地方移住にためらう理由

久々に昔のブログを見返していると面白い記事を見つけました。

⇩⇩⇩

地方は結局「若者」を排除して自ら衰退する @東洋経済の記事

どうもこんにちわ。砂肝焼きすぎて砂になる、Mr.Tです。

田舎への移住・・・山の中や海の近くで毎日のんびり・・・。

仕事で消耗しすぎたり病んでしまったりするとついつい考えがちですよね。

田舎って良いですよね。口うるさい上司もいなければ深夜近くまで続く厳しい残業もない、そんなイメージがあります。

田舎って、良いよね!

僕は田舎の自然が好きですし、ゆるい空気感の中に身を置くのも心地よくて大好きです。

また機会があれば住みたいなぁと思いますし、田舎への移住のアンテナは毎日張ってはいる状態です。

田舎に長くいると、別に人生このまま終わってもそういうもんだよねぇ~。みたいな感覚に陥るときがあります。

それに気づいて恐ろしくなり、ヤバいヤバいと気を引き締めなおすってことが何度もありました。

まぁ田舎といっても色々あるので一概には言えないのですが、僕にとって田舎移住は年齢的にも金銭的にもしんどくなってくるお年頃なので、一か八かでギャンブル感覚では行けず、結構真剣に考えてしまいます。

ちなみに僕は都会(23区)にも田舎(村レベル)にも海外にも住んだ経験がありますがそんな僕が感じる、地方移住に尻込みする理由ってのがいくつかあります。

この東洋経済の記事は僕の考えを的確に表現している内容でしたので、今回紹介したいと思います。

記事自体は2年以上前のものですね。2年前は僕も田舎に住んでいたので、随分納得しながら記事を読み進めた記憶があります。

僕、個人的な意見としては田舎はすごく面白いところだと思っていますし、特に今、仕事以外に何もない人にとっては魅力的で可能性にあふれた土地だとも思っています。

田舎でも観光地になるような可能性がある場所なら商売しても凄く面白いですし、張り合いも出てくると思います。

そこが僕にとっての一番の魅力かもしれません。

ただし、田舎には田舎の残念なところが多く存在しているのも事実です。

だからこそ田舎は過疎化している訳ですし、僕が思う田舎のデメリットが解消されない限りは人は戻らないし、衰退する一方だと考えています。

これが田舎の現状だ!

いつかどっかの記事で見かけてパソコンに保存してあった古い画像ですが、これが今の田舎や社会の現状をすごく分かりやすく表していて面白いです。

images (3)

この画像、棒人間(若者)が何人も力を合わせて年寄りを支えます。若者が束になって支える年寄りを、また別の年寄りが車に乗って轢いていく・・・

まさに今の日本を表してる。痛快というか面白いというか。

こんな明快な絵を描ける人、天才としかいいようがなくないですか?

年金問題や高齢ドライバーの事故多発も、まさにこんな感じですね。

昔僕が宿をやっていた時に泊まってくれたアメリカ人のお客さんはこういっていました。

“日本は老後に住むのは良さそうだけど、若者が住むには住みにくいところ”

本当にそう思います。今の日本はTHE・老人のための国です。

東京や大阪では感じづらいですが、日本の田舎って実際かなりヤバいです。

本当に老人ばかりですし、昭和から時が止まっています。

田舎の社会に居残るような若者はコミュニティが小さい分、価値観が狭くなりがちですから、地域の為になるのは地域行事への参加だ、草刈りだ、消防団だ!みたいな固定観念を持っています。

だから地方は衰退していく訳ですが、これを続けたらどうなるかまで考えている人は田舎には残らない。いわゆるデフレスパイラルってやるですね。

でも本当は、今まで自分中心でやってきた一部の声がデカイ年寄りの考え方がダメなだけであって、正しい方向性の考えを持ってる人も実は多くいるんですよね。

だけどそういった考えを持てるような人って他人の意見を尊重する力がありますから、自分の意見だけを押し出して声を張り上げたりはしない。

だからいつも保守的で間違った既得権益にまみれた老人とそれに付いていく若者に船のかじ取りをとられてしまう。

舎の残念なところ

田舎は上に挙げたようなところが現状ですが、他にも残念なところ、ありますよね。

1:地域社会のうっとうしさ

例えば先ほど軽く触れた地域全体の雰囲気について。

誰が喜ぶのか分からない町おこしや自分達の首を締めるだけの組織を無駄に作りたがる。それらを名目で大して乗り気でない人も巻き込んで会費を徴収、何に使うかと思ったら会議後の飲み会費用。

