韓国のレゴ【oxford】

オススメ商品

こんにちは、本格的に梅雨真っ只中。

洗濯物がクサいクサい♪

こんにちは、こんばんは、砂肝産業です。

ゴールデンウィークに韓国へ行って買い付けた、個人的趣向の偏った商品達も大半が売れて、残り僅かとなってきました。

スポンサーリンク

買ってきた商品は大半が売れましたが・・・

今回初めて、売るために買うという経験をしてみましたが、なかなか難しいですね。

安いものをいくら買ってきてもリスクが高いだけで、ほとんど儲けがないんですね。

無駄といいますか・・・。これは下手したら赤字になりますね。

安い商品だと、例えば1つでも売れないと、元を取るのが一気に大変になります。

金額に占める送料の割合も高くなってキツいですし、メルカリなんかで売ろうとすると既に安いのに、更に値切られて買いたたかれますので・・・

値下げ交渉が当然のようになってしまっていますので、メルカリは駄目ですね(/_;)

かといってしっかりお店としてリアルでもネットでも場所を借りてやるかっていうと在庫の管理など考えると割に合わないなというのが感想です。

それでも今回買い付けてみて良かったなと思うのが、生活費位で良いのならすぐに出せるなと実感できたことです。

売れるものどんなものか一度やってみると何となく分かってくるので、あとはそれらを中心に、大量に買ってきて売りさばけば生活費程度なら、すぐに出せると思いました。

おっと、最近は流行りの”副業ネタ”ばかりになってしまいますが、今回はそんなことではなく。

オックスフォードの商品例

先日急に思い立って組み立ててみた韓国のレゴ風ブランド

Oxford商品の紹介をしたいと思います

レゴではありませんよ?

レゴ風!です

レゴデンマーク語: LEGO)は、デンマークの玩具会社、およびプラスチック製の組み立てブロック玩具ブランドである。1934年に「よく遊べ」を意味するデンマーク語「leg godt」から社名をLEGOとした。創業当初は木製玩具を製造していたが、1949年からプラスチック製玩具の製造を開始した。

Wikipedia

レゴはデンマークの会社なんですね。

レゴと似たような商品を販売する、いわゆるパクリ商品は世界中各地に存在しますが、このOxfordの商品は一味違います。

それは種類の幅がとにかく広いことです。

例えばサンリオやディズニーとコラボした女の子女の子してる商品があったと思えば・・・

こんなゴリゴリの軍隊商品も販売しています。

欧州の高福祉国家デンマークの知育玩具では決してありえない、男気あふれる軍隊ルック

これこそが韓国版LEGO、OXFORDの真骨頂ですね。

レゴとの互換性がある

レゴとの互換性もあるのでオリジナルのカスタマイズなんかやっても面白いです。

僕も自分用に1つ買ってきて、オーストラリアから帰国中の従兄弟の子供と、一緒に組み立ててみました。

今回組み立てたのはこちら、SWATのトラックです。

オックスフォードを組み立てる

いとこの子供は小学1年の女子ですが、こういったブロックを説明書のように作り上げなきゃいけない作業はまだ早そうでした。

なのでこういったテーマのある商品は、中学生以上向けなイメージですね

というか、小学1年生の女の子が作りたい商品ではないか・・・。

大人が本気でやれば1時間かからずに完成するとは思いますが、いざやり出すと時間を忘れて楽しめました。

ビックリしたのはやけにカチッとハマルなっていうところです。

いちいちカチッとハマってくれるので、組み上げたときも思ったより、しっかりした仕上がりとなりました。

既にOxfordの虜になったMr.T

戦争は反対ですが、男ってやっぱりこういう軍隊商を格好良く感じてしまうんですよね!

大人でも欲しい商品が沢山あるOxford社のブロック

もしこの手の玩具にご興味ある方は僕のところに在庫が1点のみ余ってますので、以下からご確認下さい。完売しました

コメント

  1. しげる より:

    販売系の自営業に嫁いでおりますが、近隣には同じ系統の販売店が多々あり、難しいところもあるようです。
    しかし、値下げを繰り返す他の販売店は意外と以前から年商が芳しくなく、まさにここが商売の面白いところかもしれませんね。

    メルカリは値下げ交渉がだんだんと定番化しており嫌ですね。
    「適正価格で売買する」という原点に立ち返る意味で、今の流れは商売屋としてあまり好ましくありません。

    • Sunagimo Industry より:

      しげるさん、こんばんは!

      そうなんですね。やはり店舗によって、誰が運営するかによってお店は良くも悪くもなりますよね。本当に商売はおもしろいです。値下げってお客さんが納得できるだけの明らかな理由がないと自分で自分の首を閉めることになりますもんね。

      僕が今の時代の商売で難しいなと思うのが、安くてもそれなりのサービスに出来ないところです。安くても笑顔、安くても高品質、安くてもスピード提供。大手だからこそ出来る低価格戦略に飲まれないようにうまく立ち回りたいところです。

タイトルとURLをコピーしました