鼻毛って抜いてもいいの?

コニャニャチワ。

溢れ出すダイナマイトボディ、砂肝産業です。

皆さん最近鼻毛の伸び具合いかがですか?

年齢を重ねるにつれて鼻毛って気にならなくなりませんか?

多少でてたからといってだからなんだと思ってしまう自分に少し幻滅しますが、まぁ大人の余裕と捉えるようにしたいと思います。

さて、顔の真ん中にある鼻。

どんなにきれいな形の鼻であっても鼻の穴の外に鼻毛が出ている場合はきれいに見えませんよね。

それほどインパクトの強いものが鼻毛です。

数ある毛という毛の中でもかなり主張の強い毛に分類されるんではないでしょうか?


時々鼻の外に外出する鼻毛。行ってきますも言わないで勝手におかえりすることも頻繁にありますよね!

瞬発的に抜いてしまう方も多いわけですが、実際引いたり抜いたりしても大丈夫なものなのでしょうか。

一般的に我々アジア人にとって鼻毛が鼻から出始めるのは中高年以降だと言われたりします。

30 代まではおとなしく節度を保っていた鼻毛。

40 代になって、徐々に長くなり始め、ほったらかしておくと 1 センチも長くなります。

実はこのような現象は男性ホルモンの変化のために起こるものと推測されておりますが、事実が明らかになったわけではないんです。

美しいと言うには少し抵抗のある鼻毛は私たちの体にとって重要な役割をしているのはご存じの方も多いかもしれません。

まず鼻は私達の体に空気が入ってくる通路ですが、鼻毛があることで空気中に散らばる比較的大きな粒子の異物をシャットアウトすることが出来ます。

つまり鼻は空気清浄機のような役割をしてくれますが、空気清浄機を屋外に出して使うことがないように鼻毛もきちんと室内で稼働させるべきなんです。。


そんな鼻毛を抜くようになると、実は危険な結果を招くこともあるそうです。


鼻毛を間違って抜くことで鼻に炎症が生じ、これが脳まで影響を与える可能性があるからです。


顔には、危険な三角地帯(Danger triangle of face)と呼ばれる部分が存在します。


顔の中心部に位置する部分であるが、鼻もその部分に含まれています。


このトライアングルは脳と接続された太い血管のことをさしますが、この血管は血液の逆流を防ぐ弁の力が弱く、鼻の周り
の血液が心臓に流さないことで逆流する恐れもあります。

このように、万が一起きる危険な状況の予防のために、鼻毛は、出来れば無理やり抜かないのがいいのですね。


つまり鼻の外にこんにちはしてきた鼻毛さんは、はさみや鼻毛カッターで整えましょうというところです。


奥深いところにある鼻毛まで除去すると、空気清浄機の機能が低下する可能性がありますので、鼻毛を切るときには手前側の鼻毛だけをカットするのが良しとされています。

皆さんも鼻毛の切りすぎにはご注意くださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




スポンサーリンク

オススメの副業【時給2,000円!】

Appen
PAGE TOP