横須賀のランドマークリニューアルへ


 京急汐入駅前のショッパーズプラザ横須賀(横須賀市本町2)が3月末に閉館し、外資系企業により全館改装工事が行われ、新業態の複合施設としてリニューアルすることがわかった。
 同施設はイオンリテールが運営しているが、香港を拠点とする不動産投資会社 アジア・パシフィック・ランド(APL)に運営が移行。2020年5月開業を目指し、従来よりターゲット層を広げて、県外からの集客やインバウンド需要を見込んだ商業施設に生まれ変わる。

 店舗関係者らによれば、観光客向け地産地消スペースを新設し、温浴施設やシネマコンプレックスなどエンターテイメント系を中心にテナント構成が検討されているという。
 APLは1994年に香港で設立され、アジア市場で不動産投資・開発・アセットマネジメントを事業とする不動産金融の大手。日本で管理する不動産資産は63件、33億米ドル。ティファニー銀座ビル、綾瀬駅商業ビルなどを手掛けている。
 横須賀本港に隣接する同施設は1991年、住友重工跡地に開業。ダイエーを中核テナントに市内最大級のGMS(総合ス-パー)として、市民に親しまれてきた。2016年にイオンリテールが進出し、イオン横須賀店が入居した。
 周辺商店街では、客足が一時期遠のくことが懸念されているが、「汐入エリアの新たな活性化につながれば」と期待する声も上がっている。

横須賀経済新聞:https://yokosuka.keizai.biz/headline/1440/

横須賀汐入のダイエーといえば青春が詰まった思い出の建物です。自分で初めて買ったCDもここだし初めて1人で映画を見たのもこのショッパーズプラザです。

でも新陳代謝はいいことですね。さみしいと思うより楽しみと思う方が人生楽しく生きれますからね。個人的に物とか思い出に愛着を湧くのはいいけれど、未練を残すようになったらその人の成長は止まってると感じます。

APLは香港、日本、台湾、中国、アメリカで投資を行ってる投資ファンドのようですね。管理する資産は47億ドルを超え、日本では業界3番目の大手企業とのことです。日本支社の会長は 加藤 祐一さんという方のようです。

社長はオーストラリア人のサイモンマクドナルド(Simon mcdonald)という方です。どんな人かというと・・

Simon Mcdonald

この人だけ写真が出てきました。

ちなみに創業者はアメリカ人のウィリアム・ショーンフェルドさん(社長)とリチャード・ライトネックさん(副社長)

横須賀ショッパーズプラザの今後について詳しい内容が分かり次第こちらで随時更新します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アンケート

今話題の副業【時給2,000円!】

Appen

Appenに関する掲示板

PAGE TOP