こんなの家で出前でも取ってYoutube見てた方がよっぽどマシだと思いますが、その出前をとることも田舎ではままならない。

2:不便

ちょっと外食に行こうにも車で30分かかるし、外食後にちょっとウロウロするようなショッピングモールもない。

不便というのは自発的に楽しむ姿勢がある人には関係ないかもしれないですが、それが出来ない大勢の人間にとっては苦しいところです。

だから家族引き連れて田舎への移住は誰かが退屈な人生を送らせてしまう可能性もあるので、そういった意味ではリスクがありますね。

3:行くところがない

基本的に田舎は行くところがないです。僕が田舎に住んでた時は月に2回くらい旅行に行ってましたので、支出が凄くありましたし、土地が有り余ってるので無駄に大きなものを衝動買いしたりして物がどんどん増えていきます。

4:空港が遠い

多くの人にとってそんなに関係がないかもしれませんが、遠方の国内旅行や海外旅行が身近に感じるような人はこれ結構キツイと思います。日本から外国へ行くよりも自宅から空港までの方が時間がかかるっていうことが普通に起こります。

5:老ける

田舎って刺激がない分、老けるのが早いと、田舎に住んでいた時に感じました。見た目も気にする必要がない分、僕も妻もどんどん老け込んでいきましたし、他の周りの若者も、おおよそ同世代には思えないほど老けていました。特に女性はそれが露骨に表れていた印象です。

世界は勝ち負けで成り立っている

僕達が生きてる世界って結局、誰かが勝てば誰かが負ける世界なんですよね。

負けたらどうにか勝つ方法を考えて実践しなきゃいけないし、今勝ってても
今後負ければ今までのやり方を見直さなきゃいけないですよね。

その競争の繰り返しによって町に活気が生まれて結果的に町が生きてくるものだと思います。

田舎は全般的にその競争心に欠けると思います。

僕は観光という側面で見てしまいますが、競争がないと活気が生まれず、活気が生まれないと客足が遠のくので、競争心が凄く大切だと思っています。

田舎は皆で一緒に、皆で同じように・・・が都会よりも強いです。人が少ないのが理由の1つなので分からなくもないのですが、だから田舎はより田舎になっていきます。

ここでの問題は田舎には保守的な人が残りがちで、上昇思考のある革新的な人は外に出てってしまうこと、それによって町が腐っていくことにあると思います。

田舎というよりも全体的に言えることですが、日本は年寄りが得をしていて、働き盛りの若者は彼らの価値観が年の功の結果だと、疑うことをあまりしない。

上で上げた東洋経済の記事で、こんなことが書かれてました。

⇩⇩⇩

結局、上役たちが欲しいのは「地方に必要な、いい若者」ではなく、自分たちにとっての「都合のいい若者」なわけです。上役の好き嫌いではなく、有能である人材を認め、役割を渡せるかどうかが、地方の未来を分けていきます。

そう、こういうことなんですよね、結局。

年寄りの人達も自分の人生がまだ残っているから若者に負けるわけにはいかない。

だから都合のいい若者を優遇する、考えてみれば至極当然ですね。

例えそれが将来に悪影響を与えると分かっていても、口では地域の為と言いつつも、実は自分の人生が平穏無事に終わればそれでいいわけです。

僕はそんなにピュアな心の持ち主ではないので、地域の行事に参加しろとか言われると強制的に年寄りや地域に貢献させられてる気になってしまい、気をもんでしまうんです。

僕自身、本当はボランティアもしたいですし、人の役に立ちたいと思うのですが、それが強制的だと分かった時点でやりたくなくなるんですね。

多くの人にとってそれが素直な気持ちじゃないんですかね?

まぁ、そんな理由から田舎に住みたいけど、少し尻込みしてしまうっていう今回の話でした。

是非、上で紹介した記事も最後まで読んでみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アンケート

今話題の副業【時給2,000円!】

Appen

Appenに関する掲示板

PAGE TOP