ホームレスにお勧めの商売

こんにちは、こんばんわ、砂肝です。

ホームレスという言葉を聞いて、皆さんはどうお思いですか。

汚い、髪が長い、貧乏、公園住まい・・・

色々あると思います。

ただ、僕は思うのです。

ホームレスの人、もちろん全員ではないですが、多くの経験者は人生を達観しているだろうということです。

ホームレスは家がない神様である

神様って何でも知っているから、神様ですよね。

そう考えるとホームレスの人の一部は神様に最も近い存在なのではないかと思うわけです。

これだけ聞くと、ヤベー奴だな砂肝は。って声が聞こえてきそうではありますが、満員電車に毎日揺られて苦しそうに会社へ出勤するサラリーマンより、毎日キャンプして自給自足してるホームレスの方がよっぽど自由がありそうな気がしてしまいます。

まぁ勿論、本人が幸せならサラリーマンでいることが素晴らしいとは思いますけどね。

この日本、仕事を選ばなければなんでもあるこの裕福な国でホームレスを選ぶということは、経済的な問題ではなく、趣向の問題じゃないかと思うからです。

ホームレスっていうと何かマイナスなイメージが出てしまいますが、ホームレスって要はヒッピーですよね。

日本では元々ヒッピーやってた人が年食ってそのままホームレスになるような気がするのですが、違いますか?

海外ではとらえ方も違うとは思いますが、前にロサンゼルスに行ったときに見たホームレスの集落?は凄かったですよ。

なにが凄いって、ホームレスが格好良いんですよね。

もう本当、映画から飛び出してきました見たいないで立ちで、なんだ意外に楽しそうに生きてんじゃん!という感想でした。

バングラディシュのスラムへ行ったときも、線路の傍に延々スラム街が続いていましたが、一大コミュニティになっていて、なんかみんな幸せそうだなぁと思いました。

人の雰囲気だけで判断するならば、日本で毎日ヒーヒー言いながら通勤するサラリーマンより、このスラムの人達の方が圧倒的に幸せそうに見えましたね。

ということで正直、日本でホームレスやるのって楽しいとさえ僕は思っています。

だって、食べ残しはいくらでもあるし、場所を選べば冬でもそこそこ暖かいし、治安も良いし。

キャンプが好きだからホームレス生活も楽しめそうって内心思ってる人、実は結構いると思っています。

皆さんはもし明日からホームレスやれと言われたら、何が一番嫌ですか?

僕は何より、世間から白い目で見続けられてしまうのが嫌なんです。

これがホームレスをやらない一番の理由といっても過言ではない位で、例えば僕がザ・西洋人みたいな見た目をしていて、外国からやってきて、別にこの国の人達からどう思われても関係ねーやぁ!と割り切れるなら、ホームレス生活もやっていたかもしれません。

そもそもインドなんか行ったら一般の人でもホームレスのような生活してますから、バックパッカーはあまり抵抗ない人も多いでしょうし、僕の様に興味を持っている人、実はかなり多いのではないでしょうか。

そこでですね、僕は気づいてしまったわけです。

これ、商売になるな・・・と。

ホームレスにお勧めの商売

以前、こちらの記事でAirbnbを紹介しました。

Airbnbは基本的なスタンスは個人と個人をつなげる宿泊予約サイトですが、実は体験を販売することも出来るんです。

そこで断言します。

ホームレス生活を体験したい人は必ずいる!

そう、ホームレスの1日を体験として販売すればいいんじゃないかということですね。

これ、提唱したのは僕、Mr.T以外にはいないと思うので、砂肝メソッドと呼んでください。

Airbnbはいろいろな体験を申し込むことが出来ますが、東京だと写真撮りに行きましょう系や秋葉原行きましょうなど、なにかを見に行きましょう系が多そうです。

そこで、ホームレス生活を体験しよう!と言ったら外国人から予約が殺到すると思います。

僕もそういう体験を、海外でしてみたいけど、危険度を考えるとなかなか出来ないですからね。

治安のよい、比較的に豊かな日本でホームレス生活をあえて続ける人にどういった考えなのか、どういう経緯があったのか、聞いてみたい外国人も多いと思います。

他の体験と比較しても、お茶を擦ったり、花を植えたり、そういうマドロッコシイ楽しみは多くの人にはなかなか理解されにくいと思うので、この位分かりやすければ、もうこれは入れ食い間違いなしですね。

幸いホームレス商法はまだなかったです。

この砂肝メソッドを使えば、ホームレスでも月収50万、ぜんぜんいけると思います。

1泊、ホームレスの生活体験料金が1人15000円、毎日1人で月45万円の売上。

あとはワンカップ売ったり、一緒に空き缶集め(上がった収益は仲良く半分ずつ)したり、こんな感じで月50万円の収入となります。

なんだかんだいっても人は人を助けたいという気持ちが根底にはありますし、人を助けることで自分の立ち位置がどれだけ恵まれてるか確認したいっていう心理が、実は多くの人にはあるわけですから。

そういう方からホームレス体験の予約があったら、ニコニコしながら料金払ってくれますよ。

たとえその金額が結構張ったとしても、私はホームレスの生活を手助けしたという自負で満足して帰宅するでしょう。

そういった人はホームレスに低評価のレビューをつけることは少ないでしょうし、人は他人と違った特別な体験をするとつい人に知らせたくなる癖がありますので、評判が評判を呼びます。

本当に食に困ったら、僕ならやる

少なからず住む家と家族がいる僕でさえ困ったらやるのに、既にホームレスの方々はやらない理由ないでしょう。

日本の国際交流は、国内の常識にとらわれないホームレスの方々からやっていって頂くしかない。

こんな記事を書くと、またMr.Tは危ないことを言い出したと嫁さんに思われてしまいますので、ここだけの秘密にしておきます。

やってみたいホームレスの方はこちらから登録できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アンケート

今話題の副業【時給2,000円!】

Appen

Appenに関する掲示板

PAGE TOP