分の為にあるわけです。

人生を他人の為にある、と嘘をつくのは絶対にやめるようにしましょう。

人生は間違いなく、自分の為にあります。

人のためと自分に嘘をついたことで、自分の発言だけでなく、

他の人も嘘をついているんだと、無意識に他人も信じられなくなってしまいます。

誰か困っている人のためと言いながら始めるボランティアも、結局は自分の為。

誰かが喜ぶ姿を見て、実はただ自分が喜びたいだけ。

つまり、『オナニー』と一緒なんです。

人生は自分の為

こう理解したところから、素晴らしい人生が始まります。

人生とは本来、気持ちの良いものです。

他人のためと嘘をついた、その一瞬はさぞ自分を満足させられるでしょうが、

そもそも気持ちよくなるのは一瞬でいいのですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました