韓国の育児手当【二重にもらえる】

こんにちわ、砂肝産業のキムチ野郎、Mr.Tです。

何度もお伝えしていますが、僕の妻は韓国人です。

昔日本にやってきた韓国人の子孫の、いわゆる在日の方ではなく、韓国で生まれ韓国で育った生粋の韓国人です。

もっというと結婚するまでは一度も日本へ来たことのなかったリアルコリアンですね。

日本と韓国は政治的にはすごくバチバチですが、世界各国と比べても文化的、精神的な共通点も多く話が合うので、生活を共にしても違和感がない人達だと思っています。

世界を見わたすと隣の国と仲が悪いというのは当たり前の事実で、利害関係もあれば歴史的な感情の部分もあるでしょうし、自分と同じような存在に嫌悪感を感じるDNAが人間には生まれながらにして備わってるのかもしれませんね。

僕自身は世界中に友人がいますが、韓国にも沢山の友達がいます。

なので韓国へ行くと毎回もてなしてもらって楽しい気持ちで帰ってきて韓国人と結婚して良かったと思う反面、

日本で普段生活をしていると韓国をよく思っていない人やメディア、国などから不快な気持ちにさせられることがあるというのはデメリットだなと感じています。

そんな良いところも悪いところもある国際結婚。

韓国に限らず、例えば地球の裏側で生まれたような人と結婚したら里帰りがキツイとか、日本に帰りたくなるとか、話が合わないとか、それはもう色々あることと思います。

国際結婚は日本人同士と比べて良いところも悪いところも増えるとよくいわれますが、今回はあまり知られていないかもしれない、経済的な得をピックアップしてみたいと思います。

日韓双方から育児手当を受ける

今回のタイトルはそう、韓国の育児手当についてです。

正確には日本に住んでいながら韓国の補助金をもらう方法ですね。

よく海外に移住した日本人の補助金受け取り事情を聞いたりするとその金額の大きさに驚いたりすると思いますが、

今回はあくまで韓国人と結婚した僕が知ってる方法でしかないので他の国のことは分かりませんが、国際結婚した人や海外に在住している人はもしかすると国によっては支給を受けられるかもしれませんので、一度調べてみることをおすすめします。

もし他の国の事情が分かる方はそれも記事にできますので、おしえてくださいね。

ちなみに基本的に外国人同士の間に生まれた子供は、成人する年齢位までは二重国籍となり、二重国籍を認めていない日本のような国の人との間に生まれた子供の場合は、その一定の年齢までにどちらの国籍を取るのか選ぶ必要があります。

そんな中、日本にも韓国にも育児手当にあたる制度がありますが、日本は国外在住者には育児手当が出ない反面、韓国は国外に在住していても住民登録番号という日本でいうマイナンバーへの登録があれば世界中どこにいても、外国から育児手足を別に受け取っていても手当てを受けることが可能です。

このことから韓国人と結婚して日本に住む場合は、双方の国から育児手当が受け取れることになります。

つまり受け取りの条件はこういうことですね。

・日本から育児手当を受ける条件は日本に住んでいるかどうか

・韓国から育児手当を受ける条件はマイナンバーを有しているかどうか

この違いです。

こういった背景から外国人の手当てや補助金の受給がニュースに上がったりするわけですね。

日本でも外国人の育児手当や補助金の受給をよく思わない人が沢山いるようですが、こういう制度だから外国人が手当を受け取るのは当然の権利であり、不正なわけではないんですね。

つまり外国人のくせに補助金受給して・・・と批判をする人というのは怒る対象を間違えていて、お門違いなわけです。

僕の友人にネパール人やフィリピン人が何人もいるのですが、皆きちんと条件に合致して、育児手当や補助金を申請して受け取っています。

さきほどの話ではないですが、ネパールなんかで一人につき15000円の収入があれば補助金だけでかなりの生活補助になりますから、母国の家族に送金したら喜ばれるでしょうね

(参考:ネパールの平均月収=1~3万円程度)

韓国の育児手当事情

それでは今から、韓国の育児手当事情をまとめたいと思います。

育児手当

0歳〜5歳までの家庭で育児をする場合にもらえるのが韓国の育児手当。

所得水準に関係なく保育料、乳幼児授業料、保育サービスのサポートなしで、家庭で乳幼児の世話をしている場合にサポートがあります。

韓国国籍(二重国籍)を有する者で、住民登録番号(マイナンバー)を発行された児童に対してのサポートということです。

外国に在住の国籍保持者は出国後3か月まで支給。

3か月に1回出入国をすることで自動延長される仕組み。パスポートの出入国記録で確認されるので、延長手続きは不要。

0〜12ヶ月:20万WON

12ヶ月〜24ヶ月:15万WON

24ヶ月〜86ヶ月:10万WON

児童手当

0歳〜6歳までの全ての韓国国籍(二重国籍)保持者に支給。 外国に在住の韓国籍ホルダーは出国後3か月まで毎月支給。なので3か月に1回出入国をすることで自動延長される仕組み。パスポートの出入国記録で確認されるので、延長手続きは不要。

金額:10万WON

支払日は?

日本の育児手当は4か月に1回まとめて支給されますが、韓国では毎月です。

毎月25日に地域を管轄している役所で登録した銀行口座に振り込まれます。

特例はある?

育児手当には手当の金額が増える特例があります。

子供に障害があったり、特定の田舎や過疎地(農協特別地域)に住んでいた場合には特例がありますので、各役所にて相談してください。

児童手当に特例はありません。

砂肝一家の場合

ということで砂肝一家の場合の実際の金額を計算したいと思います。

砂肝一家は現在、大人2(日本&韓国)、幼児1(2歳)の3名です。

状況としては日本に在住し税金や保険料を納めながらも韓国にも住民税を払い続けています。

これによって以下の育児、児童手当が支給されています。

① 日本の育児手当 : 15000円

② 韓国からの育児&児童手当 : 20000円(≒200000ウォン)

日韓双方から合計、35000円です。

先月娘は2歳になったのですが、それまでは40000円の大台に乗っていたので少し残念・・・。

35000円だとそこまで大きな金額ではなくて、使い方によってはすぐ消えてしまいますが、例えば物価の安い国なんかへ住むようになれば手当もより効果的になってきますね。

また、これは1人当たりの支給額となっていますので、来月に第二子を出産予定の砂肝家では手当が倍増します。

子供2人(0歳&2歳)の場合

・日本から15000円×2名

・韓国から30000円&20000円

これらの合計ということで、つまり一ヶ月に8万円が育児手当として毎月入ってくる計算となります。年間にして96万円の収入、しかも非課税!!!

このくらいになると大きな金額だと感じてきますね。

こういうのは比較するとキリがないのですが、日本や韓国よりも育児手当が大きい国はちょっとググればいくらでも出てくるので、そういった国の条件に当てはめることが出来れば、それはラッキーなことですね。

ということで、今回は韓国人と結婚した人向けの記事になってしまいましたが、国際結婚や外国在住者の人は是非一度、滞在国の制度を確認してみてくださいという話でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




スポンサーリンク

オススメの副業【時給2,000円!】

Appen
PAGE TOP