【外出自粛】在宅応援サービス一覧はこちら【コロナ対策】

結婚のメリット

体験談

こんにちは、砂肝産業、Mr.Tです。

最近、パソコン画面の見過ぎで目が疲れやすくなっています。

家事育児しながら、副業しながらのブログの更新はなかなかハードです。

そうです、何度もお伝えはしていますがMr.Tは、専業主夫のオッサンでございます。

とはいえ、現在でも年収は500万円ほどあるので、なんとか生きていけるみたいなところはあります。

黒字だった商売を辞めて、年収が3分の1までガクッと下がったときは結構落ち込んだんですが、人生意外となんとかなるもんです。

自分で何とかしないといけない状況にしないと、人間ってなかなか変えられないと思うので、嫌な仕事なんかさっさと辞めて、

自分の力で生きていかないといけない状況、を無理にでも作っていくというのは、

若い時には結構大事なことなんじゃないのかな、と思っています。

若いうちなら失敗して自分には無理だと悟っても、また就職すれば済む話ですからね。

というかですね、良くも悪くも日本という国は選り好みさえしなければ就職先はいくらでもあるところなので、

勿論、嫌なところもありますが、日本という国に生まれたことは感謝しているし、

逆にこんなにも恵まれた状況で嫌々人生を過ごしている人は、

貧しい国に生まれて、頑張っても人生を変えられない人たちに、とても失礼なことだと思います。

アフリカの子どもたちが聞いたら怒りますよ。

なら、立場変わってくれよと、そう言われるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

ブログ更新を毎日続けています

それほそうと、このブログは変な話、本業のつもりでやってはいるのですが、

やっぱり多少アクセスが増えた程度では収入にならないので、ここらでドカッと増やさないといけないと思っています。

ブログの一部記事を有料化してからアクセス数が大分減っているのですが、

そのこともあって、良い記事を量産していかなければ・・・と危機感を感じています。

一応ですが、有料記事は金額分以上の価値を既に紹介していると思っているので、

今後も無料記事を中心に、たまには有料記事も出していこうと思っています。

このブログはあと40年間続けていこうと考えていますので、引き続きよろしくお願いします。

ブログ運営は家族との関係が大切

さて、僕がブログを続ける理由を軽くおさらいしておきます。

それは、簡単にいうと事業の場としてインターネットが凄く魅力的だからなのですが、

元々アウトドア志向の人間にとっては、家でひたすら画面とにらみ合いを続けていくのは、結構大変なことだと実感しています。

家でじっとしてるのが、なんだかんだ一番疲れますね。

それでも外に働きに出ている妻と我が子を見ると、どうにかしてブログを軌道に乗せなきゃという気持ちになります。

今これを読んでいる方に将来結婚するかどうか悩んでる方もいるかもしれません。

僕は結婚して6年経ちますが、年々家族との関係は良くなってきています。

結婚したばかりのころが一番、大変だったしストレスがたまっていたと思います。

それでも関係が好転した理由を考えながら、今日は結婚のメリット・デメリットを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

結婚ってした方がいいの?メリットとデメリット

僕自身、結婚生活には満足しているのですが、たまに1人もいいなぁ~と思ったり、

結婚したなかったらどんな人生だったかな~と回想する中で、

果たしてこの時代に結婚とはどうなのか?

良いのか悪いのか・・・?

過去6年間の結婚生活を振りながら、そんなことをまとめてみたいと思います。

メリットとデメリットを箇条書きで、まずは紹介したいと思います


結婚のメリット

家族という親友ができること 
一人じゃない安心感 
子供が作れる 
とにかくなんかいい 
馬力が倍になる 
何気ない幸せを感じる瞬間がある

結婚のデメリット

一人の時間が圧倒的になくなる 
遊び相手が減る 
仕事だけに熱中することが出来なくなる 
節約がしにくい 
歯車がずれると暗黒の人生になる 
どちらかが感情の抑制を出来ないと関係が悪化する


ということで、基本なことを書いてみましたが、これ以外にも

もう数えきれないくらいメリットデメリットあると思います。

僕が結婚して良かったと思う時は、わりと自由にさせてくれる相手だったからです。

世の中の多くの女性は結婚したら相手を縛ると思いますが、

縛られすぎると緩みたくなるのが、人間ってもんじゃないでしょうか?

とはいいつつも、自由にさせてくれたら調子に乗る男もいるので、

そこらへんは何とも言えないのですが、

【 性格が良い人と結婚する 】

なんだかんだでこれが一番大事なポイントなのかもしれません。

結婚前に相手を好きになるのって見た目が好みかどうかもかなりあると思いますが、見た目は変わります。

それどころか、若いってだけで、男も女も可愛いものですからね。

若いっていうのは、それだけで才能なんです。

若いってのは素晴らしい!

だから若いうちに結婚しないと売れ残るわけですが、だけど問題になるのが、

結婚って結婚して終わりじゃなく、むしろそこからが新しい人生のスタートだということです。

見た目で好きになるのって正直、初期の頃がピークですよね。

結婚したら好きという気持ちが薄れるのはまぁ多々あることだと思うのですが、

そこで良い関係を続けていけるかどうかは、結局相手が人間的に良い人かどうか

これが大きいのではないでしょうか。

子供が出来たらまた、関係も変わります。

デメリットの方で書きましたが、結婚って、どちらか一方が感情のコントロールが出来ないと、どんどんと関係が崩れていき、簡単に修復不可能になります。

相手は自分と同じではないですから、自分の常識と違う部分が出てきたとき、

相手を受け入れることを意識していないと、必ずストレスになります。

相手と自分とは違う人間だと意識し、受け入れる。

気にしない努力も必要ってことですね。

ポジティブな、諦めの境地に達するしかないと思います。

嫌なことがあった時に、もう別にどうでもいいや!

と、割り切ってしまうことで必要のない喧嘩もなくなるはずです。

ただ、結婚したら少なからず家族を顧みることが必要ですよね。

そのため、何か人生で成功したい!!と思ってる場合は、

独身であれば、家族に使う時間がないので、仕事に使えるという特権もありますが、

既婚者も逆に、責任や貢献をバネに出来るみたいなところもあるので、

どっちもどっちかもしれませんが、物理的な時間は少なくなるのは間違いないところです。

結局、メリットもデメリットも、思い込みなところがありますよね。

良いも悪いも考え方次第

僕の好きな言葉にこんなのがあります。

21世紀最大の発見は
考え方次第で幸にも不幸にもなることが分かったこと

ポジティブシンキングでいるしかないということです。

喧嘩して、嫌だなぁ・・・と思いながら一緒に暮らすのは苦痛ですし、

そこまでいくと、どんどんと泥沼にはまっていくだけです。

嫌なことは絶対にあるのですから、鈍感になることが必要ですね。

嫌だ嫌だと思っていると悪化する一方ですが、

気にしない気にしない、と思っていると案外、夫婦関係はうまくいくものです。

僕は結婚当初、辛いことが重なって、結婚したことの全てを嫌に感じてしまう悪循環に陥りましたが、

諦めの境地に達したことで関係が劇的に改善し、今では家族を凄く大切に思ってます。

ここ数年間、僕の人生は全て、家族最優先です。

周りにどう思われようが、家族を喜ばすことを第一に考えて生きています。

正直、家族以外の他人はどうでもいいとさえ思ってしまっています。

ここまでいけば家族関係は大丈夫です。

結婚したら、仙人のような感情を持つことをお勧めいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました