仮想現実世界で儲ける【SERENITY】を超簡単に説明します

SERENITY

2020年5月追記
この記事で紹介していた15000口限定のGS(ゴールドスポンサー)は

早くも売り切れました。

現在は一般投資案件第二弾である、PS(プロジェクトスポンサー)を募集していますが、このPSも利回りは同じく

最大で2000%の年利!!!です。

また、そんな案件を擁する仮想現実世界であるSERENITYへは、

こちらのQRコードから無料で登録することが可能です。

こんにちは、砂肝産業のMr.T(@Sunagimo_Ind)です。

前回コチラの記事で、オンラインパチスロ投資であるSERENITYについて紹介しました。

幸い、グーグルで「SERENITY 怪しい」などで検索を書けると1位になっているということもあり、

この記事のアクセス数がどんどんと伸びてきている状態です。

そのため、今回は全くの初見者向けに、超簡単にSERENITYを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2020年は仮想現実世界元年となるか?

仮想現実世界やVR技術って、最近は話題になってきていますが、

正直訳が分からない人も多いと思いますし、そんなにメジャーになるのか疑問に思う方も多いと思います。

ですが、すでに「e-sports」と呼ばれる仮想空間上のスポーツの国際大会は、

現実世界で行われている国際大会と比較すると、

何倍も高額の報酬が支払われているという事実があります。

思い返すと2003年に運営が開始した「セカンドライフ」という仮想現実の世界もありましたよね。

セカンドライフは馴染みのない方がほとんどだと思いますが、

実は今でも根強い人気があって、バーチャル世界の仮想商品の取引額は、1日に1億2000万円以上と非常に規模の大きな金額となっています。

SERENITYはまさにそういったことをやろうとしている訳なのですが、

その第一歩目としてパチスロを提供していくということです。

なぜかというと、日本のパチスロ市場は世界全体のカジノ市場と比較しても、

めちゃくちゃ大きい一方、

どんどんと旨味がなくなっていることで客離れが起きていること

オンラインパチスロならより高い確率で儲かる【四号機】が提供できること。

経費が圧倒的にかからないこと。

さらにいうと街が発展するにはギャンブルが認められていることが必須・・・

などという考えからなど、仮想現実世界の創造の為に、オンラインパチスロを取っ掛かりにすることになっています。

SERENITYを超簡単に説明する

ということで、SERENITYを超簡単に説明したいと思います。

分かりやすいように箇条書きで書いておきましたので、これでイメージ出来るでしょうか。

・仮想現実に街を作り上げるための第一歩として「オンラインパチスロ」を完備する

・そのための資金集めとして今回、スポンサーを募集している。

・経営陣はビジネスの世界では有名な方々が集っている

・国連やマイケルジャクソン財団、海外大手企業と関りがある人物や日本の大手企業を沢山上場させてきた人物など、いわゆる「大物」が多数関与

・既に10億円以上の投資を受けている。

・投資内容は1口99,800円で6年間にわたり配当収入を受け取る

・10口以上購入すると6年間の成約が「無制限」となる

・年利は最低18%~最大で2000%なので計算上は損することがない

・紹介ボーナスやクリスマスボーナスなどの還元がいくつもある

・同業他社の買収と事業提携、有名インフルエンサーの起用などが予定されている

・スマートシティ及びパチスロは既に完成済み

・QRコードの売上を10ユニット以上の購入者で分配することで超高還元を実現

・それにより年間配当が「億越え」する可能性も。

以上、これが大体の内容となっています。

個人的に思うこの投資最大の怪しい部分は「金額」です。

金額があまりに大きすぎますし、ここまで還元する意図が不明だからです。

そして、何故わざわざ一般人に公開するのかという部分です。

ですが、経営陣のキャリアを見て、実際にオンラインセミナーの講師の経歴なども確認して、「このメンツで詐欺を働くか?」というところは非常に疑問であり、投資しないのは損するかもと思っている節もあるのも事実です。

以上のような理由から、僕はとりあえず1口だけの投資をしていますが、600名程度の人が10口以上の購入をしているようで、その注目度の高さも伺えることになっています。

投資は何があっても結局は自己責任なので、よく考えて、最悪無くなってもいい程度の金額で投資することをお勧めします。

具体的な今後のスケジュール

SERENITYの国内開業は3月20日を予定していますが、まさにこれから始まる案件だということが下の図で分かると思います。

ただしこの図の頃とは少し時期がずれてきており、実際にはまだインフルエンサーによる公開などはおろか、パートナー企業の募集もまだ行われていません。

遅れることを不安に感じる方もいるかもしれませんが、事業というのは基本的に遅れが出るものなので、ここで判断するのは時期尚早です。

ここではあくまで流れを確認しておいてください。

現在TGR LAND(SERENITY)では株主、ゴールドスポンサーの募集は売り切れ

プロジェクトスポンサーの募集中です。

登録して管理画面を見てみよう!

実際に登録して管理画面を見ることで、よりイメージがつきやすくなります。

登録に費用は一切かかりませんので、登録してから気になる部分を確認したり、オンラインセミナーを受けたりしたら良いと思います。

登録自体は簡単です。

実際の投資までの流れとしては、

登録 ➔ 振込 ➔ 金額が反映 ➔ KYC認証・・・です。

分からないことも、サポートやオンラインセミナー、登録者同士の情報交換などで確認することで、解決できるようになっています。

ということで以上、今後が楽しみな最新の投資案件の紹介でした。

この記事は更新を繰り返しているので、読みづらい部分があるかと思いますが

より詳しいことは、各ホームページなどでご確認いただければと思います。

まとめると2020年6月現在、

SERENITYでは、無料会員登録とコロナ対策キット配布、土地権利の販売を行っており、

TGR LANDではプロジェクトスポンサーを募集しているということになります。

SERENITYの住民登録をすることで、
実際に運用が始まったパチスロ店舗のTGR LANDや、

その他の投資情報なども
確認することが出来るようになります。

SERENITYとTGR LAND

2つともチェックしておくと良いですよ!

タイトルとURLをコピーしました