YouTuber向けの動画編集者になるのが今、手っ取り早く稼げる方法とその理由

Youtube

こんにちは、砂肝産業です。

以前コチラの記事で、「僕がYouTuberにならない理由」をまとめました。

Youtubeは盛り上がる一方ですが当時の僕の考えは今も変わらず、参入者が多すぎるし、一企業の采配に収入のメインを委ねるのは心配なので、

これからも僕がYoutuberとして活躍するときはこないと考えていますが、反対に「YouTuberを相手にした仕事をする」というのは、とても良いと思っています。

Youtuber向けの仕事とは「動画編集」のことです。

「動画編集」と聞くと難しそう・・・、プロの仕事・・・と思うかもしれませんが、ブログと同じで、この時代であれば「誰でも出来る仕事」です。

何故そう思うかというと、僕は10数年前に動画編集を遊びでやっていたこともあって、当時ですら「誰にでも出来る作業」だったからです。

動画編集という仕事がこれからおすすめする理由と、実際に仕事を受けるまでの具体的な方法を、今回は説明していきます。

スポンサーリンク

金を掘らずに「つるはし」を売るという戦略

有名なストーリーですが、アメリカのゴールドラッシュの時代に稼いだのは、金を掘り出そうとした人じゃなく、その人たちを相手に商売した人だった・・・という話があります。

つまり、金を掘らないで「金を掘る道具」を売った人たちのことです。

Youtubeは今まさにそんな感じじゃないかと思っていて、増え続けるYoutubeに自らが参入するよりも、その人たちを相手にした商売をしようというのが、収入面でも大きな可能性を秘めていると思っています。

Youtube向けの動画編集の求人に軽く目を通して見ると、動画1本の編集で1万円程度。

週に3回程度の発注が多いような印象を受けました。

となると、こういったYoutuberを2人見つけて、毎日1本の動画を4時間で編集したとすると、いきなり月24万円の収入となります。

4時間の仕事で月24万円は悪くないですよね。

しかも単価は慣れていくにつれ上がるでしょうし、作業時間も早くなりますから、もっともっと稼ぐことは十分に可能だということが分かります。

ということで、「Youtuber向けビジネス」がどんなに魅力かなんとなく分かったところで、ここからは実際に動画編集者になるための方法をまとめていきますので、興味のない方はこちらで閉じてしまってください。

動画編集に必要なもの

まず最初に準備として、動画編集者に必要なものがあります。

就活するときにスーツやYシャツが必要なように、仕事を始めるのに「投資」というのは必ず必要になってきますので、ここは理解しておく必要があります。

具体的に必要なものですが、以下の二点です。

動画編集に必要なもの

・パソコン
・動画編集ソフト

あとはネット環境も必要といえば必要ですが、この時代既に完備しているお宅も多いと思うので、書きませんでした。

場所は自宅で十分ですし、気分が乗らなければカフェや飲食で、Wi-Fiや携帯のテザリング機能などでも作業することが可能です。

そのため、パソコンは軽いものがおすすめですが、必須ではありません。

パソコン

動画編集は作業の容量が大きいので、パソコンはそこそこのスペックが必要ですが、慣れるまではとりあえず今お持ちのPCでやってみることをお勧めします。

今現在パソコンを持っていない方は、新しく購入することになりますが、そのパソコンの元を取るというモチベーションにも繋がりますので、ここは変にケチらなくてもいいのかなと個人的には思っています。

ちなみに僕が使っているのは「LG gram」です。

超絶に軽くて、タフで、大画面なので動画編集にもお勧めできる一台となっています。

動画編集ソフト

動画編集ソフトは色々ありますが、結論は以下の2つにすべきと考えています。

理由は、大半のYouTuberがAdobeでの編集を希望しているからです。

納品データの形式なども指定されていることもあるので、一番有名な「Adobe」を使用しておくのが間違いなくベストです。

Adobe Premium Pro

2つ選択肢を上げましたが、最終的には「Adobe Premium Pro」一択でいいと思っています。

WindowsにもMacにも対応していますし、トップYoutuberの人達にも多く使われているのが、このプレミアムプロだからです。

このソフトなら、問題はまず起こりません。

参考価格:月額2480円

Adobe Premiere Elements

また、この「Adobe Premiere Pro」の初心者向けモデルが「Adobe Premiere Elements」です。

基本的な機能は全て搭載されており、シンプルで使いやすいです。

求人を見ていると、このソフトを希望している方もいるようでした。

参考価格:17,800円

また、このソフトは今後に「Adobe Premiere Pro」にステップアップする場合でも便利です。

両ソフトとも同じAdobeの製品なので、操作性が似ているからです。

動画編集を学ぶ方法

動画編集を学ぶ方法ですが、今の段階で全くなじみがない方にとっては、何も分からない状態だと思うので、手っ取り早く有料講座で学んでしまうことも一つの手です。

もちろん、自分で動画を撮ってみて手探りで進めていくことも出来ますが、「勉強した」という自負があることで、受注する仕事もスムーズにこなせるようになります。

具体的には、オンラインスクールや動画講座です。

ここも初期投資があった方が良いですね。

動画編集を学ぶ方法

動画編集の仕事を探しに行こう

一通り学んだら、早速仕事を貰いに行きましょう。

ここでのポイントは「仕事はやりながら成長する」と理解することです。

頭で考えていることと実際に体験したことのあることでは大きく違いますので、動画編集の方法が「ある程度」分かった状態で仕事を探し始めます。

ご存じの通り、Youtuberは無限にいるので、10人20人に切られたからと言って、仕事は湧いて出てきます。

仕事の探し方ですが、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどのクラウドソーシングサイトに掲載が出ています。

これらは全て登録無料の大手サイトなので、本当に沢山の人や企業が仕事を提供しています。

また、登録して実績をつけていくことで、より単価の高い仕事を受注できるようになります。

一旦実績がついてしまえば、それをもとに直接営業したり、紹介されたりといったことも出てくることになりますので、仕事は雪だるま式に増えていく傾向にあります。

ひたすら仕事を受注して納品を繰り返す

ここまで来たら後は繰り返すだけの作業になります。

慣れて来たら今度は逆に、上で挙げた3つのクラウドソーシングサイトでフリーランサーを募集して、外注化することも出来ます。

例えば「文字起し」や「画像編集」などの動画編集の一部を外注してしまうことで、自分の作業自体は減っていくことになります。

また、そのほかの求人サイトなどでも「動画編集 在宅」などと検索をかけることで、より大きな規模の企業やチャンネルからの仕事も、在宅で受けれるようになります。

企業からの受注まで来てしまうと、毎月の収入はかなり安定することになりますね。

YouTuber向けの動画編集を、実際にやってみよう!

ということで、「Youtuber向けの動画編集者になる方法」を紹介しました。

Youtubeは大きな波に乗っているサービスなので、これからも引き合いはあると思いますし、パソコン一台で稼ぐという経験を持つことで、新たな仕事を始めた時にも大いに役立つので、一石二鳥どころか、三鳥、四鳥・・・と付加価値を高めていくことも可能です。

何度もお伝えしているのですが、個人的には「Youtuberになる」ことはお勧めしていません。

多くの一般人にとって「Youtuberから仕事を貰う」方が稼げるし、生活も安定するのは「再生回数数万以下の、沢山の埋もれたユーチューバー」を見れば明らかだと思いますので、これからは「動画編集者」としての一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました