ネットビジネスを始める前の知恵と思考

商売

こんにちは、砂肝産業です。

僕がブログを始めて、1年と3か月ほどが経ちました。

当初から定期的に覗いてくださっている方、

「砂肝のクソ野郎」と思いながらも気になって読んでくださる方、

最近たまたま見つけて気になって頂いている方、

いつもありがとうございます。

そしてこれからも、よろしくお願いします。

さて、細かくは計算していないのですが、この「砂肝産業」を始めてから

これまでに売上となって実際に手元に入ってきた総収入は

恐らく50~70万円ほどになると思います。

これはつまり「月」にして割ると毎月3万円~5万円ほどの収入となりますので

今までの成果を見る限り、ブログだけの収入では全然

生活をしきれていないことになります。

ですが一方で、報酬の「発生」ベースで考えると

少なく見積もっても1000万円以上の「見込み収益」を抱えており

今後のブログ運営も可能性に溢れていると思っているのも事実です。

成果の確定までに時間のかかる案件を紹介しているので

なかなか手取りの収入には、現時点では結びついていませんが、

これからどんどんと確定してくるはずです。

とはいいつつ、実は僕。

このブログに関しては運営方法を大きく間違えたと思っており

最初からもっと違うやり方でやっていれば、

収入という「成果」の面では、もっと出せていたと思っています。

ですが今更やり直すわけにも行かないので、運営はこれからも続けて行くんですけどね・・・

スポンサーリンク

サイト開設前に知っておくべきことがある

そんな僕が、これまで実際に報酬を売り上げてみて、

また運営を1年以上続けてきて思うことというのは、沢山あります。

「この視点に最初から気づけておけば!」と思うものも多くあるので

今から僕が新たにサイトを開設するのであれば

今の砂肝産業の形とは、大きく異なる内容のものとなるのは間違いありません。

なので、これから新たに「ネットビジネス」に参入しようとする方向けに

2020年の今から、この業界に足を踏み込み始める前に、

知っておいた方が良い「思考」や「視点」を

お伝え出来ればと考えています。

サイト運営をしていても、この「思考」に気付ける人、気付けない人が当然いますが

僕自身に限っては、1年以上の時間をかけて知りえた情報なので

この記事を読む方には、そんな無駄な1年を使うことなく

最初からスムーズな事業プランを立ててもらえれば幸いです。

ネットビジネスの種類

ネットビジネスを始めたいと思う理由は、いくつもあると思います。

・会社を辞めたい
・在宅で仕事したい
・収入が少ないから副業で補いたい

上記のように、基本的にはネットビジネスを始める最大の目的は「収入の確保」だと思います。

オンラインや在宅で・・・収入を得たい!

そう考えてネットビジネスを始めたいと思っている方が、

最初に知っておくべきことというのは沢山ありますが、

そのうちの1つがビジネスの「種類」についてです。

どんな種類がある?

僕がこれまでブログを運営してきて気付いたことが、

ネットビジネスは大きく分別すると「時期」に左右されるものと、

時期」に左右されない運営の仕方というのがあるということです。

「時期」というのも、運営を始める時にネット業界が置かれている時代を表す、

大きな意味での「時期」と、

1年の中の何月になると売れやすくなる・・・

という小さな「時期」の違いがあります。

後者はそこまで気にする必要はありませんが、

前者はサイト運営を始める前にプラン立てをするタイミングで

まず最初に考えておくべきことの1つです。

ネットビジネスの種類 「アフィリエイト」

ネットビジネスというと、漠然としていますが

その種類は多岐にわたります。

ネットビジネスにおける「種類」というのは

要は「稼ぎ方の違い」です。

例えば一番有名どころでいうと「アフィリエイト」

これは俗に広告収入と呼ばれ、企業の物やサービスを読者に販売することで

その金額や案件に応じた手数料を受け取るもの。

この手数料は各社が自由に設定しており、1万円のものを買ってもらうと運営者に100円入るようなレベルの低額のものから

5万円の商材を買ってもらうと半額の2万5千円が入るような高額のものまで様々です。

一般的にはデパートやショッピングモールで買えるような「有形商品」の紹介料は安く、

「情報商材」などの原価がかかっていない「無形商品」の手数料は高額な傾向があります。

それは何故かというと、原価が安ければ紹介料を高く設定したとしても、

売れれば売れた分、労せず稼ぐことが可能だからです。

結論から言うと、

あなたが初心者の方であれば、今すぐにでもアフィリエイトを始めた方が良いのですが、

既にブログやサイトを運営しているメディアオーナーが、

この「アフィリエイト」をメインに運営を続けていくというのは

僕はあまりおすすめは出来ません。

というのもアフィリエイト業界における現在の時期は

どう考えても「過度期」であり、個人のサイトが評価される時代というのは

とっくに過ぎ去っているからです。

だからこそ、昔の体験を引っ提げた多くのアフィリエイターが

現在では情報商材を売ったり、コンサルをしたりしているわけです。

アフィリエイトは、この「時代」に大きく左右される傾向があるので

これから始めるのであれば市場の選定や案件などには

組み立てる際に、細心の注意が必要です。

また、たとえ成果を大きく出せるようになったとしても数か月後はどうなるか分からない性質があるのもアフィリエイト。

基本的に、他人の商売を宣伝する「アフィリエイト」は他者に収入の経路をコントロールされてしまう分、収入は不安定になりがちなので、

これだけをメインに売上が上がるサイトを作るのは、ちょっと怖いところです。

ですが一方で、ネットビジネス初心者の最初の取っ掛かりとしては

リスクなく始められ、思考も身につくので、結果を出すのは難しくなってきてはいますが

「何をすべきか?」を尋ねられると未だにお勧めしてしまうジャンルでもあります。

ネットビジネスの種類 「情報販売」

基本的にはこういった経緯で、多くのアフィリエイターは情報商材を売り始めます。

「本当にそんなに稼いでいるのかよ?」と疑いたくなるようなキャッチコピーの商材ページを見ることがありますが

これはなにも全員が嘘をついているわけではなく

過去にはたしかに一個人が大きく稼げた時代もあり

その時代に稼いだ自身の経験から、その体験をまとめて

「情報」として販売している訳です。

だから別に「嘘」をついているわけではないので当然、詐欺には当たらないのですが

いま、同じことをやって実際に稼げるか?」というと

難しい部分があります。

もちろん、こんな状況の中でも売上を上げられる人もいますが

やはり昔と比べると難易度は上がっているのは明白です。

情報商材も詐欺のイメージが強く残っていますので

現在ではなかなか売りづらいと思いますし

ライバルも多いです。

ネットビジネスの種類 「転売」

ネットビジネスと聞いて「転売」を思い浮かべる人も多いと思います。

転売とは、安く仕入れて高く売る。

商売の基本を地で行く仕事です。

転売は商品によって売れやすい時期、売れにくい時期が存在するのですが

商品を沢山扱うので、時期に売上が大きく左右されるということはありません。

1つの商品が売れにくい時期に差し掛かれば

他の商品を仕入れて売るだけのシンプルな話ですね。

僕は転売には不労所得の性質がなく、

めんどくさいと思うのであまり力を入れませんが

良い商品は割とすぐ売れるので、そういった意味では

現金を実際に手にするまでの期間が短いところがメリットです。

「仕入れた商品を売る」場合、念頭に置いておくべきなのは

「最初の1つ売ることが出来るかどうか」ですが

そのために見てくれにお金をかけるべきではありません。

売れる商品というのは、ほっといても勝手に売れていくものなので

とりあえず「カラーミーショップ」などのネットショップを「無料」で開設して

1つ売ることが出来るまでは、試行錯誤を繰り返してみます。

無料プランという「見栄えの良くないサイト」で1つ売ることが出来たら

それは売ることが出来る何よりの証拠なので、

あとは10倍でも100倍でも売っていくことは出来るはずです。

ネットショップ自身も商品の売れ具合を見て、

見栄えも適度に更新していけばいいのです。

ネットビジネスの種類 「商品販売者」

上で紹介した「情報販売」とも被るのですが、自分のオリジナル商品を販売する方法というのもあります。

自分の商品を持っていると、圧倒的に強いです。

なぜなら、その商品を買いたい場合、

「あなたのサイトへ行くしかないから」です。

市場を独占できると言うことになります。

今や個人が自分の商品を作ることが出来るサービスは、腐るほどあります。

それらのサービスを使って、自分の商品を作り、アフィリエイトや情報商材を販売しながら

最終的には「自分の商品を売る」という流れを確立することで

ネットビジネスでの成功が見えてきます。

自分の商品を売ると言っても、何もドン・キホーテに卸すような商品を開発する必要はなく

例えば「サイトのコンテンツ」や「自分が他にやってる事業」などでも良いわけです。

僕のこのブログの場合、有料会員向けの記事として

月額520円で記事を閲覧できる会員制度を販売していますが

そういったことも自分の商品といえます。

サイトの運営でいうと、アフィリエイト以外にも運営の方法は沢山あって

その中でも「サイト上で人々のニーズを満たす」

例えば、よくある「一括見積サイト」のようなスタイルまでいけると

運営は大分安定してくるでしょうね

スポンサーリンク

ネットビジネスを始める前に取り入れるべき「思考」

ということで、ネットビジネスにおける種類を大まかに理解したところで

次に「思考」を考えていきたいと思います。

ネットビジネスというとスマートに感じたり、

逆にちょっと怪しかったり、、、

人それぞれイメージは異なると思いますが

要は「商売」です。

何かを売って、報酬を得る

これを繰り返す行為なので、商売人の思考は絶対に持っておかないとならないのです。

インターネットに詳しい専門家が、お金を稼げず低賃金で企業に雇われているというのは

「商売の思考」が見についていないからです。

逆にインターネット素人の僕ですら売上を発生させることが出来ているのは

商売人の思考が身についているからです。

ネットの専門家と商売人では「見ている視点」が違うのです。

ネットビジネスの視点 「デザインにこだわらない」

まずネットビジネスをしようとすると、サイトを立ち上げる場合が大半です。

これは一見、自サイトは不要の様にも思う転売などでも、

思い立った時に気軽に更新が出来るサイトは必ず持っておくべきです。

個人的には今の時代「1人1メディア」はこの時代には

最低限持っておく方が良いと思っていますが、

それは何も、洗練された格好の付くものでなくて大丈夫です。

サイトの開設をする際、デザインにこだわるのはやめましょう。

多少デザインが変わったからといって、閲覧者はそんなこと大して気にしません。

あなたが今日から、メイクをやめてすっぴんで出勤を始めても、

同僚の見る目が気になるのは最初の数日だけというのと同じです。

大事なのは「サイトを見つけてもらうこと」

閲覧者は興味のある内容なら、デザインの良しあしに関わらず

最期まできっちり読んでもらえますから、結局これが核心です。

その「見つけてもらう」ための情報を提供するだけのシンプルな仕事こそが

現代のアフィリエイトであり、ネットビジネスです。

ちなみに、ブログの開設&維持費用なんてせいぜい年間数千円。

ですが、そんなサイトに広告を張っておくだけでも

数万円の報酬を生み出すことはすぐにでも可能ですし

普段のちょっとした契約(例えばWi-Fiやウォーターサーバーの導入、各種見積もりなど)でも高額な還元を受けられ、

さらに自分が疑問に思ったことをまとめてみたり、使ってみて良かった商品を

思い立った時に紹介できる自分のメディアを普段から持っておくことは

とても有益な資産です。

しかも一度形を整えたら、あとはほとんど「放置」です。

ネットビジネスの思考 「アクセスキー」

ネットでもリアルでも、思考というのは「アクセスキーを持つ」ということと同義です。

先日ネット新聞で「金持ちが喧嘩しないというのは本当だった」という記事が出ていました。

これを見て、金持ちになったから喧嘩しなくなったのか?

はたまた、喧嘩しない人だから金持ちになったのか?

これを考えることこそ「思考」で

この疑問の答えを出して、その考えを元に物事を捉えるのが「視点」です。

ちなみに、この「金持ち喧嘩」を思考した答えが

金持ちが喧嘩しないというのがそもそも間違い」だと仮定すると、

こういった選択肢にない答えに到達できるだけの経験という「アクセスキー」を持つこと。

これは他人の困りごとをネット上で解決する上での必須スキルですが

運営しているうちに自然に身につくようになります。

一時の膨大なアクセス数を稼ぎたければ「トレンド記事」を公開すればいいですし

永続的にアクセスがきて、そこから収益を発生させたければ「あなたの日常の疑問」に関する記事を、思い立った時に投入すればいいわけです。

ネットビジネスの思考 「売る商品を決める」

次に紹介する視点は、「売る商品を事前に決めること」です。

当たり前なことかもしれませんが、僕はブログを始めた当初

この意味が分かりませんでした。

ですが、ネットビジネスをするということは

何かしらの商品を売る行為」なのです。

例えば僕のブログなら「副業情報」や「関連商品」であったり

転売なら「一般商品」ですし、情報商材なら情報や体験をまとめた「パッケージ」です。

アフィリエイトをする場合は、売る商品が案件ごとに分かれていますので

どの案件を売っていくのか決めたりするわけです。

これからアフィリエイト一本で稼いでいこうとする場合、

まずは販売する商品を具体的に決めた方が良さそうです。

世の中には腐るほど商品が溢れていますので、

そこまでメジャーではない「ニッチな商品」をあえて選び、体験し

記事を10~20記事程投入すれば

ある程度の紹介報酬は入ってくるようになります。

ネットビジネスの思考 「目的を明確にする」

次の思考は「目的をはっきりと明確にする」ことです。

これはサイト運営者自身のことなので、理解している前提になりがちですが

結構自分のことすら分かっていない人というのは、多いもの。

ネットビジネスにおける最大の目的は「収入の確保」です。

つまり「お金」なんです。

僕は日本の義務教育で特別「お金の教育」をしないことは

全く問題ではないと思っているのですが

日本の教育を受けることで「建前」を使うようになってしまうので

自分の真の目的を見失う人が多いことは問題だと思っています。

つまり「何が問題なのか分からない」思考に陥りがちになるということなのですが

僕はこの違和感を、外国人の友人と話すときによく感じたりします。

ビジネスの目的はお金です。

例えその先に壮大な野望や理想があったとしても、最終的な目標は「お金」であり

それを獲得することこそ、自分の理想の実現になるという考え方を持つ必要があります。

だから「自分がどういうサイトにしたいのか」ではなく

「どうすればお金を生み出すサイトを作れるのか」

という視点で、記事の更新やサイトの構成を組み立てていく必要があるのです。

ネットビジネスの思考 「サイトを買うことを考える」

不動産取引ほどには活発ではありませんが

実はウェブサイトというのは、買うことが出来ます。

金額も安いもので1万円~

高いものですと数千万円でも取引がされるほど

実は幅があるものです。

不動産ほど需要がないですし、サイトは先に挙げたように

変動がありますので、その価格は実際の価値と比べると

安い傾向に合ったりします。

そんなサイトを買って、更新をしながら資金回収を早めていくという方法もお勧めです。

ですが、サイト運営が初心者の場合、

思うように運営が出来ないどころか、外れクジを見極められずに買ってしまうこともあるので

経験がないのにサイトを買ってしまうのは、僕は反対です。

サイトを買うことが出来るということは

逆にいうとサイトを売ることも可能です。

それなりにサイトが育って限界が見えてきたら売るという方法があるのも

メディアオーナーの特権ですね。

ネットビジネスの思考 「最終的には自分の商品を売る」

何をするにしても、最初は更新を続けて練習を重ねるべきなのは間違いないのですが

同時に、最終的には自分の商品を作る方向で考える癖をつけましょう。

アフィリエイトにおける案件も、ライバルの台頭や企業の判断などで

いくらでも変動するもの。

つまり、アフィリエイトの案件だけに頼っていると

何かしらの変更があった時に、収入が突然なくなってしまいます。

そうなっても生活を維持できるように、

最終的には自分の商品を売る方向にシフトしていくべきなんです。

同じサイトのまま、シフトが難しいようであれば、新たなサイトを立ち上げて

これまでの経験を運営に活かしていきましょう。

ブログを設置しよう!

ネットビジネスを始めるうえで
必ず持っておくべきものが「自分のメディア」です。

自分のメディアを持っておくことで、
今後の事業展開で有利になるだけでなく
オンライン世界の仕組みを知ることで
沢山の「未知の世界」を知ることが出来ます。

現代は「ネットを制する者が商売を制する」時代

この経験は今後どんな事業をするにしても
必ず活きてくるものですが
それよりも重要なのが、ネットで仕組みを作り上げることで
自分が動かなくても収益を生み出すことが可能になることです。

0から分かるブログの作り方:その1【ブログを開設するまで〜導入の手順編】
ブログなんて持ったことない、専門用語が一切分からない そんな人でも大丈夫。サルでも分かるブログ開設の方法をまとめています。

企業のサービスを使ってビジネスを有利に

ということで、自分のメディアを作って更新するというのjは

アフィリエイト業界が飽和状態かどうか、

自分の商売にサイトが必要なのか、

報酬を獲得できるのか、

などといった外的要因に関わらず

インターネット検索というシステムが、この世から消えて無くならない限り

絶対に持っておくべき無形資産です。

だからまずは、自分のメディアを開設してみて下さい。

そんな「自分のメディア」を設置することができたら

自分のネットビジネスで「何を売るのか」を

まずは考えてみましょう。

自分のサイトなのですから、人を傷つけたり犯罪を起こさない限りは

何を更新しようとも自由なので、極端な話

「キャンプ」の専門サイトで「パソコン」を売ることだって

言い回し次第でどうにも持っていけるわけです。

だから悩みすぎずに、まずはやってみてから考えていくべきです。

悩みすぎると、やらなくなるでしょ?

それでは最後に「ネットビジネス」に相性の良い民間のサービスを紹介します。

これらを活用することで、事業をよりスムーズにすすめていくことが

出来るようになります。

クラウドファンディング

クラウドファンディングを活用することで、事業に関する資金を調達できるだけでなく

これからの自分の商品を周知させることが可能です。

大手サイトでいうと「campfire」などです。

クラウドファンディングを行う際に文章やプロジェクトの構成などをまとめてくれる人は

クラウドワークス 」や「 ランサーズ 」などで探すことも可能です。

クラウドファンディングがよく分からない人はここで学ぼう!
こんにちは、砂肝産業のMr.T(@Sunagimo_Ind)です。在宅が叫ばれるようになって久しいですが、僕の方は元々在宅仕事なので、何も変わらない日々を過ごしています。皆さんは在宅にいる機会が多くなってきて、本音...

クラウドサイン

ネットビジネスをやっていこうと思うと、契約書が必要になってくるときもあるでしょう。

例えば会員制のサイトで、閲覧希望者と秘密保持契約を結ぶといったようなケースもありますよね。

そんな時は、オンラインで契約を締結できる「クラウドサイン」を

取り入れて、スムーズなサイト運営を可能にしましょう。

確定申告

ブログ運営に限らず、事業や副業を行う上で

「確定申告」は必ず必要になってくるものです。毎年2月~3月の間に申告するものですが

いきなりゼロから全てを整理していくのは難しいので

時間のあるうちに少しづつ計算を進めていくのが望ましいです。

経費が沢山かかるような規模ではない簡単な副業やサイト運営は、

税理士などに頼らずとも、クラウドソフトで自分で行うことが可能です。

会計サービスの大手サイトである「freee」に無料登録して操作感を掴んでおけば

来年の確定申告は、グッと手軽になりますよ。

まとめ

ということで、ネットビジネスは「思考」次第で成果が決まるという内容の話でした。

そもそも自分のメディアがない人は、すぐにでも開設するべきです。

何故かというと、本当に沢山の人が「自分のメディアを持つべき」という話をしていますが

それを受けて行動に移すという人はほとんどいないので

ここで行動に移せたということは、それだけで多くの人の中から頭一つ抜き出ることになるからです。

こうした行動の積み重ねから、成果というのが生まれ始めるわけです。

勉強などと違い、成果が見えやすいネットビジネスは

とにかく運営に費用が掛からないので

リスクがなく、迷ってる時間すら無駄ともいえる魅力的な「事業」です。

タイトルとURLをコピーしました